投資

将来の自分へ年金を残そう。iDeCoはお得な投資!

「老後の資金が不安…」

最近「老後2000万円問題」であったり、国が国民自らの資産形成を促していることから何となく将来、特に老後の資金が不安だと感じている人が増えているように思います。

 

「老後の資金を用意する」ということを考えたときに、思いつくのは「貯金」だと思いますが、現在、金利がほぼゼロであるため、貯金をしても老後資金を作っていくのは難しいのが現実です。

老後の資金を作っていくためには、しっかりお金を増やせる資産運用を行なっていく必要があります。

 

そこで急速に注目を集めているのが「iDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)」なんです。

 

iDeCoは貯金のようにお金を毎月積み立てていくことで、将来の自分に大きなお金を残すことができる仕組みです。

また、老後だけでなく積み立てをしていく過程にも大きなメリットがあるんです。

 

そこで今回はiDeCoについてメリットからデメリットまで詳しく解説していきます。

この記事を読めば、iDeCoについて理解して老後の自分に資金を残していけるはずです。

 

以下より学んでみてください。

 

iDeCoとは?

iDeCoとは、定期預金・保険・投資信託の中から好きな商品を選んで毎月一定の金額を積み立て、60歳以降に積み上げた資産を受け取れる仕組みです。

まさに年金のようなシステムですが、国民年金や厚生年金と違って、希望者が自ら申し込みをして任意で加入するのが特徴です。

 

投資信託などに投資をして資産運用していくシステム上、将来的に積み立てた資金をより多くの資金を受け取れますし、投資をしていく過程でも税金優遇などのメリットがあるので、お得に老後の資金を貯めていくことができます。

 

iDeCo加入の流れ

iDeCoに加入するためには以下の流れを踏む必要があります。

iDeCo加入の流れ

1.銀行や証券会社でiDeCo専用の口座を作成

2.定期預金・保険・投資信託の中から何に投資するかを決める

3.60歳までの間、一定の掛け金を積み立てる

4.積み上げた掛け金を60歳以降に受け取る

 

銀行や証券会社でiDeCo専用の口座を作成

まずは、銀行や証券会社でiDeCo専用の口座を開設する必要があります。

あとで詳しくお話ししますが、iDeCoには口座維持手数料がかかるので、よりお得に運用していくためには、口座維持手数料が安い銀行や証券会社を選ぶのがおすすめです。

 

特に口座維持手数料が安いのが、「楽天証券」です。

 

こだわりが無ければ、楽天証券で口座開設をしてもみても良いでしょう。

引用:楽天証券

また、楽天証券はiDeCo以外にも楽天スーパーポイントを使って投資が出来たり、少額から投資ができるおすすめの証券会社です。

以下の記事でまとめていますので、興味があれば読んでみてください。

楽天証券でポイント投資
楽天証券でポイント投資!初心者におすすめの資金運用方法最近では、国が個人での資産形成を後押ししている背景もあり、投資についてメディアなどで取り上げられる機会が増えてきたので、投資を始めてみた...

 

定期預金・保険・投資信託の中から何に投資するかを決める

口座開設を行なったら、次はどの商品に投資して積立するかを検討していきます。

運用商品ごとに、その仕組み、特徴、リスクとリターンの関係などは異なりますので、運用商品の仕組みや特徴などをよく理解したうえで、自分に合った商品を選びましょう。

 

そして、投資商品を決めていくうえで重要なのが、「利回り」という考え方です。

 

利回りとは、投資した金額に対する収益割合を1年間の平均で表した割合のことで、簡単に言えば1年間でどのくらいお金が増えるかを示す指標です。

つまり、利回りが高いほどお金が増えやすくハイリスクになり、利回りが低いほどお金が増えにくくローリスクになります。

 

自分が許容できるリスクに合わせた利回りを選びましょう。

iDeCoにおける利回りとリスクのバランスを大まかに解説すると以下になります。

 

iDeCoの利回りとリスク

ローリスクな運用→利回り1%

ミドルリスクな運用→利回り3%

ハイリスクな運用→利回り5%

 

ハイリスクな運用を行なったと言っても必ず損失が出るわけではありませんが、リスクとリターンのバランスはしっかり考えておく方が良いと思います。

 

60歳までの間、一定の掛け金を積み立てる

口座を開設して、投資商品を決めたら60歳の間掛け金を積み立てていくだけですが、掛け金に関しては様々な規約があります。

まず、最低掛け金ですが、iDeCoでは「毎月5,000円」と決められています。

 

必ず5,000円以上積み立てていくことになります。

そして、iDeCoでは上限も決められており、この上限は「職業」によって異なります。

 

以下で表にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

※2020年に税制改正が行われますので、全ての方がiDeCoに加入をすることができるようになります。

税制 国民年金保険の加入状況 具体例 掛け金の上限
現行 第1号被保険者 自営業者等 月額6.8万円
(年間81.6万円)
第2号被保険者 企業型DCのない会社 月額2.3万円
(年間27.6万円)
改正後 企業型DCのある会社 月額2.0万円
(年間24.0万円)
DB加入者、公務員 月額1.2万円
(年間14.4万円)
第3号被保険者 専業主婦(夫)など 月額2.3万円
(年間27.6万円)

※企業型DC=企業型確定拠出年金 DB=確定給付企業年金

 

自分が該当する箇所を調べて、上限を把握しておきましょう。

上限が把握できたら、実際に月々いくら積み立てていくか決めていきます。

 

この時便利なのが、楽天証券が提供しているiDeCo用のシミュレーターです。

引用:楽天証券

仮に以下の条件でシミュレーションをしてみます。

シミュレーションの条件

現在の年齢:30歳

職業:会社員

年収:600万

年金制度:DB加入者

積立額:5,000円

リスク許容度:ミドルリスク(利回り3%)での運用

 

まずは、こちらのページから楽天証券iDeCo用シミュレーターを開いてください。

すると職業選択の画面が出るので職業を選択します。

今回は会社員を選択します。

そして、次に年金制度を選択します。

今回は企業年金があるを選択します。

次に年齢、積立額、運用方法を入力していきましょう。

ここでは30歳、年収600万、掛け金5,000円、運用方法3%を選択しています。

入力が完了したら、計算するをクリックしましょう。

 

するとiDeCoで将来どれくらいのお金が受け取れるか、また税金のメリットがあるかが表示されます。

このように楽天証券のシミュレーターを利用すれば、自分の条件に合った積み立て額をシミュレーションすることができます。

このようなシミュレーターを利用して、積み立て額を検討していきましょう。

 

また、このシミュレーターで出てきた節税に関しては、以下で解説していきます。

 

iDeCoのメリット

iDeCoは老後の自分に大きなお金を残せるのはもちろんですが、最大のメリットは「節税になる」ということです。

節税になるのは

・積立時の税金

・運用による税金

の2つです。

積立時の税金

iDeCoを利用していれば、積み立てた金額全てを所得控除の対象にすることができます。

先ほどのシミュレーションの例で毎月5,000円の積み立てであれば、年間6万円が所得控除されるんです。

 

私たちの税金は、年収から各種控除額を引いた「課税所得」によって決まっています。

iDeCoを利用して控除額が多くなると課税所得が少なくなるので、結果として税金が少なくなるというわけです。

 

自分の老後資金を貯めているだけなのに、税金が少なくなるというのはかなりお得だと言えるでしょう。

 

運用による税金

通常であれば投資で儲かった利益には、利益の約20%(所得税15%+住民税5%)がかかります。

一方で、iDeCoを運用した結果出た利益には、税金がかからないのです。

 

投資している商品が定期預金などであれば、それほど利益が出ないので差はつきませんが、利益がしっかり出る投資信託などに投資している場合は大きな差がつきます。

投資をしたうえに、税金まで免除されるわけですから、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

iDeCoのデメリット

これほどメリットが大きいと「デメリットがないのか」と気になってしまうと思います。

実際iDeCoは全くデメリットがないわけではありません。

 

iDeCoのデメリットとしては以下が挙げられます。

iDeCoのデメリット

・60歳まで引き下ろせない

・口座維持手数料

・将来的には税金がかかる

60歳まで引き下ろせない

iDeCoで積み立てた資金は、60歳まで引き下ろすことが出来ません。

仮にまとまった資金が必要になったり、途中解約したくなったとしても60歳になるまではどうすることもできないのです。(積み立てを停止することは可能です。)

 

iDeCoを利用するのであれば、毎月の負担にならない程度の額だけ投資するようにしましょう。

 

口座維持手数料

iDeCoは口座を開設するときに2,829円のお金がかかります。

さらに毎月の口座維持に手数料がかかってきます。

 

開設時の費用はどこも同じですが、口座維持手数料は銀行や証券会社によって違うので注意しましょう。

先ほどお話ししたようにできるだけ口座維持手数料が安い業者を選ぶのがおすすめです。

 

将来的には税金がかかる

iDeCo口座で積み上げたお金は60歳以降に一括もしくは分割で受け取りことになります。

このときに、受け取るお金に税金がかかってくるんです。

 

しかし、満額の税金がかかるわけではなく、一括受取の場合は「退職所得控除」分割受取の場合は「公的年金等控除」の対象となり、税金の負担は軽くなるようになっています。

それでも受け取りに一定の税金がかかることは覚えておくようにしてください。

 

すぐに利益を出したい人におすすめの投資

iDeCoは税金をお得にしつつ、将来的には多くの利益を受け取れる可能性のある非常に優れた投資です。

また、60歳で必ず終了するので、若いうちに始める方がより資産を増やしやすいでしょう。

 

しかし、60歳まで解約できないため、自分の余剰資金を全てiDeCoに投資するのはおすすめできません。

 

iDeCoでは引き下ろせなくても問題ない程度のお金のみを積み立て、余剰資金は別の投資に回すべきです。

そうすれば、将来的な老後資金は確保しつつも、現時点の資金も稼いでいくことができます。

 

では、余剰資金を別の投資に回していく場合、どのような投資をすれば良いのでしょうか。

せっかく老後のためのお金を用意している最中に大きな損失を出してしまっては意味がありませんし、すでに月々iDeCoで一定額積み立てていることを考えると、同時にやっていく投資は「ローリスクかつ少額からできる」ことがベストだと思います。

 

また、資金を積み立てるだけのiDeCoと同じくらい「簡単」だと同時にやりやすいですよね。

ここからは、そんな条件に合ったおすすめの投資をご紹介していきます。

 

バイナリーオプション

資金を積み立てるだけのiDeCoと同じくらい簡単にも関わらずローリスクで少額からできる投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼いでいける

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

iDeCoと同時に取り組んで現時点の資金を稼いでいくには最適な投資だと言えます。

 

少額からできる

バイナリーオプションは国内業者の場合であれば最低50円、海外業者の場合であれば最低1,000円から始めることができます。

非常に少ない額から始めることができるので、月々の積み立てと同時にやったとしても負担にならないでしょう。

 

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

 

iDeCoで取り組める投資信託でさえも、ハイリスクな商品を選べば元本以上の資金を失う可能性があります。

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

 

簡単

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

ただでさえ仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば取引を自動化することもできるので、積み立てるだけで利益が狙えるiDeCoと同じくらい簡単に取り組めると思います。

 

【まとめ】将来の自分に投資でお金を残そう

今回はiDeCoについて徹底的に解説してきました。

iDeCoは老後資金を作っていくうえでは、非常に優れた投資方法です。

また、イデコには60歳までしかできないというルールがあるので、投資を始めるのは早ければ早いほど良いと思います。

 

将来の自分に褒めてもらうためにも、できるだけ早く投資を始めましょう。

また、将来の自分のことを考えすぎて今の自分が疎かになってしまってもいけません。

 

今の自分のこともしっかり考えあげて、今稼げる投資を同時にやっていくことも必要だと思います。

特に最後に紹介したバイナリーオプションであれば、ローリスクかつ少額から取り組めるので、iDeCoと同時に運用するには最適です。

 

また、仕組み自体も簡単ですが、サインツールなどの便利なツールを組み合わせれば、iDeCoと同じくらい簡単に取り組めます。

将来の自分のためにiDeCo、今の自分のためにバイナリーオプションという形で自分のお金を確実に増やしていきましょう。

 

今、バイナリーオプションを始めるか考え中のあなたへ。

 

私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder