投資

投資をするならポートフォリオを作ろう!計画的に資産運用をするための方法を解説

投資を始めるうえでもっとも重要なことは、「どのような投資先にいくら投資をするか」投資の計画を立てることです。

なぜなら投資の計画を立てて資産を運用すれば、投資計画を立てずに資産を運用した場合に比べて効率よく資産を運用することができるからです。

 

なので、投資をするのであれば、投資の世界で「ポートフォリオ」と呼ばれる投資計画の作り方を学ぶことをおすすめします。

この記事ではポートフォリオの組み方からメリット、効果までを解説していきますので、ポートフォリオについてしっかり学んでいくことができるでしょう。

 

ポートフォリオを組むのは簡単ではないですが、時間を割いて考える価値があるので、以下より学んで実践してみてください。

 

ポートフォリオとは?

ポートフォリオとは、購入する投資商品の組み合わせのことを言います。

最大の特徴は大まかに何を購入するかということではなく、購入する商品の具体的な組み合わせだということです。

 

株であれば、どの銘柄を何株もつかという詳細な部分まで検討していくことになります。

なので、ポートフォリオを作るためには、

 

「大まかな資産運用の組み合わせ」を決める

「詳細な資産運用の組み合わせ」を決める

 

というように順を追って検討していく必要があるんです。

なお、「大まかな資産運用の組み合わせ」をアセットアロケーションといいます。

ポートフォリオ:詳細な資産運用の組み合わせ

アセットアロケーション:大まかな資産運用の組み合わせ

 

ポートフォリオのメリット

ポートフォリオを作るメリットとして挙げられるのが

・効果的な運用が可能

・分散投資がやりやすい

・リスクコントロールが簡単

です。

以下でひとつずつ解説していきます。

効率的な運用が可能

まず、ポートフォリオでは、詳細な資産運用の組み合わせを決めるために「目標利回り」を決める必要があります。

利回りとは、投資した金額に対する収益割合を1年間の平均で表した割合のことで、簡単に言えば1年間でどのくらいお金が増えるかを示す指標です。

 

つまり、利回りが高いほどお金が増えやすくハイリスクになり、利回りが低いほどお金が増えにくくローリスクになります。

 

目標利回りを決定することで、漠然と投資するわけではなく、目標金額を稼ぐためにどのように投資をしていくか考え、戦略的に投資を行うことができます。

また、目標利回りに届かなかった時には、どの投資先が足を引っ張っているのかが一目瞭然になります。

 

このようにポートフォリオを作ることで、効率的に投資をすることができるでしょう。

 

なお、ここで解説した利回りについては、こちらの記事で詳しく解説していますので読んでみてください。

投資の利回り
投資初心者でも分かる利回りとは?利回りが高いおすすめの投資も紹介現在の日本では、銀行の金利が下がり、貯金をしていてもお金が増えない時代になりました。 そこで注目されているのが「投資」です。 最...

 

分散投資がやりやすい

投資の世界でローリスクかつ確実に利益を出していくためにもっとも有効だと言われているのが、「分散投資」です。

分散投資とは、ひとつの投資先にだけでなく、複数の投資先に投資をする手法のことを言います。

 

例えば、株式投資をしている場合、違う銘柄を購入しておくという分散方法もありますし、株式投資以外の投資(投資信託やFXなど)に分散させるということもできます。

 

もし、仮に分散投資をしなかったとすると、投資先の企業が経営状況の悪化やスキャンダルを起こし、株価が大暴落した場合、間違いなく取り返しのつかないほどの大損をしてしまうでしょう。

一方で分散投資をしていれば、ひとつの銘柄が大暴落したとしても、他の銘柄がカバーしてくれる可能性もあるはずです。

 

このようにひとつの投資先にだけ資金を集中させているのはハイリスクなので、分散した方が圧倒的にローリスクになるというのが分散投資が良いとされている理由です。

 

この分散投資を効率的に組めるのが、ポートフォリオを作るメリットになります。

目標利回りを決めて、目標利回りに達するように分散投資をしていくことでより効率的な分散投資ができるでしょう。

 

リスクコントロールが簡単

投資には大なり小なり必ずリスクが伴います。

ポートフォリオを作れば、どのくらいのリスクの商品をどの程度購入するか事前に検討できるので、リスクに合わせて資産運用を行うことが可能になるんです。

このメリットは平常時だけではなく、金融危機などの際にも有効です。

 

ポートフォリオを作っていなければ、自分の保有する投資商品がそれぞれどのくらいリスクがあるものかを理解できないので、場当たり的に対処することになってしまいます。

しかし、ポートフォリオを作っていれば、ハイリスクなものだけを手離すといった効率的な対処をすることができるんです。

 

長く投資をしていれば、危機的な状況は必ず訪れるものなので、そのような状況に対応できるようになるのでポートフォリオを作るメリットだと言えるでしょう。

 

ポートフォリオの作り方

ポートフォリオを作るメリットを理解できたら、次はポートフォリオの作り方を学んでいきましょう。

ポートフォリオを作るためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

・投資商品のリターンとリスクを理解する

・投資する金額と目標金額を決める

・目標を達成する期間を決める

投資商品のリターンとリスクを理解する

投資商品には大きく分けて

・ローリスク・ローリターン

・ミドルリスク・ミドルリターン

・ハイリスク・ハイリターン

のタイプがありますが、ポートフォリオを作る前に、まずは投資しようとしている投資商品がどれくらいの「リターン」と「リスク」があるのかを理解しておく必要があります。

ここではそれぞれのタイプ別に投資商品の例を出しておきますので、自分が投資したい投資商品のリスクとリターンを把握しましょう。

ローリスク・ローリターン

ローリスク・ローリターンの投資として挙げられるのは

・国内債券

・先進国債券

・金

・国内株式(運用益)

・国内REIT

などです。

ミドルリスク・ミドルリターン

ミドルリスク・ミドルリターンの投資として挙げられるのは

・国内株式(売却益)

・先進国株式

・先進国REIT

などです。

ハイリスク・ハイリターン

ミドルリスク・ミドルリターンの投資として挙げられるのは

・新興国債券

・新興国株式

などです。

 

投資する金額と目標金額を決める

次に投資する金額と、最終的にリターンとして得たい目標金額を決めていきましょう。

初期投資金額を検討するのはもちろんですが、その後一定期間(毎月など)に渡って投資資金を積み立てていく場合は、積立金額も計算していく必要があります。

 

目標を達成する期間を決める

自分が投資できる金額と目標金額を決めたら次は目標を達成する期間を決めていきます。

 

例えば、毎月1万円を投資できると分かったとして、目標は150万円だとします。

そして10年間で目標を達成できれば良いと考えた場合、必要な利回りは4.3%になります。

引用:金融庁

つまり利回りが4.3%になるように投資商品を組み合わせていけば良いと言うわけです。

ではこの目標を5年で達成しようとするとどうなるでしょうか。

引用:金融庁

 

なんと33%もの利回りが必要になります。

33%の利回りを実現するためには、かなりのハイリスク・ハイリターンの投資を多く組み込む必要があるでしょう。

 

それだけのリスクが許容できないとすれば、投資金額か目標を達成するまでの期間を見直す必要があります。

 

このように、投資資金と目標金額、目標期間を設定して検証を繰り返せば、自分が許容できるリスクと得たい金額のバランスの取れたポートフォリオを作ることができるようになります。

ぜひ自分に合ったポートフォリオを検証してみてください。

ローリスクなポートフォリオでも稼げる投資

投資では、高い利回りを実現するために、どうしてもハイリスク・ハイリターンの投資を組み込む必要があります。

 

しかし、いくら投資にリスクがつきものだと言っても、高いリスクはなるべく避けたい思っている人は少なくないと思います。

そこでおすすめなのが、ローリスクな投資商品を中心にポートフォリオを作ったうえで、ひとつ短期間で一気に稼げる投資を入れておくことです。

あくまでベースは時間をかけて安全に目標金額を達成していけるポートフォリオを組みつつ、組み込んだ稼げる投資がうまく機能すれば想定以上に短期間で目標を達成できると言う仕組みになります。

 

では、その短期間で稼げる投資にもっとも適しているのはどのような投資なのでしょうか。

最後に私のおすすめの投資をご紹介したいと思います。

バイナリーオプション

私がおすすめする投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

このバイナリーオプションは、短期間で大きく稼げる投資であるにも関わらず、非常にローリスクな投資なので、ポートフォリオに組み込んだとしても大きな損失を出す可能性も低く、うまく機能する可能性が高い投資です。

 

以下で解説していきます。

 

短期間で稼げる

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので短期間で稼ぐことができるのです。

 

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元手資金以上の損失を負う可能性がないんです。

 

同じように短期間で稼げる投資だと言われている株式投資やFXなどは、リスクの差はあるものの運用を失敗すれば元手資金以上の損失を負う可能性があります。

 

その点バイナリーオプションは元手資金以上の損失を負う可能性がない分ローリスクなので、ポートフォリオに組み込んでも安心できます。

 

少額からできる

バイナリーオプションは国内業者の場合であれば最低50円、海外業者の場合であれば最低1,000円から始めることができます。

バイナリーオプションは少額からでも十分稼げる投資なので、ポートフォリオに組み込むのは少額で構いません。

 

少額組み込むだけであれば、バイナリーオプションで仮に損失を出したとしてもベースのポートフォリオの邪魔にはならないでしょう。

 

手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

ただでさえ仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば投資初心者でも簡単かつ多額の利益を狙っていくことが可能になるのです。

 

【まとめ】投資は計画的に

ポートフォリオがなくても資産運用は行うことができますが、作成した方がより効率的に投資を行うことが出来ます。

 

最後にご紹介したバイナリーオプションも手軽に出来る特性上、際限なく投資していまい気付いたら損失が膨らんでいたと言う話もよく聞きますが、ポートフォリオを作って投資をすれば決められた金額の中で運用することが出来るので、安心して取り組むことができるでしょう。

 

最初はポートフォリオを作るのは少し難しいと思いますが、シミュレーションなどをうまく活用して検証をやってみてください。

 

私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder