副業

投資は副業になる?会社員におすすめの投資!

投資は副業になるのか

会社に勤めているものの「月の給料では足りない」「もっと余裕が欲しい」と様々な理由で副業を始めたい人も多いのではないでしょうか。

しかし、就業規則により「副業禁止」と定められている会社も少なくないので、「会社にバレたくない」という気持ちで副業を始められない人も少なくないと思います。

そんな人におすすめな副業が「投資」です。

そこで今回は副業を始めたいと思っている人におすすめの投資を解説していきます。

副業に興味があるけど、会社にバレるのが不安で始められていない人は、この記事を読めば会社にバレずに、副業に適した投資を始める方法がわかります。

以下で学んで、実践してみてください。

投資は副業にはならない

まず、覚えておいていただきたいのが、投資は副業にはならないということです。

なぜなら投資は、「副業」ではなく「資産運用」に該当するからです。

投資は副業になるのか

資産運用は副業ではないので、就業規則で副業禁止だったとしても投資であれば問題なく取り組むことができます。

ただし、会社によっては資産運用であっても禁止されている場合もありますので、一度就業規則は確認するようにしてください。

では、実際に就業規則で資産運用が大丈夫だった場合、投資をするうえで注意することはあるのでしょうか。

実は、投資で利益を出すと「確定申告」を行う必要が出てくるのです。

まずは副業で投資をするのであれば確定申告について知っておきましょう。

確定申告

会社員の場合であれば、会社が代行してくれるので確定申告をする必要はありませんが、副業をやっている人の場合は確定申告をする必要があります。

しかし、ある一定の条件を満たせば確定申告が不要になる可能性があります。

以下で解説していきます。

確定申告が必要ない場合

以下の条件に当てはまる人は確定申告をする必要がありません。

  • 本業の年収が2,000万円以下で、副業収入が年間20万円以下
  • 投資で利用している証券口座の種類が「特定口座源泉徴収あり」の場合
  • NISA口座を利用している場合

まずは1つ目の条件について解説します。

「申告不要制度」という制度により、利益が出ていない人の確定申告は不要とされているので、投資に関わらず副業収入で年間20万円以下の利益しか出ていない人の確定申告は不要とされています。

なので、年間20万円以下の利益しか出なかった場合は確定申告をする必要はありません。

 

次に2つ目の条件について解説します。

投資で利用する証券口座には「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」の3つの口座が存在します。

「特定口座(源泉徴収あり)」を選べば確定申告をする必要がありません。

なぜなら、証券会社が税金に関する手続きを全て代行してくれるからです。

この口座を選べば、投資で利益が出た場合に最初から税金を引いた状態で利益を支払ってくれるため、自分で税金を支払う必要がないのです。

 

しかし、最初から税金が引かれているため、20万円以上の利益が出なかった場合は、無駄に税金を払うことになってしまうので、あまり利益が出ない人は注意が必要です。

その他の「特定口座(源泉徴収なし)」は年間取引報告書が発行されて計算する手間がかからないものの確定申告をする必要がありますし、「一般口座」の場合も確定申告をする必要がありますので、投資初心者で確定申告に慣れていない人には「特定口座(源泉徴収あり)」がおすすめです。

 

最後に3つ目の条件を解説します。

NISA口座(少額投資非課税制度)を選んでいれば確定申告は不要です。

NISA口座は、国民の資産形成を後押しするために2014年からスタートした制度で、NISA口座で購入した株や投資信託などの利益には税金がかからないのです。

ただし、NISA口座で投資資金として運用できるのは、最大120万円と決まっているうえに最大5年間と期間が定められているので注意が必要です。

確定申告が必要な場合

先ほどお話しした条件に当てはまらない人は全て確定申告をおこなう必要があります。

確定申告は年間の収益や損失を計算するためにかなりの手間がかかってしまうので、投資を始める時点で確定申告について勉強しておきましょう。

会社にバレたくない場合

投資は副業ではないので会社にバレても問題ありませんが、会社の同僚に副業をしていることを知られたくない人も多いと思います。

その場合は確定申告をするときに住民税の徴収方法を「自分で納付」にすればバレることはありません。

そもそも黙っていても会社に副業をしていることがバレてしまう理由は、確定申告をした場合に副業分の住民税が会社に通知され、2つの住民税が一括で源泉徴収されてしまうからです。

徴収方法を「自分で納付」にした場合は、副業分の住民税の通知が会社に行かなくなるので、会社にバレないのです。

副業で投資をするうえで大切なこと

ここまでで投資が副業にならないこと、投資をするうえで避けては通れない確定申告についてお分かり頂けたかと思います。

ここまで理解できれば、後は実際に投資を始めるだけです。

しかし、世の中にはたくさんの投資があるので、まずは投資を選ぶことから始めなければなりません。

そこでここからは、副業で投資をする人が投資を選ぶうえで大切なことを解説していきます。

手間がかからない(簡単にできる投資を選ぶ)

副業で投資を始めようと思っている人の中には、本業が忙しく日中時間が取れない人も少なくないのではないでしょうか。

もし、無理に時間を作ってお金を稼ぐことができたとしても、自由に過ごせる時間がなくなってしまい、本業と副業に追われる生活になってしまうので、精神的な余裕がなくなってツラくなってしまうと思います。

これから長い目で投資で収入を得ていきたいのであれば、このような過度のストレスがかかった状態はおすすめできません。

なので、副業で投資をやるのであれば、「手間がかからない簡単にできる投資」を選ぶことを第一に考えましょう。

例えば、日本でもっともポピュラーな投資である株式投資では、購入する銘柄を東証一部企業に限定したとしても、2000社以上あるので、この中から選ぶだけでも非常に手間がかかります。

しかも、選ぶためには2000社の中から、ひとつひとつ各企業の業績や事業計画を調べていく必要があるのです。

本業で日中忙しい人がこれだけの作業をするのは無理がありますし、途中で挫折してしまう人も少なくないでしょう。

このような事態を避けるためにも、副業で投資をするのであれば、「手間がかからない簡単にできる投資」を選ぶことをおすすめします。

ローリスクで初期費用が少ない

投資にはリスクが付きものであり、一歩間違えれば大きな損失を生む可能性もあります。

忙しい時間のなか投資に取り組んでいるにも関わらず、投資に失敗して損失を負ってしまうのであれば「投資をせずに本業をやっていた方が良かった」と思うのも無理はありません。

このような事態を避けるためにも副業で投資をやるのであれば、ローリスクな投資を選ぶようにしましょう。

実際に投資の中にはハイリスクなものもあれば、ローリスクなものもあるのです。

ローリスクな投資を選べば、大きな損失が発生する可能性も低くなります。

また、初期費用が少ない投資を選ぶのもおすすめです。

初期費用が少なければ、万が一投資に失敗したときの損失も少なくて済みます。

例えば、最近サラリーマンの投資先として人気の不動産投資では、初期費用が1,000万円に達することもあり、失敗したときは借金生活になってしまうほどの損失を負う可能性があるのです。

副業として投資に取り組むのであれば、大きな損失を追わないためにローリスクかつ初期費用が少ない投資先を選ぶようにしましょう。

しっかり利益を狙える

副業として投資に取り組む人は「本業の収入では足りない」と感じている人が多いのではないでしょうか。

本業の収入を補填するために投資を始めたのに、利益がでなければ意味がありませんよね。

なので、本業の収入を補填できる程度に「しっかり利益を狙える」投資を選ぶことが大切です。

しかし、ハイリスク・ハイリターンな投資はおすすめしません。

あくまで先ほどお話ししたようにローリスクな投資を選びつつも利益が狙える投資を選ぶのがおすすめです。

副業におすすめの投資

ここまでで副業で投資に取り組むのであれば、「手間がかからない簡単にできる投資」「ローリスクで初期費用が少ない」「しっかり利益が狙える」投資を選ぶのがおすすめだと解説してきました。

投資は副業になるのか

ここからは実際にこの条件に当てはまる副業におすすめの投資をお伝えしていきます。

以下でご確認ください。

バイナリーオプション

副業にもっともおすすめの投資は「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、「金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買する権利」を取引する「オプション取引」の仕組みを利用した投資方法で、簡単に言えば、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙える投資ということです。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は1ドル101円より上か下かを予測し、予測が当たれば利益が出るという仕組みです。

このようなバイナリーオプションですが、一体どのように先ほどの条件に当てはまっているのでしょうか。

条件ごとに見ていきましょう。

手間がかからず簡単

バイナリーオプションは、上下二択の予測をするだけなので非常に簡単で誰でも取り組むことができます。

また、その予測方法も多くて20通貨程度、一般的には5通貨以下の中から「チャート」と呼ばれる過去の通貨の値動きをグラフにしたツールを利用するか、各国の経済状況や政治状況を分析することで二択の予測をするので、他の投資に比べると手間がかかりません。

株式投資であれば2000社以上から分析する必要がありますし、不動産投資であれば無数にある物件を分析するのですから、バイナリーオプションが圧倒的に手間がかからないことが分かりますね。

また、バイナリーオプションには投資すべきタイミングを教えてくれる「サインツール」という便利なツールもあるので、サインツールを利用すれば、ほとんど分析すら必要ない場合もあるのです。

このようにバイナリーオプションは非常に手間がかからない投資だと言えるのです。

ローリスクで初期費用が少ない

バイナリーオプションでは、予測が外れたときは投資した金額のみ失います。

株式投資やFXでは、予測が外れた場合に投資した金額以上の金額を失う可能性があるので、株式投資やFXに比べるといかにローリスクかが分かると思います。

また、2択ということは、何も勉強せずに投資したとしても負ける確率は50%(引き分けは負けになるので正確には51%)という計算になるので、損失を出す可能性も低いのが特徴です。

さらに、最低初期費用は国内業者だと50円(海外業者なら1,000円)からと非常に少なく、万が一損失を出した場合も安心です。

しっかり利益を狙える

バイナリーオプションでは予測が当たった場合は、投資金額の1.8倍~2倍の利益を得ることができます。

例えば、1000円投資して2倍のときに予測が当たれば1000円の利益になるのです。(投資金額は返ってこないため、2,000円ではなく、1,000円なのです)

バイナリーオプションでは、予測が当たれば投資額の2倍近くの金額を得ることができるので、うまく運用すればしっかりとした利益を狙っていくことができます。

【まとめ】バイナリーオプションは会社員におすすめ!

会社にバレずに収入を得たいと思っている人には、副業に当たらない投資こそがもっともおすすめの収入を得るための手段です。

特にバイナリーオプションは、本業のすき間時間に取り組める手軽さから近年人気の投資なので、多くの副業投資家がバイナリーオプションに取り組んでいます。

また、その影響もあってサインツールなどの便利なツールも増えてきているので、より勝ちやすい環境が整ってきていると言えるでしょう。

この記事で投資に興味を持った人は、ぜひバイナリーオプションをやってみることをおすすめします。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder