FX

FX自動売買ループイフダンは稼げる?メリット・デメリットを徹底解説

ループイフダントップページ

放ったらかしで利益を出してくれると近年急速に人気を集めているのが、

FXの自動売買ツール」です。

 

自動売買ツールは、システムが自動的に取引をしてくれるツールで、最適なタイミングで取引をしてくれるので、トレーダーは何もする必要はありません。

 

そして、このような自動売買ツールの中でも特に人気があるのが、ひまわり証券とあいネット証券が提供する「ループイフダン」です。

 

ループイフダンでは、約80%のユーザーが利益を出していると言われており、その実績の高さから人気の自動売買ツールとなっています。

 

そこで今回は、人気のFX自動売買ツールである「ループイフダン」について概要からメリット・デメリットまでを徹底的に解説していきます。

 

この記事を読めば、ループイフダンを使って取引をすべきかが分かるはずです。

 

以下より学んで実践してみてください。

 

ループイフダンとは?

ループイフダンとは、「ひまわり証券」と「アイネット証券」が提供するFXの自動売買ツールです。

 

ループイフダン資料

そもそもFXの自動売買ツールとは、システムが最適なタイミングで自動的に取引をしてくれるツールのことです。

 

自動売買ツールは、トレードのプロが実際に勝っているロジックを搭載しているので、自動売買ツールを使うだけでプロさながらのトレードができるという優れモノなんです。

 

登場したばかりの頃は、あまり使っている人は多くありませんでしたが、2020年現在では一般的な取引方法になりつつあります。

 

ループイフダンの特徴

ループイフダン最大の特徴は、自動で買い注文と売り注文をしてくれるうえに、自動で損切りも行ってくれるので初心者でも利益が出しやすいことです。

 

ループイフダンの仕組み

ループイフダンは、売り買いの注文をループ(繰り返し)行うことで利益を積み重ねる「リピート方式」を採用しているのが特徴で、裁量トレードに比べて圧倒的に取引回数が多くなります。

 

また、利益確定の決済や損切りを自動でおこなってくれるので、FX初心者にありがちな利益確定の決済や損切りを出来ず、損失を増やしてしまったということもありません。

 

デモトレードでループイフダンを試す

ひまわり証券とあいネット証券では、ループイフダンのデモトレードを無料で提供しているので、事前にループイフダンを体験してみたいという人は、まずデモトレードを試してみるのが良いでしょう。

 

ひまわり証券デモトレード

 

デモトレードのやり方

 

デモ口座では、架空の資金を使ってトレードをおこなうことができるので、いくら資金が減ったとしても自分の資金が減ることはありません。

また、実際に本番で利用するツールも利用することができるので、まずは練習としてデモトレードを利用するのも良いかもしれませんね。

 

いきなり大金を利用するのが怖いという方やとりあえず自動売買を体験してみたいという方はデモトレードを利用してみてください。

 

ループイフダンの利益率

気になるループイフダンの利益率ですが、だいたい年間で5%〜8%だと言われています。

そのため、1年間ループイフダンを運用した場合の利益率は以下になります。

 

1年間で利回り8%の場合
  • 10万円を運用:8,000円
  • 100万円を運用:80,000円
  • 1,000万円を運用:800,000円

 

少額で運用すればそれほど大きな利益は望めませんが、それなりに多額の資金を用意できるのであれば、大きな利益になります。

もちろん、外国為替を扱う以上、世界情勢などによっても左右されますが、これだけの利益率であれば十分有効な投資だと言えるでしょう。

 

ループイフダンの口コミ・評判とは?

ループイフダンの良い口コミ・評判で特に多かったのが、

  • 多少のぶれはあるが、コンスタントに利益をあげられる
  • ほぼ手放し運用ができるので、精神的に楽

というような口コミでした。

 

ループイフダンは、自動売買ツールである以上、手放しで運用ができるために精神的に楽だということですね。

また、先ほどの利益率の項目でもお話ししましたが、コンスタントに利益を上げることができる点が評価されているようです。

 

一方で悪い評価で特に多いものはというと、

  • ループイフダンの使用量が実質スプレッドに組み込まれているので、同じ系列のトラッキングトレードよりは利益を確保しやすい。ただ、唯一の不満で致命的なのが約定力の超絶弱さというか、滑って当たり前の仕様。
  • 値動きが荒いとはいえ、ユーロドルで2p、3p滑り不利なトレードは当たり前に成立しすぎ
  • もれなく1000回以上約定したうちの200~400は1p以上の滑りを確認している
  • 相場がよく動いているときは分かるけど、そんなに動いていないのに1p以上滑るとか意味がわからない
  • システムが貧弱すぎるんだろうと思うけど、非常に不満
  • ループイフダンのシステムがなければとっくに他所へ移っている

というような口コミです。

 

正直ループイフダン自体に対する悪い口コミはほとんどなく、アイネット証券やひまわり証券のシステムそのものに対する不満が多い印象でした。

システムが貧弱であることから、スリッページ(滑り)が多く発生してしまうようです。

 

ただし、このような悪い口コミを書いている人もループイフダン自体には満足しているようですので、ループイフダン自体が悪いわけではないでしょう。

 

ループイフダンのメリットとは?

では、次にループイフダンのメリットをみていきましょう。

ループイフダンのメリットは、以下の3つです。

 

ループイフダンのメリット
  • 設定が簡単
  • スプレッドが狭く設定されている
  • 少額から利用できる

 

ひとつずつ解説してきます。

 

設定が簡単

ループイフダンの設定は非常に簡単で投資初心者でも利用しやすくなっています。

ループイフダンの設定

この画像に簡単に書いてあることを簡単に要約すると、

  • 通貨ペアを選択する
  • 損切り設定や最大ポジション数を設定する

だけです。

 

あとは、システムが自動で運用してくれます。

非常にシンプルな仕組みですね。

 

ループイフダンであれば、初心者でも十分に利用できるはずです。

 

スプレッドが狭く設定されている

ループイフダンは他社の自動売買ツールに比べると非常にスプレッドが狭く設定されています。

 

スプレッドが安い

スプレッドが2銭というと、裁量トレードをしている人からすれば、広く感じるかもしれませんが、自動売買としては破格の狭さです。

そして、スプレッドが狭く設定されているということは、その分取引に伴うコストを安くなり、利益が出やすくなります。

 

また、取引手数料も無料に設定されているため、ループイフダンは非常に利益が出やすい設定になっているということです。

 

少額から利用できる

ループイフダンは、ポジション数の設定次第で少額でも取引をすることができます。

例えば、最大ポジション数を1に設定すれば、最低限必要な資金は4,500円となるんです。

 

ただし、ループイフダンの強みである「ループ方式」での取引をしようと思うと、最大ポジション数が2である必要があるので、最低限必要な資金は9,100円になります。

 

つまり、1万円あればループイフダンを利用できるということですね。

 

これだけのツールを1万円から利用できるというのは大きなメリットでしょう。

 

ループイフダンのデメリットとは?

一方でループイフダンにもデメリットがないわけではありません。

ループイフダンのデメリットは以下の4つです。

 

自動売買ツールのデメリット
  • 結果が出るまで時間がかかる場合がある
  • 勝つためには運用が必要
  • 元本割れの可能性がある
  • 短期的には利益を上げにくい

 

ひとつずつ解説していきます。

 

結果が出るまで時間がかかる場合がある

自動売買ツールは結果が出るまで時間がかかる場合があります。

例えば、1週間単位ではマイナスだったとしても、1ヶ月単位で見るとプラスに転じるというような場合もあるんです。

 

どんな優秀なトレーダーだったとしても、絶対に損失を出さない人はいません。

どれだけ優秀な自動売買ツールであったとしても、損失が出てしまう期間は必ず存在します。

 

自動売買ツールには最初から大きな利益を期待するのではなく、ある程度長い目で見て運用していくのがおすすめです。

 

勝つためには運用が必要

自動売買ツールが優秀なもので、ある程度の勝率が確保できていたとしても完全に放置して運用していれば良いわけではありません。

 

経済的なビッグニュースが発生して大きな値動きが予測される場合は、自動売買ツールを止めるという判断が必要になります。

また、値動きには「流行り」というものがあります。

 

今このような値動きをしているから今後もそのように値動きするという保証はどこにもありません。

値動きの流行りが変わってくれば、自動売買ツールで使われているロジックが通用しなくなるかもしれません。

 

その場合は最新の値動きに対応した自動売買ツールを買い直すというような対応も必要になります。

 

お任せで勝ち続けられる自動売買ツールは絶対にないため、ある程度は自分自身で管理する必要があるんです。

 

元本割れの可能性がある

投資には必ずリスクがつきものです。

当然、ループイフダンも社会情勢などで相場が急激に変動してしまえば、ユーザーが預けている資金以上の損失が発生し、元本割れがおこる可能性があります。

 

資産を増やすために投資をしているのに、減ってしまっては意味がありませんが、こればかりは投資をやる以上、仕方ありませんね。

 

短期的には利益を上げにくい

先ほどもお話しした通り、ループイフダンの利益率は、だいたい年間で5%〜8%だと言われています。

 

1年間で利回り8%の場合
  • 10万円を運用:8,000円
  • 100万円を運用:80,000円
  • 1,000万円を運用:800,000円

 

もし、FXの裁量トレードのように短期的に大きな利益を上げたいと考えているのであれば、ループイフダンで裁量トレードのような利益を上げるのは難しいです。

 

あくまでFXの仕組みを利用して長期的に利益を積み重ねたいと考えている人がループイフダンを利用するべきでしょう。

 

短期的に利益を上げたい方はどうするべきか?

ループイフダンは非常に優れた自動売買ツールですが、FXの裁量トレードのように短期的に大きな利益を積み上げていきたいという人にとっては物足りないのも事実です。

 

しかし、現実的にFXの裁量トレードは9割のトレーダーが負けているといわれており、FXの裁量トレードではリスクが高すぎるのも事実ですよね。

 

では、ローリスクでFXの裁量トレード並みに利益を出す方法はないのでしょうか?

 

実はFXと同じ仕組みを利用した投資「バイナリーオプション」であればそれが可能になります。

 

バイナリーオプションはFXと同じ外国為替を利用した投資で、FXをやっている人であれば馴染みがある「オプション取引」です。

 

こちらであれば、FXの裁量トレードに比べてローリスクに稼げる可能性があります。

 

また、オプション取引である以上、仕組みも簡単なため、投資初心者でも十分に取り組むことが可能でしょう。

 

そこで最後に短期的に利益を稼いでいきたい方に向けて、バイナリーオプションの魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

バイナリーオプション

そもそもバイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

また、国内業者だと最低投資額50円からと非常に少額から始めることができるのも大きな魅力です。

 

短期間で多くの利益が狙える

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1,000円投資して、予想が当たれば2,000円のペイアウトを得ることができるので、1,000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2,000円ではなく1,000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

 

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

 

FXであれば、自動売買、裁量トレードにかかわらず、元本割れの可能性があります。

どれだけ優秀なトレーダーやツールであったとしても、社会情勢の変化により元本割れを起こす可能性がないとは言えないんです。

 

しかし、バイナリーオプションの場合は、値幅で損益が決まらず、予測が当たったかどうかで利益が固定されているため、元本以上の損失を負う可能性がありません。

 

つまり、バイナリーオプションは、非常にローリスクな投資だと言えます、

 

簡単にできる

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

 

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

しかし、ここまでであれば、自動で投資をしてくれるループイフダンに対して、バイナリーオプションは簡単さでは劣ってしまうと思います。

 

このバイナリーオプションとループイフダンの差を埋めるのが「ツール」です。

 

実は、バイナリーオプションは投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

 

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

ただでさえ、仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば取引を自動化することもできるので、自動売買ツールであるループイフダンと同じくらい簡単に取り組むことができます。

 

【まとめ】ループイフダンは優秀なツール!

今回は、ループイフダンについて解説してきました。

ループイフダンは自動売買ツールとしては非常に優秀なツールです。

 

ループイフダンのメリット
  • 設定が簡単
  • スプレッドが狭く設定されている
  • 少額から利用できる

 

使い方も簡単でコストが低く利益を出しやすいことから、投資初心者であっても十分取り組めると思います、

 

長期的に利益を出していきたい人は、ループイフダンを利用してみるのも良いでしょう。

 

ただし、FXの裁量トレードにように短期的に稼いでいきたいという方は、バイナリーオプションをやる方が良いです。

 

バイナリーオプションにも「サインツール」という投資を自動化する便利なツールが存在するのでロボアドバイザーに負けないくらい簡単に資産運用ができます。

 

もし興味があれば、バイナリーオプションを始めてみても良いかもしれません。

 

また、私のLINEでは、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder