投資

ワンルームマンション投資とアパート投資のどちらがおすすめなのか?両者を徹底比較

マンションVSアパートトップページ

不動産投資をやってみたいと思った時に皆さんが悩むのは、「ワンルームマンション投資にするべきか、アパート投資にするべきか」ということではないでしょうか。

この悩みは不動産投資をするうえで、必ず付きまとう問題なので、悩んでいる人も多いと思います。

実際にワンルームマンション投資の専門会社とアパート投資の専門会社の両方に話を聞きに行った場合、どちらの会社も自分たちの商品について魅力を語るので、結局判断をするのが難しいと言えます。

そこで今回は、ワンルームマンション投資とアパート投資の特徴やメリット・デメリットを比較しながら徹底的に解説していきます。

また、投資目的からどちらがオススメかという観点でもお話をしていきますので、今ワンルームマンション投資とアパート投資のどちらをするか悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

そもそも不動産投資とは?

まずは不動産投資について基本的なことをおさらいしておきましょう。

不動産投資とは、不動産を購入し、運用することで利益を得ていく投資方法です。

実際に不動産投資は、以下の2つの方法で利益を得ることができます。

◼︎不動産投資で利益を得る方法とは?

  • 売却益:不動産の価値が上がったときに売却して得られる利益のこと
  • 運用益:入居者から得られる毎月の家賃をもとにした利益のこと

不動産の価値が上昇していく市場状況は、バブル期のような特殊な場合を除いてあまりないので、現在の不動産投資では「運用益」が重視されています。

そのため、基本的には、不動産を購入して家賃収入で利益を得ていくことになります。

ワンルームマンション投資とは?

ワンルーム投資は、マンションの1室のみを購入し、家賃収入を得る投資方法です。

購入するのは1室だけなので、購入代金や維持費なども少なくて済むというメリットがあります。

しかしその一方で、1室分の家賃収入しか得ることが出来ないので、それほど大きな収入を得ることはできないというデメリットがあります。

ワンルーム投資は、初期費用をあまりかけずに副業感覚で不動産投資を始められることから、サラリーマンに人気の投資です。

以下でワンルームマンション投資について表にしてまとめていますので、ご覧ください。

項目 ワンルームマンション投資
物件価格 ◎ 物件の取得価格が低い(1,000万円~3,000万円)
利回り × 利回りが低い(都内・新築3%~5%)
賃料以外の収入 × なし
立地 ◎ 都心の駅徒歩10分以内など好立地
空室リスク ◎ 好立地であれば非常に低い
融資審査 ◎ 融資額が少ないため、審査が通りやすい
取得費用 ◎ 数十万円~百万円程度
修繕費用 ○ 修繕費用の規模が少ない
費用計上 × コストコントロールが難しい
賃料下落 ◎ 都心であれば下落スピードは緩やか
建物の裁量 × 管理組合で決定する
償却期間 × 一度の減価償却額が少ない
物件の流動性 ◎ 流動性が高い(売りやすい)
出口戦略 × 出口戦略は売却がほとんど

アパート投資とは?

アパート投資は、アパートを購入し、家賃収入を得る投資方法です。

一棟買い投資は、一棟丸ごと購入する必要があるため、購入代金や維持費は高くなるデメリットがある一方で、複数の部屋から家賃収入を得ることができるので、多くの収入を得ることができます。

以下でアパート投資について表にしてまとめていますので、ご覧ください。

比較項目 アパート投資
物件価格 × 物件の取得価格が高い(5,000万円~1億円前後)
利回り ◎ 利回りが高い(都内・新築5%~7%)
賃料以外の収入 ○ あり(自動販売機の収益など)
立地 × 郊外や地方の物件が多い
空室リスク × マンションに比べると空室リスク高い
融資審査 × 融資額が多いため、審査が比較的厳しい
取得費用 × 数百万円~一千万円程度
修繕費用 × 修繕費用の規模が大きい
費用計上 ○ コストコントロールが可能
賃料下落 × マンションに比べて賃料下落が大きい
建物の裁量 ◎ 自分で意思決定できる
償却期間 ○ 一度の減価償却額が大きい
物件の流動性 × 流動性が低い(売りにくい)
出口戦略 ◎ 出口戦略が複数ある

ワンルームマンション投資とアパート投資の比較

では次にワンルームマンション投資とアパート投資を比較してみましょう。

比較項目 ワンルームマンション投資 アパート投資
物件価格 ◎ 物件の取得価格が低い(1,000万円~3,000万円) × 物件の取得価格が高い(5,000万円~1億円前後)
利回り × 利回りが低い(都内・新築3%~5%) ◎ 利回りが高い(都内・新築5%~7%)
賃料以外の収入 × なし ○ あり(自動販売機の収益など)
立地 ◎ 都心の駅徒歩10分以内など好立地 × 郊外や地方の物件が多い
空室リスク ◎ 好立地であれば非常に低い × マンションに比べると空室リスク高い
融資審査 ◎ 融資額が少ないため、審査が通りやすい × 融資額が多いため、審査が比較的厳しい
取得費用 ◎ 数十万円~百万円程度 × 数百万円~一千万円程度
修繕費用 ○ 修繕費用の規模が少ない × 修繕費用の規模が大きい
費用計上 × コストコントロールが難しい ○ コストコントロールが可能
賃料下落 ◎ 都心であれば下落スピードは緩やか × マンションに比べて賃料下落が大きい
建物の裁量 × 管理組合で決定する ◎ 自分で意思決定できる
償却期間 × 一度の減価償却額が少ない ○ 一度の減価償却額が大きい
物件の流動性 ◎ 流動性が高い(売りやすい) × 流動性が低い(売りにくい)
出口戦略 × 出口戦略は売却がほとんど ◎ 出口戦略が複数ある

この比較を踏まえたうえで、ワンルームマンション投資に向いている人とアパート投資に向いている人についてお話ししていきます。

ワンルームマンション投資が向いている人は?

ワンルームマンション投資の特徴をまとめると以下になります。

◼︎ワンルームマンション投資の特徴

  • アパート投資に比べると少額から始めることができる
  • アパート投資に比べると利回りが低い
  • 最終的には買い手がつきやすく、売却しやすい

ワンルームマンションは、アパート投資に比べると比較的少額から始めることができるうえに、空室リスクや賃料下落リスクなどが少ないのが大きな特徴です。

そのため、老後のために少額からコツコツと不労所得を得ておきたいという方には非常におすすめの不動産投資だと言えるでしょう。

また、よほど条件が相場に対して悪くなければ、不動産投資を終了したいときにも買い手がつきやすく、好きなタイミングで手放しやすいのも大きなメリットだと言えます。

ただし、デメリットも存在します。

それは、アパート投資に比べて、利回りが3%後半~5%弱と低くなってしまうことです。

また、一棟を丸々保有するわけではないので、建物管理に関する意思決定が自分だけではできず、管理組合の意向に左右されることがあるため、最終的には売却するしか出口戦略がありません。

ワンルームマンション投資が向いている人
  • まずは少額から不動産投資を始めてみたい人
  • 大きな利回りより安定した賃料収入を確保したい人

アパート投資が向いている人は?

アパート投資の特徴をまとめると以下になります。

◼︎アパート投資の特徴

  • アパート投資に比べると高額になる
  • アパート投資に比べると利回りが高い
  • 最終的には買い手がつきにくい

アパート投資は、ワンルームマンション投資に比べると高額になるものの、その分だけ高い利回りを狙うことができる点が大きなメリットでしょう。

また、融資の際に担保評価がつきやすかったり、ワンルームマンションに比べて減価償却費が多く計上できることから節税効果が期待できるので、高年収の方にとっては節税メリットもあります。

そのため、不動産投資で年間賃料収入を1千万円~3千万円程度まで拡大していきたいという方であれば、アパート投資を選択肢として検討しても良いと言えるでしょう。

一方でデメリットとして、ワンルームマンションに比べて売却がしづらいことが挙げられます。

また、ワンルームマンションに比べて地方に建てることが多いため、どうしても空室リスクが高くなってしまうことや物件の金額が大きいため、初期費用が高くなってしまうこともデメリットとして挙げられるでしょう。

ワンルームマンション投資が向いている人
  • 物件の金額が高くなっても高い利回りを実現したい人
  • 将来的に月1千万〜3千万円ほどの家賃収入を実現したい人

都心マンション一棟買いという選択肢もあり

ワンルームマンションとアパートを比較したときに問題としてそれぞれ挙げられた「ワンルームマンション投資は利回りが低い」「アパート投資では空室リスクが高い」という問題は、都心のRC造マンション一棟を購入することで解決できる可能性ができます。

都心のRC造マンションであれば、ワンルームマンション同様に空室リスクが少なくなりますし、アパート同様に一棟買い投資となるので利回りも5%前後を狙いやすくなるんです。

また、融資の際の担保評価もつきやすいですので、高額の借り入れをするのも不可能ではないでしょう。

ただし、当然デメリットも存在します。

都心のRC造マンションは、一件あたりの物件金額が2億円〜3億円という大きな規模になってしまうのが最大のデメリットです。

また、その高額さから売買の流動性が低く、売却するのに時間がかかる可能性があります。

さらに2020年現在、都心のRC造マンション一棟を専門的に扱う不動産業者が多くないため、業者によって当たり外れが非常に高くなってしまうのもデメリットだと言えるでしょう。

都心のRC造マンションが向いている人
  • 不動産投資に頭金として数千万円の自己資金を投入できる人
  • アパート投資よりもリスクの少ない物件に切り替えたい人

不動産投資をするなら資金調達が重要

今回はワンルームマンション投資とアパート投資について解説してきましたが、どちらの投資を選ぶにしてもまずは資金調達が非常に重要になります。

頭金で多額の資金を入れることができれば、その分ローンの金額を少なくすることができるので、それだけ資金を回収するまでの時間が早くなるんですね。

つまり、不動産投資では、いかに早期にローンを終わらせ、資金回収までの時間を早くするかが大きなポイントになるということです。

そして、頭金を調達するのであれば、投資を利用してお金でお金を生み出すのことをオススメします。

投資であれば、会社で得た給料などを利用して、お金を貯めるよりもはるかに早く資金調達をすることが可能になるんです。

では、投資で資金調達をするとして、一体どのような投資がおすすめなのでしょうか。

投資をするうえで意識してもらいたいのは、「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントを押さえているということです。

そこで最後にこの3つのポイントを押さえた私がおすすめする投資を皆さんに紹介したいと思います。

バイナリーオプション

私がオススメしている投資とは「バイナリーオプション」という投資で、投資初心者が絶対に押さえておいてほしい「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントを全て押さえている投資です。

しかも「しっかり稼ぐ」こともできる投資なんです。

バイナリーオプションとは、世界各国の通貨と通貨を交換する取引である外国為替取引を利用した投資で、上記の3つのポイントを押さえていることから比較的初心者に取り組みやすい投資だと言われています。

仕組みも非常に簡単で、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測するだけです。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格が、1ドル100円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

少額から取り組める

バイナリーオプションは非常に少額から取り組める投資のうちのひとつで最低1,000円から取り組むことができます。

1,000円であれば学生でも十分取り組むことができますよね。

しっかり稼げる

バイナリーオプションは2択の投資ですが、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

例えば、ペイアウト率が1.85倍の時に1,000円投資して、予想が当たれば1,850円のペイアウトを得ることができるので、850円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、1,850円ではなく850円の利益です)

一定の勝率を維持して勝ち続けることができれば、予想が当った場合に投資金額の1.8倍〜2倍の資金が増えていくわけですからしっかりと稼ぐことができます。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本(自分の元手資金)以上の損失を負う可能性がないんです。

基本的に投資では、どれだけローリスクだと言われている投資でも元本以上の損失を出してしまう可能性があります。

よくメディアで「FXで自己破産!」などと報道されていますが、これは元本以上の損失を出してしまい、損失分のお金が払えないことで起きる現象です。

これは損失が自分の元本を超えた金額となってしまうことが問題なのであって、元本の中で済むのであれば、自己破産や借金は避けられます。

バイナリーオプションであれば、元本以上の損失を負うということはありませんので、安心して取引をすることができます。

仕組みが簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

よく副業としておすすめされているものにFXの自動売買ツールがありますが、確かにシステム頼りで何もしなくても良い自動売買ツールに比べると手間がかかってしまいます。

しかし、この手間が逆に高いリターンをもたらす可能性があります。

サインツールであれば、自分の裁量を加えながらトレードを行うこともできるので、サインが出たとしても、今エントリーすべきでないと思えばエントリーを避けることもできます。

このひと手間が結果としてシステムに依存する自動売買ツールよりも高い勝率を目指すことだって可能にするんです。

バイナリーオプションでオススメの業者

バイナリーオプションでダントツで人気となっている業者に「ハイローオーストラリア」という業者があります。

ハイローオーストラリアであれば、18歳から取引をすることができるので未成年でも十分に取引をすることが可能です。

また、ハイローオーストラリアは海外に所在地をおく海外業者なのですが、とにかくトラブルなく日本からも取引が可能であり、多くの投資家がハイローオーストラリアを利用しているという信頼感があります。

海外のバイナリーオプションや投資取引に関連する企業は信頼性に問題ありと敬遠する動きも多いわけですが、ハイローオーストラリアはここがまず違います。オーストラリア証券投資委員会、ASICの厳しい審査に合格した上で、ライセンスの付与というお墨付きを得ているのです。

※ちなみにオーストラリアはコアラでも有名ですが、金融や証券投資に関する先進国という呼び声の高い国でもあります。

第二に、ハイローオーストラリアはナショナル・オーストラリア銀行という非常に格式高く信頼性のある銀行を取引銀行としています。世界水準で信頼性の高い銀行を資金管理のメインバンクとしているわけです。これも、世界各国の投資家から信頼できる業者として認定されている大きな理由です。

簡単に言ってしまえば少し前に国内であったような「客先から預かっている仮想通貨を盗難され、投資家への返金も難しい状況です」といった事例が極めて起こりにくく、また万が一の際の保証もきちんとしているのがハイローオーストラリアのいいところです。

ハイローオーストラリアの登録は無料なうえ、3分で完了しますので、興味があればぜひ口座開設をしておくことをオススメします。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

【まとめ】不動産投資は計画的に

今回はワンルームマンション投資とアパート投資について解説してきました。

最後におさらいをしておきましょう。

比較項目 ワンルームマンション投資 アパート投資
物件価格 ◎ 物件の取得価格が低い(1,000万円~3,000万円) × 物件の取得価格が高い(5,000万円~1億円前後)
利回り × 利回りが低い(都内・新築3%~5%) ◎ 利回りが高い(都内・新築5%~7%)
賃料以外の収入 × なし ○ あり(自動販売機の収益など)
立地 ◎ 都心の駅徒歩10分以内など好立地 × 郊外や地方の物件が多い
空室リスク ◎ 好立地であれば非常に低い × マンションに比べると空室リスク高い
融資審査 ◎ 融資額が少ないため、審査が通りやすい × 融資額が多いため、審査が比較的厳しい
取得費用 ◎ 数十万円~百万円程度 × 数百万円~一千万円程度
修繕費用 ○ 修繕費用の規模が少ない × 修繕費用の規模が大きい
費用計上 × コストコントロールが難しい ○ コストコントロールが可能
賃料下落 ◎ 都心であれば下落スピードは緩やか × マンションに比べて賃料下落が大きい
建物の裁量 × 管理組合で決定する ◎ 自分で意思決定できる
償却期間 × 一度の減価償却額が少ない ○ 一度の減価償却額が大きい
物件の流動性 ◎ 流動性が高い(売りやすい) × 流動性が低い(売りにくい)
出口戦略 × 出口戦略は売却がほとんど ◎ 出口戦略が複数ある

 

◼︎ワンルームマンション投資の特徴

  • アパート投資に比べると少額から始めることができる
  • アパート投資に比べると利回りが低い
  • 最終的には買い手がつきやすく、売却しやすい
ワンルームマンション投資が向いている人
  • 物件の金額が高くなっても高い利回りを実現したい人
  • 将来的に月1千万〜3千万円ほどの家賃収入を実現したい人

◼︎アパート投資の特徴

  • アパート投資に比べると高額になる
  • アパート投資に比べると利回りが高い
  • 最終的には買い手がつきにくい
ワンルームマンション投資が向いている人
  • 物件の金額が高くなっても高い利回りを実現したい人
  • 将来的に月1千万〜3千万円ほどの家賃収入を実現したい人

ワンルームマンション投資とアパート投資のどちらを始めるにしても重要なのは、投資の資金を集めることです。

最後におすすめしたバイナリーオプションであれば、投資をするうえで絶対に押さえたい「ローリスク」「少額から取り組める」「仕組みが簡単」という3つのポイントを全て押さえている投資ですので、不動産投資の資金調達のために利用するには最適です。

ちなみにハイローオーストラリアでは、架空の資金を利用するデモトレードもおこなうことができるので、まずはデモトレードでバイナリーオプションについて学んでみても良いかもしれません。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

私のLINEでは、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder