副業

インターネットで完結する在宅ワーク!パソコン1台で副業をする方法。

「モデル就業規則」の中に、副業・兼業の推進に向けたガイドラインの記述ができ、国が副業・兼業を推進し始めてからというもの、その流れに合わせて副業を解禁する会社が増えてきました。

 

副業解禁やコロナショックの影響で副業を始めたいと考えている方が今どんどん増えています。

 

しかし、たとえ副業解禁やコロナショックがあったとはいえ、本業の忙しさは変わらないので、仕事終わりや休日に外に出て働く気にはならないですよね。

 

そんな人におすすめなのが、「インターネットを利用した在宅ワーク」です。

 

パソコン1台でインターネット上で副業をすることができるため、家でもどこでも好きな場所で副業をすることができます。

 

そこで今回は、インターネットを利用した在宅ワークについて徹底的に解説していきます。

 

実際に在宅ワークをする方法や仕事の種類も紹介していきますので、この記事を読めばすぐにでも副業を始めることができるでしょう。

 

以下よりご確認ください。

 

在宅ワークとは?

一般的に在宅ワークとは、企業と雇用関係を持たずにパソコンやインターネットを利用し、自宅で仕事をおこなう働き方のことです。

また、細かい定義が決まっているわけではないので、雇用されていたとしても、自宅や好きな場所で働くことを「在宅ワーク」と呼ぶ場合もあります(今回の記事では企業と雇用関係を持たずに働くことを在宅ワークと定義します)

 

副業としてだけではなく、在宅ワークを本業として生計を立てている人も多いのが特徴です。

 

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットとして挙げられるのは以下の4つです。

 

在宅ワークのメリット

・好きな時間に働ける

・好きな場所で働ける

・最低限の人間関係以外は不要

・自分次第で多くの収入を得ることができる

 

好きな時間に働ける

もし、副業でアルバイトをしようと思ったら、シフトで働く時間が全て決められてしまいますよね。

 

本業が忙しくて疲れているときも、シフトが入っていれば、アルバイトに行かなくてはなりません。

 

しかし、在宅ワークであれば、自分の好きな時間に働くことができます。

疲れているときは休んでも良いですし、時間に余裕がある休日に目一杯作業をしても構いません。

 

本業と両立がしやすいので、長く続けていくことができます。

 

好きな場所で働ける

パソコンを使う在宅ワークでは、インターネット環境とパソコンがあれば仕事ができるので、会社員のようにオフィスに行く必要はありません。

 

自宅で仕事をしても良いですし、お気に入りのカフェで仕事をしても構わないんです。

 

また、職場に行く移動時間がかからない分、効率的に時間を使うこともできるでしょう。

 

最低限の人間関係以外は不要

パソコンで在宅ワークを行う場合は、クライアントと個人事業主として直接契約を結ぶか、個人でできるビジネスを展開するという流れになります。

 

どちらにせよ、個人で仕事をこなすワークスタイルになりますので、会社での仕事のように嫌な上司と顔を合わせたり、周りの目を気にする必要はありません。

 

もちろん、クライアントと直接契約を結ぶ場合は、メールやチャットでコミュニケーションを取る必要がありますが、チーム単位の仕事でなければ最低限のやりとりで済むでしょう。

 

自分次第で多くの収入を得ることができる

基本的に在宅ワークでは、自分が働けば働いた分だけ収入を得ることができます。

 

クライアントから直接仕事を受注する場合であれば、仕事を受注した分だけ収入が増えていきますし、自分でネットビジネスをやるのであれば作業すればするほど、稼げる可能性は高くなるんです。

 

会社の仕事では固定給が導入されていることが多く、働いた分だけ収入が増えることはあまりありませんが、パソコンを使った在宅ワークでは自分が働いた分だけ収入が増えていくので、高いモチベーションで仕事ができるでしょう。

 

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットとして挙げられるのは以下の4つです。

 

在宅ワークのデメリット

・スケジュールは自分で決めなければならない

・収入の保証はない

・道具は全て自己負担

・確定申告などの税務処理を自分でやる必要がある

 

スケジュールは自分で決めなければならない

在宅ワークでは、好きな時間に働ける一方で、自分でスケジュール管理を行う必要があります。

 

クライアントから仕事を受注している場合だと、必ず納期があるので、ダラダラと仕事をしてしまい納期に間に合わなければ報酬をもらえないこともあるんです。

 

会社であれば、スケジュール管理は会社がやってくれますが、在宅ワークの場合だと、いつ働くか、いつ休むかを全て自分で決めて効率よく働く必要があります。

 

収入の保証がない

パソコンを使った在宅ワークの場合、働けば働いた分だけ収入を得ることができる一方で、働かなければ収入は一切ありません。

 

会社であれば、何もしていなくても社員というだけで給料が保証されていますよね。

ひとつも受注できていない営業マンだったとしても、毎月給料をもらうことができます。

 

しかし、在宅ワークをする場合、仕事が受注できなければ、収入は一切ないという状態になってしまいます。

 

在宅ワークをやるのであれば、安定して仕事が受注できる状態を目指すべきだと言えるでしょう。

 

道具は全て自己負担

会社であれば、経費でパソコンや文房具を用意してもらえますよね。

 

しかし、在宅ワークの場合は、パソコンや文房具など仕事で使う道具は全て自分で用意する必要があります。

細かい話をいうと、家賃や光熱費なども全て自分持ちです。

 

確定申告などの税務処理を自分でやる必要がある

在宅ワークで収入が発生した場合、税務署で確定申告を行う必要があります。

会社員であれば、税務処理は全て会社が代行してくれますが、個人で手続きをする必要がありますので注意が必要です。

 

ただし、最近ではfreeeという会計ソフトも登場し、個人でも比較的簡単に税務処理を行うことができるようになっているので安心してください。

 

在宅ワークの探し方

自分でビジネスをやる場合を除いて、在宅ワークをするのであれば、仕事を与えてくれるクライアントを探し、仕事を受注していく必要があります。

 

では、そもそもどこで仕事を探せば良いのでしょうか?

在宅ワークで仕事を探すのであれば、「クラウドソーシング」を利用するのがオススメです。

 

クラウドソーシングとは?

ラウドソーシングとは、「クラウド(Crowd)」と「ソーシング(Soucing)」を掛け合わせた造語で、「不特定多数の人に業務を委託する雇用形態」のことです。

 

簡単に言えば、「仕事を探している労働者」と「仕事をしてほしい雇用者」をマッチングさせるサービスです。

 

在宅ワークをしたいのであれば、まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

 

特に人気のあるクラウドソーシングは、「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。

 

ランサーズ

引用:ランサーズ

 

ランサーズは、日本で初めてクラウドソーシングサービスの提供を始めたサイト利用者が多いことが特徴です。

利用者が多い分だけ、募集されている案件の数も豊富なので、確実に登録しておきたいクラウドソーシングサイトです。

 

アンケート回答やデータ入力などの初心者向けの案件も豊富なので、初心者ユーザーでも利用しやすいので、まずは募集されている案件を見てみてください。

 

クラウドワークス

ランサーズに比べると後発サイトですが、ランサーズと並んで人気のサイトなのが「クラウドワークス」です。

引用:クラウドワークス

 

後発サイトな分だけ、ランサーズよりもサイトの使い勝手が良いと感じる人もいるようなので、できればランサーズだけでなく、クラウドワークスにも登録しておく方が良いでしょう。

 

パソコン1台でできる在宅ワークの副業

では実際にパソコン1台でできる在宅ワークにはどのような仕事があるのでしょうか?

大きく分けるとその種類は3つです。

パソコン1台でできる在宅ワーク

・クラウドソーシング系

・ネットビジネス系

・投資

 

クラウドソーシング系

まずは先ほど紹介したクラウドソーシングを利用して、クライアントから直接仕事を入力して取り組む仕事について紹介していきたいと思います。

 

クラウドソーシングでは、たくさんの仕事が募集されていますが、今回は代表的な仕事を紹介していきます。

 

クラウドソーシング系

・データ入力

・文字起こし

・スキルを利用する

 

データ入力

初心者でも取り組みやすいのが、データ入力の仕事です。

アンケートや画像に書かれている文字など、様々なコンテンツの文字を入力する作業を行います。

 

データ入力は案件数も多く、初心者でも気軽に取り組めますが、一方で単価が安いので、稼ぐためにはそれなりの数をこなす必要があるでしょう。

 

文字起こし

文字起こしとは、音声で録音されたデータをワードやエクセルなどで打ち込む作業のことで、インタビューや会議の議事録など様々なコンテンツを手がけます。

 

音声データは大体60分前後のものが多いので慣れるまではかなり時間がかかってしまうでしょう。

 

しかし、報酬は5,000円〜10,000円程度で募集されていることが多いので、慣れてくると十分稼ぐことができるでしょう。

 

スキルを利用する

クラウドソーシングでは、専門的なスキルを持った人を募集している人が多いです。

 

例えば、

・文章を書くのが得意であればWebライター

・動画を編集するのが得意あれば動画編集マン

・イラストを描くのが得意であればイラストレーター

・ブログラムが得意ならプログラマー

・外国語が得意なら翻訳家

などです。

 

自分自身に何かしらスキルがあって、そのスキルを求めている人さえいれば、どんなスキルでもお金に変えることができます。

 

在宅ワークの副業で稼いでいくためには、結局ここで紹介したような仕事を受注できるようなスキルを身につけることをおすすめします。

 

スキルは生まれつき持っているものではなく、勉強や慣れで身につけていくものです。

例え、現在スキルがなかったとしても稼げるようになる可能性があるので、将来を見据えて勉強してみても良いと思います。

 

ネットビジネス系

自分自身でビジネスを立ち上げ、在宅ワークで稼いでいくこともできます。

ネットビジネスは自分の発想次第で無限の可能性がありますが、ここでは代表的なものを紹介していきます。

 

ネットビジネス系

・ブログ

・YouTube

・せどり・転売

 

ブログ

ブログに広告を貼ることで広告収入を得ることができます。

広告にはクリックしてもらえれば「○円」というものもありますし、リンクから商品を購入すれば「○円」というものまで様々なものがあります。

 

また、人気ブロガーになるとブログで企業PRを行うことで収入を得られる「企業案件」の依頼が企業からくることもあり、稼いでいる人は莫大な金額を稼いでいるのが特徴です。

 

一見すると文章力だけあれば良いと思われがちですが、「検索で上位に来るようにするSEO対策」「見やすいブログ作りをするプログラミングのスキル」なども必要になります。

 

すぐに結果が出るような仕事ではないので、忍耐強く続けていきましょう。

 

YouTube

YouTubeに動画を投稿し、再生回数により広告収入を得ます。

人気YouTuberになれば、自分のチャンネルで企業PRを行うことで収入を得られる「企業案件」の依頼がくることもあります。

 

だから、Youtubeで人気になることさえできれば、莫大な収入を目指すことができるんです。

 

しかし、誰でも広告を掲載できるわけではなく、YouTubeパートナープログラムに申し込み、YouTubeの審査を通った人だけが広告を掲載することができるので審査に通らないことで諦めてしまう人も多い厳しい世界です。

 

さらにチャンネル登録者数や再生回数を増やすためには、投稿する動画のクオリティを上げていくことや、SNSなどの告知も行っていく必要があります。

 

高い企画力や動画編集スキル、SNS上でのコミュニケーション能力など求められるスキルは非常に多くなります。

 

せどり・転売

せどりは、商品を安く仕入れて高く売ることで、差額を利益として手に入れる副業です。

 

高く売ると言っても社会問題になっているチケット転売のように法外な値段で販売するわけではなく、仕入れた価格よりは高く売るというようなレベルで一般的に流通している値段で販売することになります。

 

なので、どちらかと言えば、安く仕入れる方が重要になってくるかと思います。

 

販売するプラットフォームはヤフオク・メルカリなど手軽なものから、Amazon・楽天など多岐に渡ります。

どのプラットフォームを利用しても構いませんが、まずは手軽なフリマアプリ程度から練習してみるのも良いでしょう。

 

商品を仕入れる資金や仕入れた商品を管理する場所は必要になりますが、少額でスペースを取らないものから始めていくと負担が大きくないのでおすすめです。

 

せどりは特別な知識は不要なので、比較的始めやすい副業でしょう。

 

投資

元手となる資金がある場合は、「投資」という選択肢があります。

 

かつて「お金持ちだけのもの」「専門知識がないとできない」というイメージだった投資も、現在は数百円から始められる投資が登場してきていますし、パソコン1台どころかスマホでも取り組めるようになっています。

 

投資には

・株式投資

・投資信託

・FX

・バイナリーオプション

・不動産投資

・太陽光発電

など様々な種類があり自分にあった投資を選びやすいのも特徴です。

 

投資にはリスクがあるからやりたくない

という人もいると思いますが、FXや株式投資などリスクが高い投資もあれば、ほとんどリスクがない投資だって存在します。

 

自分でスキルを身につけて働くよりもお金に働いてもらった方が、楽に稼げるかもしれません。

 

お金に働いてもらう投資が効率的

では、今から在宅ワークで副業を始めたいと思っている人は一体どの仕事を始めれば良いのでしょうか?

個人的におすすめしたいのは「投資」です。

 

稼げる仕事であるライターやプログラマーなどはスキルを身につけるまで時間がかかりますし、ブログやYouTubeなどは時間をかけたからと言って必ず結果が出るわけではありません。

投資であれば、特別なスキルがなくても十分に稼ぐことができます。

また、自分が働くわけではなく、お金に働いてもらうことになるので、時間がない人でもすき間時間を利用して取り組むことができるんです。

 

では、数ある投資の中で、どのような投資をすれば良いのでしょうか。

 

副業として投資をするなら

・稼げる

・簡単

・ローリスク

というのがポイントになります。

 

最後にこれに当てはまる副業にぴったりの投資を紹介してきます。

 

バイナリーオプション

個人的に副業に一番おすすめしたいのが「バイナリーオプション」です。

 

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格が、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼げる

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1,000円投資して、予想が当たれば2,000円のペイアウトを得ることができるので、1,000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2,000円ではなく1,000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍〜2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

 

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元手資金以上の損失を負う可能性がないんです。

 

投資と言えば、「元手資金以上の資金を失って借金まみれで破産!」などと取り上げられることもありますが、バイナリーオプションであればそんな心配はありません。

 

簡単

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、バイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

 

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

ただでさえ仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば、ゼロからスキルを覚えて副業をするより、よっぽど簡単だと思います。

 

【まとめ】在宅ワークで自由な生活をしましょう

在宅ワークはパソコン1台で、「どこでも」「好きな時間に」取り組むことができます。

 

会社終わりにアルバイトをしたりするくらいであれば、取り組みやすいのではないでしょうか?

 

特に最後に紹介したバイナリーオプションであれば、すき間時間に手間をかけず、取り組むことができますので、副業にはぴったりです。

 

興味があればぜひやってみてください。

 

私のLINE@では、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder