投資

投資家ビザとは?海外の永住権を取得したいなら投資がおすすめ

投資家ビザトップページ

「老後は海外に住みたいな…」

「子供をより良い環境で育てたい」

近年、富裕層の中でこのような悩みを抱えて海外移住を検討している人が急速に増えています。

ですが、1週間程度の旅行とは違って、数ヵ月、数年に渡る長期滞在をしたいのであれば、どうしても「ビザ」の問題が引っかかってきます。

そんな中、英語ができなくても、ビジネスをしなくても、海外の永住権を獲得する方法として「投資家ビザ」が注目されているんです、

そこで今回は、将来的に海外移住を検討している方に向けて、投資家ビザが一体どのようなものなのか、徹底的に解説していきます。

また、世界各国の投資家ビザを取得する条件もご紹介しますので、すでに移住したい国が決まっているという方もぜひ参考にしてみてください。

日本のパスポートは世界最強!

そもそも外国人に比べると日本人でビザの必要性に関する意識を明確に持っている人というのはあまり多くありません。

なぜなら日本のパスポートが世界最強のパスポートだからです。

普通海外であれば、旅行で渡航するだけでもビザの取得が必要になります。

しかし、日本のパスポートでは、ビザ無しで189ヵ国に渡航することができるんです。

このビザ無しで渡航できる国の数は、シンガポールのパスポートと並んで世界第一になります。

いかに日本人が世界から信頼されているかが分かりますね。

このように日本人は、世界各国にビザの取得なく行くことができるので、ビザに対する意識が希薄になるのも無理はないと言えるでしょう。

長期滞在にビザが必要な理由

ビザなしでの滞在が認められるのは、あくまでも旅行者としての滞在期間だけなので、最長でも1~3ヵ月が限界になります。(国や地域による)

そのため、いくら日本のパスポートが世界最強と言っても、数年単位で滞在するとなると長期滞在が認められるビザが必要になるんです。

定期的に出国し、短期滞在ビザの更新を繰り返すのはおすすめできません。

出入国を頻繁におこないすぎると入国拒否や何らかのビザ申請を求められる可能性があります。

従来推奨されていた長期滞在ビザは?

今まで海外に長期滞在するために推奨されていたビザといえば、以下の3つです。

◼︎海外に長期滞在するためのビザ

  • 学生ビザ:現地の学校で学ぶためのビザ
  • 就労ビザ:英語や現地の言葉が話せて、一定の技能を持つ人のためのビザ
  • 経営ビザ:現地でビジネスをおこなう経営者のためのビザ

どのビザを取得するにしても非常にハードルが高いですね。

中には、「現地で飲食ビジネスでもやればいいのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、現地の事情も知らず、慣れないビジネスをやったとしても成功する可能性は非常に低いと言えます。

そこで新しい選択肢として注目されているのが、「投資家ビザ」なんです。

投資家ビザとは?

投資家ビザとは、移住したい国の企業や不動産・国家プロジェクトに対して投資をすることで取得できるビザのことです。

移住したい国が求める最低投資額以上の金額を投資するだけなので、取得条件は比較的簡単だと言えるでしょう。

例えば、英語や現地語が喋れなかったり、海外でビジネスが出来なかったとしても、お金さえあれば取得することができるので、近年富裕層を中心に人気を集めています。

ハワイに住みたいという人は米国の永住権(グリーンカード)を取得すれば良いですし、南欧に住みたいという人はポルトガルやスペインが発給する長期滞在ビザ(ゴールデンビザ)を取得すれば、手軽に海外移住が実現するんです。

また、国によっては、長期滞在ビザを取得した後に、永住権、市民権を取得することも可能なので、永住したいという方はそちらも視野に入れても良いでしょう。

そもそも永住権と市民権の違いとは?

そもそも皆さんは永住権と市民権の違いをご存知ですか?

◼︎永住権と市民権の違い(アメリカの場合/市民権を取得した場合)

  • 選挙権を得ることができる
  • 公的な職業に就く権利が与えられる
  • アメリカの国籍を取得することができる(日本国籍でなくなる)

大きく異なる点は米国市民になると、その個人には選挙権と公的な職業に就く権利が与えられることです。

海外に永住したいだけで日本国籍は失いたくないという場合は、永住権を取得しましょう。

日本国籍を持ちながら、投資先の国の永住権を持つことが可能です。

各国の投資家ビザを取得する条件

それでは、世界各国の投資家ビザを取得する条件を解説していきます。

以下にて表にまとめていますので、ご覧ください。

国名 最低投資金額 滞在期間 審査期間
オーストラリア 150万ドル
(約1億3,500万円)
永住権 14ヵ月程度
ニュージーランド 300万NZドル
(約2億4,000万円)
永住権 1年程度
アメリカ 90万USドル
(約9,900万円)
永住権 17~20ヵ月
カナダ 35万CAドル
(約3,150万円)
永住権(現在中断中) 3年程度
ドバイ 100万AED
(約3,000万円)
長期滞在ビザ 1ヵ月程度
スペイン 50万ユーロ
(約7,000万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
ポルトガル 35万ユーロ
(4,900万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
マルタ 25万ユーロ
(3,500万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
シンガポール 250万SGドル
(約2億円)
永住権 6~12ヵ月
マレーシア 15万リンギット
(約450万円)
長期滞在ビザ 6ヵ月程度
タイ 50万バーツ以上
(約160万円)
長期滞在ビザ 1-2ヵ月程度
フィリピン 2万ドル
(約220万円)
長期滞在ビザ 2~3ヵ月程度
アイルランド 100万EUR
(約12000万円)
長期滞在ビザ 8ヵ月程度

マレーシア、タイ、フィリピンは非常に安い金額で長期滞在ビザを取得することができるので、地政学リスクや将来の為替変動などを考慮して、複数の国の「投資家ビザ」を取得しておくのも良いでしょう。

実際に一度に3~4ヵ国の投資家ビザを申請する富裕層も多いそうです。

【実例】アメリカのEB-5ビザで海外移住

実際にアメリカの永住権取得プログラムであるEB-5ビザを取得する場合どのような魅力と特徴があるのかを見ていきましょう。

◼︎アメリカのEB-5ビザとは?

米国移民法により定められた、政府公認のアメリカ永住権(グリーンカード)を取得する投資永住権のこと。

最低投資金額:90万USドル(約9,900万円)

EB-5ビザは、他国の投資家ビザの申請条件に比べても投資額が非常に安いことから世界的な人気を誇っていましたが、2019年11月21日の法改正により、最低投資金額が50万ドル→90万ドルへ変更となりました。

そのため、従来に比べると投資額の安さというメリットは無くなってしまいましたが、世界的に見てもそれほど投資額が高いわけではないので、ハワイへの移住を希望するのであれば利用しない手はありません。

永住権を取得すれば、公立校の授業料が無料になったり、就職・企業に制限がなくなるので、教育とビジネスの環境においてはアメリカ人と同様の生活を送ることができます。

EB-5ビザを申請する場合は、「Regional centers」にある米国移民局が認可した多くのプロジェクトの中から投資先を選択することになります。

投資先の州や都市は限定されませんので、ハワイに移住するからといって投資先をハワイに限定する必要はありません。

 

◼︎EB-5ビザの魅力と特徴

  • 配偶者と21歳未満の家族は申請に含めることが可能
  • ビジネスや企業をする必要はない
  • 年齢や言語能力、就業経験は問わない
  • 事業運営経験や企業での勤務経験不問
  • 就労義務なし

従来の学生ビザや就労ビザ、経営ビザに比べると非常に低いハードルで永住権を取得することができます。

アメリカへの移住を希望する場合は投資家ビザを利用しない手はありませんね。

プロジェクトが予定通りの収益を上げられずに投資金が返還されないなどのトラブルもありますので注意して下さい。

トラブルを避けるためには、いかに優良なプロジェクト・管理会社を選択するかが重要です。

永住権・市民権を取得するメリット

実際に永住権や市民権を取得した場合の最大のメリットは、その国の公的サービスを利用できるようになることです。

アメリカの場合で言えば、高校までの公立の学費が無料になりますし、学費が安い州立の大学に通うことも可能です。

留学生として大学に通うと非常に学費が高くなってしまいますが、永住権を持っていれば学費が留学生に比べて半分以下になることも珍しいことではないんです。

また、国によっては、投資優遇措置など税制上のメリットを受けられる可能性もあります。

海外で生活していくうえでは、永住権・市民権を取得するメリットは非常に大きいということです。

富裕層以外でも投資家ビザを取得したい方へ

将来海外へ移住したいと思っているのは、何も富裕層だけではないでしょう。

富裕層でなかったとしても、海外への移住を夢見ている人も多いはずです。

しかし、現実的にマレーシア、タイ、フィリピンなどならともかく、アメリカや南欧への移住をしようと思うと1億円近くのお金が必要となるため、普通に働いていては到底用意できる金額ではありませんよね。

では、海外移住する夢は諦めるしかないのかというとそうではありません。

働いても手にすることができない大金を手にする方法がひとつだけあるんです。

それは、「投資」でお金を稼ぐこと。

自分で働いていては到底稼げないお金も、お金に働いてもらう投資であれば稼ぐことが可能なんです。

もちろん、絶対に稼げるわけではありませんが、まず一歩を踏み出さなければ、夢を叶えられる日は来ません。

まずは、どのような投資でも良いので、簡単なものから第一歩を踏み出してみるべきだと思います。

そこで、最後に私がおすすめする投資を皆さんにご紹介します。

投資で重要なのは、「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントです。

最後にこの3つのポイントを押さえていて、初心者でも取り組める投資を皆さんにご紹介したいと思います。

バイナリーオプション

私がオススメしている投資とは「バイナリーオプション」という投資で、投資初心者が絶対に押さえておいてほしい「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントを全て押さえている投資です。

しかも「しっかり稼ぐ」こともできる投資なので、投資家ビザを取得するうえで必要な資金を貯めるために最初に始めるにはもってこいの投資だと言えるでしょう。

もちろん、バイナリーオプションだけで1億円を稼ぐというのは難しいので、バイナリーオプションで稼いだ資金を別の投資へ再投資していくことで夢の実現が近づいていくでしょう。

そもそもバイナリーオプションとは、世界各国の通貨と通貨を交換する取引である外国為替取引を利用した投資で、上記の3つのポイントを押さえていることから比較的初心者に取り組みやすい投資だと言われています。

仕組みも非常に簡単で、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測するだけです。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格が、1ドル100円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

少額から取り組める

バイナリーオプションは非常に少額から取り組める投資のうちのひとつで最低1,000円から取り組むことができます。

1,000円であれば学生でも十分取り組むことができますよね。

しっかり稼げる

バイナリーオプションは2択の投資ですが、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

例えば、ペイアウト率が1.85倍の時に1,000円投資して、予想が当たれば1,850円のペイアウトを得ることができるので、850円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、1,850円ではなく850円の利益です)

一定の勝率を維持して勝ち続けることができれば、予想が当った場合に投資金額の1.8倍〜2倍の資金が増えていくわけですからしっかりと稼ぐことができます。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本(自分の元手資金)以上の損失を負う可能性がないんです。

基本的に投資では、どれだけローリスクだと言われている投資でも元本以上の損失を出してしまう可能性があります。

よくメディアで「FXで自己破産!」などと報道されていますが、これは元本以上の損失を出してしまい、損失分のお金が払えないことで起きる現象です。

これは損失が自分の元本を超えた金額となってしまうことが問題なのであって、元本の中で済むのであれば、自己破産や借金は避けられます。

バイナリーオプションであれば、元本以上の損失を負うということはありませんので、安心して取引をすることができます。

仕組みが簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

よく副業としておすすめされているものにFXの自動売買ツールがありますが、確かにシステム頼りで何もしなくても良い自動売買ツールに比べると手間がかかってしまいます。

しかし、この手間が逆に高いリターンをもたらす可能性があります。

サインツールであれば、自分の裁量を加えながらトレードを行うこともできるので、サインが出たとしても、今エントリーすべきでないと思えばエントリーを避けることもできます。

このひと手間が結果としてシステムに依存する自動売買ツールよりも高い勝率を目指すことだって可能にするんです。

バイナリーオプションでオススメの業者

バイナリーオプションでダントツで人気となっている業者に「ハイローオーストラリア」という業者があります。

ハイローオーストラリアであれば、18歳から取引をすることができるので未成年でも十分に取引をすることが可能です。

また、ハイローオーストラリアは海外に所在地をおく海外業者なのですが、とにかくトラブルなく日本からも取引が可能であり、多くの投資家がハイローオーストラリアを利用しているという信頼感があります。

海外のバイナリーオプションや投資取引に関連する企業は信頼性に問題ありと敬遠する動きも多いわけですが、ハイローオーストラリアはここがまず違います。オーストラリア証券投資委員会、ASICの厳しい審査に合格した上で、ライセンスの付与というお墨付きを得ているのです。

※ちなみにオーストラリアはコアラでも有名ですが、金融や証券投資に関する先進国という呼び声の高い国でもあります。

第二に、ハイローオーストラリアはナショナル・オーストラリア銀行という非常に格式高く信頼性のある銀行を取引銀行としています。世界水準で信頼性の高い銀行を資金管理のメインバンクとしているわけです。これも、世界各国の投資家から信頼できる業者として認定されている大きな理由です。

簡単に言ってしまえば少し前に国内であったような「客先から預かっている仮想通貨を盗難され、投資家への返金も難しい状況です」といった事例が極めて起こりにくく、また万が一の際の保証もきちんとしているのがハイローオーストラリアのいいところです。

ハイローオーストラリアの登録は無料なうえ、3分で完了しますので、興味があればぜひ口座開設をしておくことをオススメします。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

【まとめ】海外移住なら投資家ビザ一択

今回は、海外移住する方法として近年急速に注目を集めている投資家ビザについて解説してきました。

従来長期滞在をするビザとして利用されていた以下の3つは海外移住のためだけに取得するには非常にハードルが高いのが現実でした。

◼︎海外に長期滞在するためのビザ

  • 学生ビザ:現地の学校で学ぶためのビザ
  • 就労ビザ:英語や現地の言葉が話せて、一定の技能を持つ人のためのビザ
  • 経営ビザ:現地でビジネスをおこなう経営者のためのビザ

しかし、投資家ビザであれば、ビジネスや企業をする必要はありませんし、年齢や言語能力、就業経験などは一切必要ありません。

必要なのは、投資をするお金だけです。

国名 最低投資金額 滞在期間 審査期間
オーストラリア 150万ドル
(約1億3,500万円)
永住権 14ヵ月程度
ニュージーランド 300万NZドル
(約2億4,000万円)
永住権 1年程度
アメリカ 90万USドル
(約9,900万円)
永住権 17~20ヵ月
カナダ 35万CAドル
(約3,150万円)
永住権(現在中断中) 3年程度
ドバイ 100万AED
(約3,000万円)
長期滞在ビザ 1ヵ月程度
スペイン 50万ユーロ
(約7,000万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
ポルトガル 35万ユーロ
(4,900万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
マルタ 25万ユーロ
(3,500万円)
長期滞在ビザ 1~2ヵ月程度
シンガポール 250万SGドル
(約2億円)
永住権 6~12ヵ月
マレーシア 15万リンギット
(約450万円)
長期滞在ビザ 6ヵ月程度
タイ 50万バーツ以上
(約160万円)
長期滞在ビザ 1-2ヵ月程度
フィリピン 2万ドル
(約220万円)
長期滞在ビザ 2~3ヵ月程度
アイルランド 100万EUR
(約12000万円)
長期滞在ビザ 8ヵ月程度

非常に高額ではありますが、お金さえ用意できるのであれば、十分海外移住を目指すことが可能なんです。

しかし、海外移住を目指している皆さんが全員富裕層なわけではありません。

富裕層以外で海外移住を目指している方は、投資でお金を稼ぐようにしましょう。

今、投資を始めていないのであれば、最初の第一歩として最後に紹介したバイナリーオプションがおすすめです。

バイナリーオプションであれば、投資初心者が絶対に押さえておいてほしい「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントを全て押さえている投資なので、最初の投資として取り組みやすいと言えます。

興味があれば、ぜひやってみてくださいね。

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

私のLINEでは、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder