バイナリーオプション

投資を始めるならFX、バイナリーオプションどっちが良い?

最近になって「投資」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

少子高齢化が進んだことによって、今の若者が老後を迎える頃には、年金制度もどうなるか分からず、企業も終身雇用を保証できるか分からない、このような時代だからこそ、自分の力で自己資金を増やしていかなければなりません。

また、今は、銀行の預貯金の利息もほぼゼロに近く、銀行に預けても一向に増えない時代だからこそ、自己資金を増やす方法として「投資」が注目されているのです。

しかし、投資を始めようと思ったとしても、忙しい日々を送っている方にとって、投資に集中して取り組む時間を確保するのは難しいと思います。

そんな日々忙しい生活を送っている方が気軽にすき間時間を利用して始められる投資として、近年注目されているのが『FX』『バイナリーオプション』です。

一方で、FX、バイナリーオプションともに外国の為替を利用した投資であり、仕組みも似ているためどちらを始めればいいか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は投資初心者におすすめのFXとバイナリーオプションの違いを徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、FXとバイナリーオプションの違いを理解することができ、投資初心者が、どちらを始めるべきなのかが分かるようになります。

以下で学んで、投資を始めてみませんか。

FXとバイナリーオプションが投資初心者におすすめな理由

冒頭で、忙しい生活を送っている投資初心者がすき間時間を利用して始められる投資として、近年注目されているのがFXとバイナリーオプションだと解説しましたが、時間がある投資初心者にとってもFXとバイナリーオプションは最適な投資です。

なぜなら、FXとバイナリーオプションは投資初心者が投資をするうえで注目すべきポイントを全てクリアした投資商品だからです。

ここからはなぜFXとバイナリーオプションが投資初心者におすすめなのか、その理由を解説していきます。

FXとバイナリーオプションなら元手資金が少なくて始められる

FXとバイナリーオプションは、他の投資商品に比べると、元手資金が少なくても始められるという特徴があります。

投資初心者にとって資金に余裕がない方が多いため、元手資金が少なくて済むことは、非常に重要なポイントです。

例えば、株式投資で稼ぐためには少なくても1つ銘柄につき、約10万〜30万は元手資金が必要となります。

それに比べ、FXなら国内口座で5万、海外口座なら1万、バイナリーオプションであれば1万あれば充分資金を増やしていくことが可能なのです。

このように、FXとバイナリーオプションであれば他の投資に比べ、少ない元手資金で始めることができるので、投資初心者にもおすすめです。

FXとバイナリーオプションは短い期間で運用できる

FXとバイナリーオプションは、一回あたりの投資期間が短いことが特徴です。

投資で利益を出して成功を納めるためには、投資の回数を重ねて経験を積んでいくのが一番の近道です。

 

一回あたりの投資期間が長いと、どうしても投資の回数を重ねることができないので、投資の経験を積むことができなくなります。

投資初心者のうちは短期間で短い投資商品を選んで、経験を積んでいくことをおすすめします。

 

また、投資初心者の間は投資をしている期間、精神的に落ち着かないことが多いです。

なぜなら、自分の資金を損失がでるかもしれないリスクにさらした経験が圧倒的に少ないからです。

 

投資初心者のうちに投資する期間が長くなると、精神的に落ち着かない状態で長い時間過ごすことになるので、辛くなってしまい、投資をするのが嫌になってしまうでしょう。

このような事態を避けるためにも、投資初心者のうちは短い期間で運用できる投資を選ぶべきなのです。

 

FXとバイナリーオプションは、他の投資商品と比べても一回あたりの投資期間が短いので、投資の経験も積んでいくことができますし、精神的にも楽なので、投資初心者におすすめの投資商品です。

FXとバイナリーオプションは利益が狙える

「FXで人生大逆転!」「バイナリーオプションで大儲け!」みたいなフレーズを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

これらのフレーズは決して大げさに言っている訳ではなく、実際にFXで人生を大逆転した人やバイナリーオプションで大儲けしている人は存在します。

なぜなら、FXとバイナリーオプションは投資商品の中でもしっかりと利益が狙える投資商品だからです。

 

せっかく自己資金を増やすために、投資を始めるのですから、しっかりと利益を出していきたいですよね。

また投資のコツとして、一気に資金を増やして、安定した投資商品に移行するという手段があります。

 

世の中には利益率が低いものの、安定して利益を出していくことができる投資商品も存在するのですが、実際には利益率が低いので、少ない元手資金で投資しても大したお金になりません。

 

なので投資初心者のうちは、多くの利益を狙える投資商品を選んで、最速で自己資金を増やし、ベテランになってきたらリスクの少ない投資商品に移行するのもひとつの手段なのです。

 

FXとバイナリーオプションはしっかりと利益を稼いでいける投資商品なので、自己資金を一気に増やすことができます。

投資初心者のうちにこそやっておきたい投資です。

FXとバイナリーオプションを徹底比較

FXとバイナリーオプションはどちらも外国為替を扱う投資です。

外国為替とは、日本の「円」やアメリカの「ドル」など、各国の通貨と通貨のやりとりのことです。

やりとりをする通貨と通貨をペアにすることで通貨ペアと呼び、通貨ペア内のやりとりを利用して利益を出します。

簡単に言えば、為替の価格(為替レート)が今後「上がるのか、下がるのか」を予測するのです。

 

このようにFXとバイナリーオプションは似たような投資なのですが、その取引の仕組みは全く違うものです。

ここからはFXとバイナリーオプションをそれぞれ徹底比較していきます。

以下よりご確認ください。

通貨ペア

FXとバイナリーオプションの取引の仕組みを説明する前に、先ほど紹介した通貨ペアについて詳しく解説しておきます。

FXやバイナリーをやるうえでは、最低限必要な基本知識となるので、ぜひ覚えてください。

 

外国為替を使った取引であるFXとバイナリーオプションでは、各国の通貨と通貨を組み合わせた「通貨ペア」を利用して取引をおこないます。

なぜ通貨と通貨を組み合わせるかというと、通貨はひとつの通貨だけでは価値が分からないからです。

 

通貨と通貨を比較することで、通貨の価値を判断するために「通貨ペア」という仕組みをとっています。

では通貨ペアはどのように表現するのでしょうか。

 

例えば、ドルと円の通貨ペアであれば「ドル/円(USD/JPY)」と表現し、左側の通貨を主軸通貨、右側の決済通貨と呼びます。

主軸通貨はメインでやり取りをする通貨であり、決済通貨はやり取りを決済するための通貨です。

 

ドル/円の通貨ペアであれば、ドル/円が上がったと言えばドルの価値が高くなったことを示し、ドルを買うのであれば、円を使ってドルを買うというイメージになります。

なので、1ドル100円というと、主軸通貨であるドルを1ドル買うために決済通貨の円が100円必要だということになるのです。

FXとバイナリーオプションの特徴

まずは、FXとバイナリーを比較するうえで、FXとバイナリーがそれぞれどのような投資なのか、その特徴を解説していきます。

FX

FXは、各国の通貨と通貨を組み合わせた通貨ペアにおいて、為替レートが上がっているか下がっているかを予測する投資です。

 

決済のタイミングは自分で決定するので、もし一時的に予測が外れたとしても、為替レートの変動により、予測通りの方向に為替レートが戻ってくるまで決済を待つなどの手法を取ることができます。

 

また、通貨と通貨の差で利益を得る仕組みとなっていて、例えば1ドル100円のときにドルを買って、1ドル120円のときにドルを売って円に戻せば、その差で20円の利益を得ることができます。

バイナリーオプション

バイナリーオプションは、FXと同じく各国の通貨と通貨を組み合わせた通貨ペアにおいて、為替レートが上がっているか下がっているかを予測する投資です。

FXとは違い、一定時間後に上がるか下がるかを予測します。

また、為替レートがいくら上がったか下がったかは関係なく、単純に上がっているか、下がっているかを予測します。

予測が当たった時の利益額は、ペイアウトと呼ばれる仕組みで決まっており、為替の上下に関わらず一定額の利益を得ることができます。

取引の仕方

次にFXとバイナリーオプションの取引の仕方について解説していきます。

FXの取引の仕方

FXでは、取引をしたい通貨ペアを選び、通貨ペアの主軸通貨を「買う」か「売る」かを選択します。

エントリーをするタイミングは自分で決定するので、今売買すれば利益が出ると思ったタイミングで、エントリーをおこないます。

エントリーは1日何回しても問題ありません。

 

また、決済をおこなうタイミングは自分の意思で決定し、利益が伸びると判断して決済を先延ばしにしたり、損失を確定せずに為替レートの戻りを待つこともできます。

 

なので、トレードが上達すればエントリー時点の予測が外れたとしても、損失を無くせる可能性もあり、FXの奥が深いポイントです。

 

一方で、エントリーのタイミングや決済のタイミングが任意なことにより、どのタイミングでエントリーや決済をおこなうべきか悩んでいるトレーダーも多く、FXの難しいポイントだとも言えます。

バイナリーオプションの取引の仕方

バイナリーオプションは、取引をしたい通貨ペアを選び、通貨ペアの主軸通貨の為替レートが上がるか下がるかを予測します。

バイナリーオプションの場合、エントリーできる時間が1日の中で決まっており、その時間内でエントリーします。

 

バイナリーオプションを扱う業者によっては、エントリーができる時間内であれば、予測を変えることができるので、為替レートが上がると予測したが、状況が変わって下がりそうだということが起きれば、エントリーする方向を変えることもできます。

エントリーができる時間が過ぎれば、変更することはできません。

その後、一定時間が経過すると自動で決済されます。

 

つまり、トレードテクニックでエントリー後に損益が左右することはなく、エントリー時点の予測で損益が確定します。

FXの難しいポイントであるエントリーや決済のタイミングは関係なく、エントリーのときの予測が全てとなり、シンプルな取引なのがバイナリーオプションの特徴です。

利益と損失

ここでは、FXとバイナリーオプションの利益と損失について解説します。

FXの利益と損失

FXでは、自分が購入した時点の為替レートから決済したときの為替レートまで、どれだけの値動きが起きたかによって利益と損失額が変わってきます。

 

例えば、ドル/円で1ドル100円のときに「買い」でエントリーした場合に、1ドル120円になれば20円の利益となります。

逆に1ドル80円になれば、20円の損益です。

実際は1ドルだけ買うことはありえないので、買った通貨の額だけ損益が発生することになるのです。

 

なので、自分がエントリーしたタイミングで為替レートが上昇すると予測したとして、実際にレートが上昇したとしても、その後決済をおこなうタイミングが遅れて、為替レートが落ちてしまえば損失が発生してしまうので、決済のタイミングは重要です。

バイナリーオプションの利益と損失

バイナリーオプションでは、為替レートが上がるか下がるかを予測するだけなので、どれだけ値動きがおこったかは、損益に関係しません。

 

予測が外れた場合は、バイナリーオプションの購入に使用した金額を全て失い、予測が当たった場合は、ペイアウトというあらかじめ決められた額の利益を得ることになります。

国内のバイナリー業者の場合は、ペイアウトは1,000円です。

 

国内業者のバイナリーオプションでは、1単位(ロット)あたり、50円〜950円までの額を投資することができ、仮に1ロット50円を投資して予測が当たった場合は、950円の利益(元手の50円は返ってこないため)になるということです。

逆に予測が外れて損失が出た場合は、1,000円の損失(元手の50円は返ってこないため)になります。

 

ちなみに1ロットの購入金額は、予測が当たりやすい場面かどうかで変動するので、1ロット50円で購入できる場面はあまりなく、当たりやすい場面を狙って投資をするのであれば、1ロット650円程度の購入金額で350円程度の利益を積み重ねていくことになります。

投資に必要な自己資金

ここでは、FXとバイナリーオプションの自己資金について解説します。

FXに必要な自己資金

FXではその時の為替レートにより、必要な自己資金が変動します。

また、通貨ペアごとにドル/円やユーロ/円など通貨の単位が違うので、FXでは共通の単位として「通貨」という単位を使用するのが特徴です。

ドル/円でも、ユーロ/円でも1通貨と表現します。

 

FXでは、この通貨ごとに必要な自己資金が決まってくるのですが、最低購入通貨数がFX業者により決まっていて、基本的には約10,000通貨が最低購入通貨数となります。

つまり、1ドル100円の場合で10,000通貨購入するのであれば100円×10,000通貨で100万円が必要になります。

しかし、こんな額を気軽に用意することはできませんよね。

そこで用意されているFX独自のレバレッジという仕組みです。

 

レバレッジは自分が100万円持っていなくても、持っていることにして取引を行わせてくれる仕組みで、国内口座では自己資金の25倍まで持っていることにして取引をさせてくれます。

なので、レバレッジ25倍をかけて10,000通貨取引しようと思うと本来100万円を用意しなくてはならないところ、100万円÷25で40,000円程度で取引が可能になるのです。

 

したがって、レバレッジのおかげでFXでは、少ない自己資金で取引をすることができるのです。

バイナリーオプションに必要な自己資金

国内バイナリーオプションの場合、最低購入額は単純に1ロット50円からで最大でも990円までとなります。

また、購入できるロット数がは、200ロット程度の業者が多いので、990円×200ロットで198,000円が最大購入額となります。

そのため、FXに比べると少ない自己資金でトレードできるのが特徴です。

リスク

ここでは、FXとバイナリーオプションのリスクについて解説します。

FXのリスク

FXは、為替レートがエントリーした価格から離れるほど、損失額が大きくなります。

また、FXにはロスカットと呼ばれる自己資金の一定額以上の損失を抱えた場合、損失額が元手資金を越えることがないようにするために、強制決済をおこなうという安全装置のような仕組みがあります。

なので、基本的にはロスカットをすることで、FXで負けた際に、負債を抱えることはありません。

 

ただ、このロスカット、一見「ロスカットがあるから安心」だと思いがちなのですが、「ロスカットにやられた…」とFXトレーダーが嘆くこともあるのです。

なぜ、そのようなことが起こるかと言いますと、為替が変動し、自己資金よりもマイナスになった場合に、勝手に決済をしてしまい、自己資金が消えるということです。

 

為替レートが1回下がって、そのあと、上がってくることを予想していて、そのタイミングで決済しようと考えていたとしても、勝手に決済してしまうのです。

これがFXのロスカットを使うと起こりうるリスクです。

 

また、国内FX業者の場合は、急激な値動きが起きてロスカットが追いつかず、損失が元手資金を超えてしまったときに、元手資金を超えた額をトレーダーに請求する「追証」と呼ばれる仕組みがあるので、その点もリスクとなります。

バイナリーオプションのリスク

バイナリーオプションで予測が外れたときに発生する損失額は、購入に利用した額とペイアウトの金額のみです。

FXとは違い、どれだけ値動きが起きたかは関係ありません。

もちろん、先ほどお話ししたようなロスカットによるリスクもありません。

このようにバイナリーオプションはFXに比べると、リスクが少ないと言えるでしょう。

手数料

最後に、FXとバイナリーオプションの手数料について解説します。

FXの手数料

FXには単純な取引手数料と実質の取引手数料であるスプレッドの2種類があります。

取引手数料は単純に一回エントリーするたびにかかる手数料であり、FX業者により設定されています。

基本的には、取引手数料が無いFX業者の方が多いです。

スプレッドは、FXにおける実質の手数料と言われているもので、FXには通貨を買うときの「買値」と売るときの「売値」の2つの値段が設定されており、買値と売値には少しだけ差がついているのです。

つまり、ある通貨を買ってすぐ売ったとしてもスプレッドによって損をしてしまうということです。

バイナリーオプションの手数料

バイナリーオプションには、手数料は存在しません。

なぜなら50%の勝率ではプラスマイナスゼロにならないように、利益と損失が設定されているので、バイナリーオプション業者の方が有利だからです。

 

先ほど利益と損失で解説したことを思い出してください。

仮に1ロット50円を投資して予測が当たった場合は、950円の利益(元手の50円は返ってこないため)になり、予測が外れて損失が出た場合は、1000円の損失(元手の50円は返ってこないため)になると解説しました。

 

このように予測が当たったときの金額の方が外れたときの金額より低いため、50%の勝率だった場合、損失が出てしまうのです。

 

だから、バイナリーオプションで収益を得るためには、手数料も考慮した勝率を確保する必要があります。

FXとバイナリーオプションのメリット・デメリット

ここまで、FXとバイナリーオプションの特徴を比較してきましたが、実際にFXとバイナリーオプションはどちらが優れているということはなく、メリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリットをしっかりと理解することで、どちらが投資初心者にとって向いているかを判断することができるでしょう。

そこで、ここからはFXとバイナリーオプションのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリットとデメリットを理解して、自分にあった投資を選びましょう。

FXのメリット・デメリット

FX最大のメリットは、自分で決済のタイミングを決めることができる点です。

自分で決済のタイミングを決めることができるので、例え自分の予測が間違っていたとしても、損失額が少なくなるようにトレードスキルで損失をコントロールすることができますし、良いタイミングで決済をすれば、多くの利益を出すことができます。

 

これらの特徴をうまく組み合わせれば、単純に勝率が低かったとしても、利益を残すことができるのです。

また、事前に決済の注文を入れておくこともできます。

 

エントリーと同時に一定の値幅が動いた場合、強制的に利益確定か損失確定をおこなう注文を入れることができるのです。

この機能を有効に使えば、損失確定を引っ張りすぎてロスカットにあったり、利益確定を引っ張りすぎてタイミングを逃すことはありません。

ここまで紹介したようにFXでは自分のタイミングで決済をおこなうことができる点が大きなメリットとなります。

 

次にFXのデメリットですが、自分で決済のタイミングを決めることは、投資初心者にとっては逆に難しいという点が挙げられます。

自分で決済のタイミングを決めることができる点は確かにFX最大のメリットなのですが、このタイミングを掴めないことによって損失を出している投資初心者もたくさんいるのが現実です。

 

投資初心者のうちから、損失をコントロールすると、逆に取り返しのつかないほどの値動きが起きて損失を出してしまうこともあります。

この決済のタイミングの難しさこそが、FXで9割のトレーダーが負けていると言われる理由であり、投資初心者にとってFXが難しい点なのです。

 

また、最低投資額が40,000円ほどかかり、バイナリーオプションに比べると高く設定されているので、投資を気軽に始めようと思う投資初心者にとってはデメリットだと言えるでしょう。

バイナリーオプションのメリット・デメリット

バイナリーオプション最大のメリットは、価格に動きがなくても予測が当たるだけで、利益を得ることができる点です。

FXでは、ある程度の値動きが起きないと利益を得ることができないため、値動きが起きそうなタイミングでエントリーをするなどの工夫が必要です。

 

バイナリーオプションでは、上がるか下がるかを予測するだけなので、FXのように値幅を取る必要はありません。

この仕組みのシンプルさは、バイナリーオプションの最大のメリットでしょう。

 

また、予測が外れたとしても損失額は一定なので、FXのように大きな値動きによる想定外の損失が発生することはありませんので、安心して取引をすることができます。

そして、元手資金は最低50円なので、気軽に投資を初めてみたい投資初心者も気軽に投資を始めることができる点は大きなメリットだと言えます。

 

次にバイナリーオプションのデメリットですが、値動きに関係なく、予測が外れた時点で一定額の損失を負ってしまうのはデメリットだと言えるでしょう。

FXと違ってトレードスキルで損失額をコントロールすることができません。

 

エントリーする時点で、FX以上にしっかりと値動きの予測を立てる必要があるので、この点は投資初心者にとっては難しい点であり、デメリットとなります。

しかし、FXに比べると圧倒的にデメリットは少ないので、投資初心者にとっては、バイナリーオプションの方が気軽に取り組める投資であることは間違いありません。

【まとめ】投資初心者にはバイナリーオプションがおすすめ!

FXとバイナリーオプションを比較した結果、FXは大きなリスクを背負ってでも、大きな利益を狙うハイリスク・ハイリターンな投資で、バイナリーオプションはリスクも少なく、少額の利益を重ねていくローリスク・ローリターンな投資だということが分かりました。

しかし、バイナリーオプションはFXに比べるとローリターンなだけであり、他のローリスク・ローリターンな投資商品に比べると圧倒的に利益を稼げる投資です。

また、バイナリーオプションは、取引方法も非常にシンプルで分かりやすく、少ない元手資金から始めることもできるので、投資初心者にはバイナリーオプションの方がおすすめだと言えるでしょう。

投資初心者にとって、投資を始めるという行為は非常にハードルが高く感じるかもしれません。

実際に投資はリスクを伴うので、当たり前のことだと思います。

だからこそ、最初に始める投資は、ローリスクなものがおすすめであり、バイナリーオプションであればローリスクながらもしっかりと利益を稼いでいくことができます。

もし、あなたが自己資金を増やすために投資を始めてみたいと思っているのであれば、ぜひバイナリーオプションから始めてみてください。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder