バイナリーオプション

投資信託のやり方を徹底解説!投資信託は初心者におすすめの投資

投資を始めてみたいけど、どうしたらいいか分からない

投資初心者の人が投資を始めたいと思ったときに、「どうしたらいいか分からない」と思うのは当然のことだと思います。

 

生まれてきてこれまで、「投資」という言葉自体を聞いたことはあっても、そのやり方を知る機会はほとんど無かったのではないでしょうか。

そして、よく分からないまま投資を始めようとすると、どうしても「株式投資」「FX」などの「よく名前を聞く投資」を選んでしまう傾向があります。

 

しかし、株式投資やFXはハイリスク・ハイリターンの投資なので、投資初心者が「よく名前を聞く」という理由だけで知識もなく始めてしまうと、大損をしてしまう可能性があり非常に危険なのです。

 

だから、これから投資を始めるという方は、投資で大損をしないためにもリスクが低いものを選ぶべきなのです。

 

では、どの投資を始めるべきなのかと言いますと、数ある投資の中で「ローリスク」かつ「少額でできる」投資である「投資信託」です。

 

今回は、投資初心者におすすめな投資である投資信託について徹底的に解説していきます。

 

この記事では、投資信託の基礎知識からやり方までを解説していくので、この記事を読み終えたときには、あなたも投資家として投資を始めることができるはずです。

以下より解説してきます。

投資信託とは?

投資信託とは、投資をしたい人(投資家)から集めた資金を、投資の専門機関(ファンド)が代わりに運用してくれるという投資商品です。

つまり、投資の専門家(ファンド・マネージャー)を信じて、自己資金を託す投資になります。

具体的な投資先は国内外の株式や債券、不動産、先物取引など多岐にわたります。

ちなみに、集めた資金をどの投資対象に投資するかは、投資信託ごとの方針によって違うので注意が必要です。

投資信託で利益を出す方法

投資信託で利益を出す方法は2種類あります。

投資信託で利益を出す方法

・分配金

・投資信託の解約

分配金(運用益)

投資信託では、私たちが出資した資金を運用した結果、得た配当金や利子は投資家に分配されます。この分配される利益のことを「分配金」と呼びます。

 

分配金は、利益が出た場合に投資信託によって年1回〜2回支払われるのが基本ですが、中には投資家たちの出資を促すために「特別分配金」という利益が出ていなくても支払われる分配金もあります。

 

投資信託を購入する前に支払われる分配金の条件などは、しっかり確認しておくようにしましょう。

投資信託の解約(売却益)

投資信託では、ファンドの運用結果によって投資信託自体の値段が変動します。

例えば、ファンドの運用成績が良く、確実に利益を出してくれる投資信託であれば、みんな買いたいですよね?

一方で、ファンドの運用成績が悪く、利益が出るか分からなかったり、ほとんど利益を出せない場合は誰も買いたくないはずです。

 

このように投資信託では、ファンドの運用成績によって投資信託自体の値段が変動します。

だから、ファンドの運用成績が良ければ、自分が買ったときよりも投資信託の値段が上昇するということも十分にあり得るのです。

 

そして、値段が上昇したときに投資信託を売却(解約)すれば、購入時との差額で利益を出すことができます。

この売却時と購入時との差額で出た利益を「売却益」と言います。

投資信託の種類

現在、日本では数多くの投資信託が販売されています。

そして、各投資信託は投資先も違えば、運用方針も全く違うのです。

大まかな分類を表にまとめてみましたので、ご覧下さい。

投資対象 ・国内株式
・海外株式
・国内債券
・海外債券
・不動産
・商品(金属など)
・バランス型(上記の商品の組み合わせ)
・テーマ型(医療や資源など分野を特定したり、投資地域を特定する)
運用方針 ・インデックスファンド(経済指標に連動させる)
・アクティブファンド(指標以上の高い運用成績を目指す)
販売期間 ・追加型、オープン型(いつでも購入可能)
・単位型、ユニット型(募集期間中のみ購入可能)
購入方法 ・証券会社
・ETF
販売対象 ・公募投信(誰でも買える)
・私募投信(特定のファンド向け)

このように投資信託には様々な種類があり、その商品数は6,000本以上です。

正直これだけの投資信託の中から購入する投資信託を選ぶのは難しいと思います。

 

なので、まず最初はインデックスファンドの投資信託を利用するのが良いでしょう。

インデックスファンドは、経済指標に連動させる投資信託のことを言います。

 

ローリスクかつ少額から簡単に取り組める投資信託なので、ぜひ最初に選ぶならインデックスファンドがおすすめです。

インデックスファンドについては、以下の記事で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

投資初心者が安全に資産を増やすには?インデックス投資で分散投資をしよう「低コストのインデックス・ファンドは、投資家の大多数にとって、最も聡明な投資だ」 これは世界的に有名なアメリカの投資家ウォーレン・...

投資信託の手数料

投資信託では、ファンドに自分の資金を代理で運用してもらう仕組み上、運用している期間「信託報酬」という報酬を支払う必要があります。

信託報酬は投資信託の実質の手数料です。

 

信託報酬は、年率1.0%などど表記されており、日割り計算で毎日出資している資産から差し引かれます。

つまり、信託報酬以上の利益が出ていないと赤字になってしまうのです。

 

確実に利益を出してくれる投資信託を選ばないと、無駄に報酬だけ支払うことになるので注意しましょう。

投資信託と分散投資

投資信託では、ファンドはひとつの商品にだけ投資するということはありません。

株式と債券といったように複数の投資商品に「分散投資」を行います。

中には、株式に限定したり、債券に限定する投資信託もありますが、その場合でも複数の銘柄に分散投資して資金を運用します。

 

例えば、株式投資を個人でやろうと思ったとしても、ひとつ最低10万円以上するような銘柄を複数も購入することは難しいでしょう。

しかし、投資信託であれば、様々な投資家からの資金をまとめて大きくしているので、複数の投資商品に分散投資することができます。

 

ひとつの投資商品だけではなく、様々な投資商品に分散投資しておけば、どれかひとつの投資商品で損失が発生したときも、他の投資商品の利益と相殺してくれます。

つまり、損失が発生したときの影響を最低限にしてくれるのです。

 

このように投資において、分散投資をすることはローリスクに資産運用を行ううえで役に立ちます。

この分散投資を自然とできるのが投資信託最大のポイントです。

投資信託が投資初心者におすすめな理由

投資信託は特に投資初心者にこそおすすめの投資商品です。

これから投資を始めるのであれば、まず投資信託を始めることをおすすめします。

初心者に投資信託がおすすめな理由

    ・プロに任せられるので簡単
    ・少額から取り組める
    ・分散投資でローリスク

プロに任せられるので簡単

本来、投資をやろうと思うと、利益を出すためのテクニックを身につけていく必要がありますし、投資先の選定も自分で行うので非常に手間がかかります。

例えば、自分で株式投資をやろうと思うと、購入できる銘柄の選択肢は2,000社以上あり、その中から各企業の業績や今後の見通しを調べて、最適なタイミングで購入し、利益が出そうなタイミングで売却するという流れになるので、投資初心者がやるには非常に難しいと言えるでしょう。

しかし、投資信託は、これらの手間がかかる作業を全てファンドが代行してくれます。

自分自身に投資の知識がひとつもなかったとしても何も問題ありません。

もちろん、投資の知識はあるに越したことはありませんが、投資信託は、まだ勉強が追いついていない投資初心者でも簡単に取り組める投資だと言えます。

少額から取り組める

投資信託はたくさんの投資家から資金を集めて、大きなお金にして運用するので、一人一人の投資額は少なくても構わないのも大きな特徴です。

また、最近だと100円や1000円から投資することができる投資信託も販売されるようになりました。

投資初心者のうちは多額の投資資金を用意するのは難しいと思いますが、投資信託であれば、自己資金が少ない人でも投資がしやすいと言えるでしょう。

分散投資でローリスク

先ほどお話ししたように投資信託は「自然と分散投資ができる」投資商品です。

そして、様々な投資商品に分散投資しておけば、どれかひとつの投資商品で損失が発生したときも、他の投資商品の利益と相殺してくれるので、非常にローリスクに投資ができます。

せっかく資産を増やすために、投資を始めるのであれば、まずは損失を発生させないようにローリスクな投資に取り組みましょう。

投資信託のやり方

ここまでで、投資信託が投資初心者に最適な投資であることがお分かり頂けたと思います。

投資信託は非常に初心者が取り組みやすい投資なので、ここまでこの記事を読んできて実際に投資信託を始めてみたいと思われた方もいるのではないでしょうか。

始めたいと思ったのであれば、次は投資信託のやり方を学んでいきましょう。

やり方さえわかれば、いよいよ投資信託を始めることができますよ。

証券会社に口座を開設する

まずは証券会社に口座を開設して行きましょう。

投資信託を購入することができる証券会社には、店舗を構えて対面で取引をする会社である「総合証券」と、店舗を持たないオンライン取引専業のインターネット専業証券である「ネット証券」があります。

基本的にはネット証券の方がPCやスマホで注文を出せば取引が完結するので簡単に取り組めます。

また、店舗や担当者を抱える必要がない分、手数料も安いのが大きな特徴です。

特にこだわりがなければ、ネット証券で口座をすると良いでしょう。

ちなみに2019年にもっとも投資信託向けに口座開設された証券会社は「SBI証券」です。

主要ネット証券の中では国内株式手数料が最低水準で、IPO(新規公開株)引受社数も多く、非常に優秀なネット証券です。

SBI証券はこちらから

投資信託を選ぶ

先ほど投資信託の種類をお話ししましたが、投資信託ではたくさんの種類から投資信託を選ぶ必要があり、投資初心者が投資信託を選ぶのは一苦労だと思います。

基本的には、先ほど解説した通り、インデックスファンドから始めることをおすすめしますが、将来的には自分で購入する投資信託を選べるようになる必要があるのです。

 

そこでここからは、投資信託を選ぶうえでのポイントを解説していきます。

以下のポイントを参考に購入する投資信託を選んでみてください。

 

投資信託を選ぶポイント

・自分が許容できるリスクの範囲を確認する

・信託報酬が安いものを選ぶ

・過去の運用実績が高いものを選ぶ

自分が許容できるリスクの範囲を確認する

投資の世界では、基本的にリスクが高い方がリターン(利益)が大きくなり、リスクが低い方がリターンが小さくなります。

だからこそ投資の世界では、自分が許容できるリスクと得たいリターンのバランスを考えていくことが重要なのです。

投資信託では、このリスクとリターンのバランスを「標準偏差」という指標で予測して行きます。

標準偏差を利用すれば、予想される値動きの範囲(リスク)を把握することができるので、購入しようとしている投資商品が自分の許容できるリスクの投資商品かどうかを判断することができます。

投資信託をやるうえで事前に自分がどれだけのリターンを狙っていて、どれだけのリスクなら許容できるかを考えておくとスムーズに商品選びができるでしょう。

信託報酬が安いものを選ぶ

先ほどもお話ししましたが、投資信託では資産を代理で運用してくれているファンドマネージャーに信託報酬を支払う必要があります。

信託報酬の金額は投資信託によって違っているので、出来るだけ信託報酬が安い投資信託を選ぶと利益を残しやすいです。

 

投資をしていると、取引で生み出された損益に目が行きがちになりますが、しっかりと利益を残すためには、手数料などの固定費もしっかり見て行くことが大事なのです。

過去の運用実績が高いものを選ぶ

投資信託では、ファンドの運用成績がそのまま私たちの利益に直結します。

また利益だけでなく、ファンドが損失を出してしまえば、私たちの出資している資金も帰ってこないので、私たちも損失を負うことになります。

 

未来のことは分かりませんが、それでも「過去の運用実績の高さ」は、今後の運用成績を予測するうえで役に立つ指標だと言えるでしょう。

無駄な損失を出さないためにも、出来るだけ過去の運用実績が良いファンドを選ぶようにしてください。

投資信託が難しいと感じた人におすすめの投資

今回の記事では、投資信託のやり方を解説してきました。

投資信託は、プロに任せられるので簡単なうえに少額でローリスクな投資をすることができるので、ぜひ投資初心者におすすめしたい投資です。

 

しかし、投資信託自体の数が非常に多いため、投資信託自体を選ぶのが難しいという問題点もあるのです。

この記事では投資信託の選び方を解説しましたが、正直に言えば、それでも難しいと感じた人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、最後に投資信託が難しいと感じた人のために、投資信託と同じくらい少額でローリスクな投資ができるにも関わらず、投資信託以上に簡単にできる投資を紹介していきたいと思います。

せっかく投資を始めようと思ったのですから、投資信託が難しく感じたとしても、諦めずに学んでいきましょう。

バイナリーオプション

投資信託と同じくらい少額でローリスクな投資にも関わらず、投資信託より簡単な投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

つまり、1,000円投資して、予想が当たれば2,000円のペイアウトを得ることができるので、1,000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2,000円ではなく1,000円の利益です)

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

ローリスクと言われている投資信託でさえも、選んだファンドが損失を出してしまえば、元手以上の資金を負ってしまいます。

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

少額でできる

バイナリーオプションは国内業者の場合であれば最低50円、海外業者の場合であれば最低1000円から始めることができます。

投資信託と比べても十分少額から始めることができると言えるでしょう。

簡単

バイナリーオプションは、上下二択の予測をするだけなので非常に簡単で誰でも取り組むことができます。

また、投資信託が6000本以上ある商品を調べて、購入する投資信託を選択するのに対して、バイナリーオプションでは、多くて20通貨程度、一般的には5通貨以下の中から「チャート」と呼ばれる過去の通貨の値動きをグラフにしたツールを利用するか、各国の経済状況や政治状況を分析することで2択の予測をするので、バイナリーオプションの方が投資先の選定も簡単です。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

 

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

【まとめ】投資信託は投資初心者におすすめ

今回は投資信託について解説してきました。

投資信託は、プロが運用してくれるので、知識や投資スキルがない投資初心者でも簡単に取り組むことができます。

まさに投資初心者に最適な投資だと言えるでしょう。

 

一方で、どの投資信託に出資するかを選ぶのは投資初心者には難易度が高いのも事実です。

もし、あなたが投資信託を難しいと感じたのであれば、最後に紹介したバイナリーオプションをやってみても良いかもしれません。

 

バイナリーオプションであれば、投資信託以上に簡単に取り組むことができるのでおすすめです。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder