バイナリーオプション

投資のリスクを徹底解説!低リスクで始められる投資も紹介

近年投資をやりたいと思っている人の数は増えていますが、実際に投資を始める人はそこまで多くありません。

投資を始めようと投資について調べれば調べるほど、「損失が出るかもしれない」という投資のリスクが目についてしまい、投資するのが怖くなってしまうのです。

確かに、テレビやネットなどのニュースを見ていると「投資で〇〇万円を失った!」などの紹介がされており、怖くなってしまうのも無理はないと思います。

 

では、実際に投資で利益を出している投資家たちは投資のリスクに関してどう考えているのでしょうか。

実は、投資で利益を出している投資家には投資のリスクが無いわけではなく、投資のリスクをコントロールする術に長けているだけなのです。

つまり、投資初心者もこれから投資をはじめるのであれば、まず投資のリスクをしっかり理解していく必要があります。

 

そこで今回は、投資のリスクやリスクコントロールのポイントを解説していきます。

このページを読めば、リスクとの向き合い方がわかり、投資での稼ぎ方を理解できるでしょう。

また、このページの最後には、投資初心者におすすめの低リスクな投資商品も紹介しています。

 

以下で学んで、投資を始めてみませんか。

投資におけるリスクとは?

リスクと言えば、皆さんはどのような意味を思い浮かべますか?

一般的にはリスクという言葉は、危険という意味で利用されることが多いですが、投資の世界では、標準偏差という意味で利用されています。

標準偏差というのは、簡単に言えば変動幅のことで、この変動幅が小さいものをリスクが低い、値動きが高いものをリスクが高いというのです。

 

これだけ変動幅が激しいということは、うまく予測が当たっていれば大儲けできるかもしれませんが、外していれば大損をしてしまう可能性もあるのです。

このような値動きの幅が大きい状態のことを投資の世界ではリスクと呼びます。

 

投資において「どれくらいリスクを取るか」そして、「どのようにリスクをコントロールするか」が投資で稼ぐために必要なのです。です。

投資において考えられるリスクの種類

ここまでで、投資におけるリスクとは「変動幅」のことで、どれだけの変動幅があるかによって、「リスクが高い」「リスクが低い」と表現することが分かりました。

 

では実際の投資においてリスクを生み出す可能性があるものには、どういったものがあるのでしょうか。

以下で投資において考えられるリスクを解説していきます。

価格変動・値下がりのリスク

価格変動・値下がりのリスクは、金融投資商品や、物的投資において単純に価格が変動することで発生します。

代表的な金融投資商品である株式投資は、証券取引所が開いている間は、常に価格が変動していきますし、代表的な物的投資商品である不動産や芸術品も時間が経つと価格が変動していきます。

もちろん価格変動することにより、購入時より価格が上がることもありますし、値下がりすることもあります。

 

このように価格変動・値下がりが起きることにより、投資におけるリスクが発生します。

為替変動のリスク

為替変動のリスクとは、外貨を扱う投資商品における為替レートの変動による値動きのことです。

為替変動を利用するFXやバイナリーオプションでは、為替レートの変動でおこる通貨と通貨の値動きを利用し、通貨と通貨を交換する投資商品です。

 

例えば、FXでは1ドル100円のときにドルを買って、1ドル110円のときに円を買い戻せば10円の利益が出るのです。

このように為替変動は投資におけるリスクを生み出すのです。

金利変動のリスク

金利が変動することにより、リスクが発生する場合もあります。

例えば日本の金利が下がれば、日本の通貨を保有する意味がなくなるので、円の価値は下がる(円安)でしょう。

 

もし円安になれば、FXなど為替変動を利用した投資にも影響を与えることになります。

また、金利が下がることによって債券の価格は上がるので株価は上昇するでしょう。

このように金利が変動することも、投資においてはリスクを生み出すと言えます。

流動性のリスク

基本的に投資の世界では、取引量がリスクに繋がります。

例えば、取引量が多い商品があったとして、取引量が多いということはそれだけ需要も多いので供給量も多いということです。

その分売れるまでの速度も速くなりますし、価格は安定しています。

 

しかし、取引量が少ない商品はそれだけ需要が少ないので、売れるまでの時間が遅くなってしまい、価格に関しても、供給量が少ないので予想以上の高値がつく場合もあれば、単純に需要がないので予想を下回る安値しかつかない場合もあります。

 

このように投資では取引量がリスクに繋がり、これを投資の世界では流動性のリスクと呼びます。

信用・倒産のリスク

経営悪化や信用の低下により、リスクが発生することがあります。

会社の場合であれば、経営が悪化して倒産の可能性が高くなってくると、株や債券の価格が急低下します。

倒産してしまえば、急低下どころか無価値になってしまうでしょう。

 

もちろん会社だけでなく、国の場合でも政治家の失態などにより信用が下がってしまえば、通貨の価格や債券の価格は低下します。

このように信用の悪化や倒産によるリスクもあるのです。

世界情勢のリスク

世界情勢が変動することによりリスクが発生します。

戦争や紛争、テロなどが起きれば、通貨や株価などあらゆる投資商品に大きな変動が起きるでしょう。

 

例えば、2019年に米中貿易戦争というアメリカと中国が貿易時の関税を巡って対立するという出来事がおきました。

このときには、アメリカ、中国ともに通貨の価値は大暴落し、また米中貿易戦争関連のニュースひとつでアメリカ、中国の通貨の価格は乱高下したのです。

また、株価など様々な投資商品でも為替同様に大幅な値動きが起こりました。

 

このように国の状態や世界情勢は投資におけるリスクとなり、大きな変動を起こす原因となります。

リスクコントロールをするポイント

ここまでで、投資においてリスクは変動幅であることやどのようなリスクがあるのかを解説しました。

Smart home control on tablet. Interior of living room in the background.

では、ここから投資をやるうえで必要なリスクコントロールについて解説していきます。

投資商品によっては、大きな利益や損失が発生するとは限らない

投資商品によっては、ハイリスクハイリターンの投資だったとしても、実際に大きな利益や損失が発生するとは限りません。

例えば、為替投資であるFXでドルを買っていて、「明日いきなりドルの価格が半分になる」というと確かに可能性はありますが、その可能性は低いと言えるでしょう。

 

先ほどリスクの種類で「米中貿易戦争」について触れましたが、米中貿易戦争のときでさえそんな値動きはおこりませんでした。

FXで言えば確かに大きな損失が発生する可能性はあるものの、現実的にそれほどの変動が起きることなどあり得ないのです。

なので、リスクを負って投資しても問題ないと言えるでしょう。

 

逆にリスクの種類の中で解説した「流動性のリスク」で紹介したように流通量が少ないからこそ供給量が下がり、大きな利益を狙うことができるという投資は、「何年経っても買い手がつかない」という可能性は高いです。

また、買い手がついたとしても高値がついて大きな利益が狙えるとは限りません。

このように投資をした結果、実際に大きな利益や損失が発生する投資もあるので、このような投資は投資初心者のうちは避けておいたほうが良いと思います。

 

投資初心者が投資をやるうえでは、まず「ハイリスクハイリターンであったとしても、変動幅が大きく、実際に大きな利益や損失が発生する可能性が低い投資」を選んでいくのがおすすめです。

つまり、投資初心者にとって投資商品の選定こそが最初におこなうべきリスクコントロールです。

リスクが低く利益額と損失額が予測できる投資を選ぶ

リスクの分だけ利益と損失が発生しない投資を選び、安定した投資を選ぶことができたら次は、リスクが低く利益と損失が予測できる投資を選ぶようにしましょう。

リスクが一定で利益額と損失額が予測できる投資を選ぶことによって、想定外の損失を招いてしまったということもなくなりますし、利益の計算もやりやすくなります。

 

例えば、FXや株式投資は変動幅も大きいので、その分利益を取れる可能性も高く、リスクが高い投資です。

先ほどお話ししたように、FXや株式投資は、ハイリスクハイリターンであるものの実際に大きな利益や損失をするということは稀であるため、安定した投資だと言えますが、それでも大きな変動幅があり、リスクが高いことには変わりありません。

 

リスクが高いということは、利益額と損失額を予測することが難しく「気づいたら〇〇円損失を出していた」というようなことがおこる可能性があるのです。

そこでリスクは低いものの、投資初心者のうちは、利益額と損失額が予測できる投資を選んでいく必要があります。

 

例えば、バイナリーオプションという投資があります。

バイナリーオプションは為替変動を利用した投資ですが、為替レートが上下のどちらに行くかを当てるだけという投資で、利益も損失も一定額となります。

為替変動を利用しているので、変動性は非常に高いのですが、変動幅に関係なく上がったか下がったかを当てるだけなので、バイナリーオプション自体のリスクは非常に低いと言えます。

 

リスクが低い分、利益額と損失額も一定額ですが、その分損失額が大きくなることはなく安心して取り組める投資だと言えるでしょう。

安心して取り組めることで、繰り返し投資をすることができるので、一回の利益は少なくても利益額を積み重ねていくこともできます。

 

このようにリスクが低い投資を選び、利益額と損失額が計算できる投資を選ぶことは、投資初心者にとって一番のリスクコントロールとなります。

【まとめ】バイナリーオプションはリスクが低い投資商品

ここまで解説したように投資におけるリスクとは変動幅のことであり、投資初心者が安心して投資をするための一番のリスクコントロールは、「リスクが低い投資を選んでいく」ことです。

そこで投資初心者に一番おすすめなのが、最後にご紹介したバイナリーオプションです。

 

先ほどもご紹介したようにバイナリーオプションは、為替レートの上下を当てることで一定額の利益と損失が発生するという投資なので、バイナリーオプションを先ほど紹介したリスクコントロールの項目に当てはめると「ハイリスクハイリターンであるものの、実際に大きな利益額や損失額が発生するわけではない」ので安心して取り組むことができます。

 

つまり、投資初心者が取り組むべき投資として「バイナリーオプションを選ぶ」ということが、それだけで十分なリスクコントロールになっているのです。

これから投資に取り組む投資初心者はぜひバイナリーオプションから投資を始めてみてください。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder