副業

副業でできる営業代行とは?メリット・デメリットも徹底解説

副業をやろうと思ったときに、「自分が本業で培ったノウハウを副業で活かせないか」と考える人は多いのではないでしょうか?

実際に自分が培ってきたノウハウを利用して副業を始めることができれば、新しく学び直す必要もないですし、スムーズに副業を始めることができます。

 

ただし、Webエンジニアなどの分かりやすいスキルがある職業ではなく、営業職などを本業としている人からすると、副業に自分のノウハウを活かせるのか不安ですよね。

 

実は営業職の方が自分のスキルを活かして取り組める副業として「営業代行」という仕事があります。

営業代行であれば、営業をやっている人が自分の強みを生かして副業として稼いでいけるんです。

 

そこで今回は「営業代行」の副業がどのようなものか、またメリット・デメリットを徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、今営業職を本業としているあなたが、本当に営業代行をやるべきかどうかが分かります。

 

営業代行とは?

営業代行とは、正社員として営業職をおこなうのではなく、業務委託などの形で依頼を受けた企業の商品やサービスをその企業の営業マンに代わって販売するという副業になります。

仕事内容としては、一般的な営業職と全く同じで、テレアポや訪問営業、クロージング営業などです。

報酬体系は、成果報酬型のものが多く、成功を収めれば本業で培った営業ノウハウを活かして大きく稼ぐことができます。

なぜ企業は営業代行を求めるのか

企業が営業代行を求める理由は「コストと時間を削減するため」「経験がある営業マンを確保するため」です。

 

一般的に企業がまともに働ける営業職を一から育てようと思うと、どうしても時間と、研修や教育費などのコストがかかってしまいます。

しかし、営業代行を利用すれば、育成にかかるコストと時間を全て削減して、すぐに営業活動をスタートすることができるんです。

 

また、いくら社内で営業職を育成したからと言って、必ず結果が出せる営業が育つわけではないので、優秀な営業マンを確実に確保できるのが、企業側から見た営業代行の魅力だと言えるでしょう。

さらに、経験ある営業マンであれば、それまでの経験から豊富な人脈を持っていることも多いので、その人脈の恩恵を受けることができるという点も営業代行の魅力的な点です。

 

このような理由から、営業代行を必要としている企業は思っている以上に多いので、これから本業のスキルを活かして営業代行をやりたい人には十分に活躍できる環境が整っているんです。

営業コンサルとは?

営業職のスキルを利用してできる副業は決して、営業代行だけではありません。

もうひとつの形として「営業コンサル」という働き方があります。

 

営業コンサルとは、営業支援という形で現場に入ったり、営業支援で入った会社の社員に対して研修などの講義をおこなう働き方です。

簡単に言えば、営業コンサルは、自分が営業するのではなく、依頼を受けた企業の社員を育てていくことが仕事になるというわけですね。

 

現実的には、営業コンサルをおこなうことが可能なほどの高い実績が必要となるため、最初から営業コンサルをおこなうことはできないかもしれませんが、ある程度実績を積み上げれば、営業コンサルという形を考えてみても良いでしょう。

営業代行の始め方

営業代行を始める方法は大きく分けて2つです。

営業代行を始める方法
  • (1)クラウドソーシングサイトや副業サービスに登録する
  • (2)自分の力で開拓する

(1)クラウドソーシングサイトや副業サービスに登録する

営業代行の仕事は、クラウドソーシングサイトや副業サービスにで募集されている場合が多いので、各サービスに登録するのが営業代行を始める一番の近道です。

特に最近では、先ほどお話ししたように営業代行の需要が増えていることと、副業が認められる世の中になっているということから、営業代行に特化したクラウドソーシングサイトも登場してきています。

kakutokuのページ

引用:kakutoku

上記の画像のサイトは、kakutokuという営業代行に特化したクラウドソーシングサイトで、現在会員数は7,366人となっています。

これだけ、営業代行をやりたい方は多くなっているということですね。

 

まずは、このようなクラウドソーシングサイトに登録して案件を受注するところから始めることをおすすめします。

(2)自分の力で開拓する

すでに案件を自力で受注できる人脈をお持ちの方は、自分の力で営業代行先を開拓するのも良いでしょう。

中にはセミナーなどに参加して、人脈を形成することで仕事を受注している人もいるようでうです。

 

クラウドソーシングサイトに登録して仕事を受注するとどうしても手数料を引かれてしまいますが、自分で直接契約する場合は、受注金額は全て手元に入るお金になります。

自分で受注できる力がある人やすでに高い実績をお持ちの方は、自分の力で得意先を開拓しても良いでしょう。

営業代行のメリット

次に営業代行のメリットをお話ししていきます。

営業代行のメリットは、大きく分けて以下の3点です。

営業代行のメリット
  • (1)既存のスキルを最大限に活かせる
  • (2)最低限の準備ですぐに始められる
  • (3)人脈形成やスキルUPなど営業マンとして成長できる

(1)既存のスキルを最大限に活かせる

副業を始める場合、多くの人が今までやったことのない分野に挑戦することになるため、ゼロかから学び、新しくスキルを身につけていくことになりますが、営業代行の場合、元々営業マンとして培ったスキルをそのまま利用することができます。

本業で十分成功しているのであれば、既存のスキルを最大限に活かして稼ぐことができるでしょう。

 

副業を始める場合、ゼロから新しいスキルを身につけていく段階で、心が折れてしまう人も少なくありません。

営業代行の場合、始める段階でつまづかずに、副業をスタートできるのは大きなメリットでしょう。

(2)最低限の準備ですぐに始められる

すでに営業のノウハウがある以上、営業代行をするうえで必要なのは、営業代行先で販売する商品の予備知識だけです。

どうしても副業は本業の合間にやるという特性上、多くの勉強時間を確保するのは難しいので、最低限の準備ですぐに始められるのは大きなメリットでしょう。

(3)人脈形成やスキルUPなど営業マンとして成長できる

営業代行をやっていると、仕事を通じて人脈が増えたり、売ったことのない商品を売る経験をすることで営業としてスキルUPしていきます。

例えば、営業代行をしなければ出会えなかった業種の方や、会社の経営者の方など様々な人と仕事をする機会も増えますし、普段扱わない製品を販売するために異業種のことを学んだり、多くの経験を得ることができますよね。

営業職としてのスキルを向上させれば、副業代行の仕事に役に立つのはもちろんですが、結果として、培ったスキルは本業にも大いに役に立つはずです。

 

副業を通じて本業のスキルを伸ばせるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

営業代行のデメリット

営業代行にも当然デメリットが存在するため、次は営業代行のデメリットについてお話しします。

営業代行のデメリットは以下の4点です。

営業代行のデメリット
  • (1)会社にバレる可能性がある
  • (2)休日も営業をする必要がある
  • (3)営業ならではの辛さ
  • (4)働き方次第ではプライベートに支障が出る

(1)会社にバレる可能性がある

営業代行に限らず、副業全般に言えることですが、会社にバレる可能性があるということは十分理解しておきましょう。

いくら副業が認められる世の中になってきたとは言え、副業禁止の会社もまだまだ多く、実際に日本経済新聞のアンケートでは、東証一部企業の5割程度は副業禁止だという統計が出ています。

規則を破って副業していることがバレてしまうと、最悪解雇の可能性もありますので十分注意してください。

 

また、副業OKな会社だったとしても、副業をしていることをよく思う人も多くはなく、社内イメージが大事な営業マンとしては、会社にバレると本業に支障が出ますので、他の業種に比べると副業がバレるリスクが特に高いと言えるでしょう。

 

以下の記事にて副業が会社にバレない方法を解説していますので、必ず読んでおくことをおすすめします。

副業バレないのトップページ
副業が会社にバレない方法とは?会社に内緒で副業をやる方法を徹底解説!近年は国が副業を解禁するような流れもあり、副業を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし、いくら世間で副...

(2)休日も営業をする必要がある

副業で営業代行ができるほどのスキルを持っているのであれば、社内での仕事量も決して少なくないと思いますが、仕事が終わった後や休日にさらに営業をするというのは体力的にキツい部分も出てきます。

また、他の副業であれば、本業とは全く違うことをやることになるので、気持ちも切り替えられるかもしれませんが、本業と全く同じことを休日にもやるのは精神的にもキツいでしょう。

(3)営業ならではの辛さ

営業職には営業職特有の商品が売れなかったり、冷たくあしらわれるという辛さがあることは皆さんも本業で十分理解されていることでしょう。

副業で営業代行をやるのであれば、このような辛さを仕事終わりも休日も味わうことになります。

 

また、本業で優秀な営業マンだったとしても、販売する商品が変われば、全く通用しない可能性もあるので、普段営業が辛くないから大丈夫だと判断するのは危険です。

実際に本業では優秀だと言われている方が、全く売れずに営業先では冷たくあしらわれるという状況は精神的に辛いでしょう。

(4)働き方次第ではプライベートに支障が出る

在宅で取り組める副業とは違い、営業代行はあくまで外に出ていって働くという働き方なので、働き方次第ではプライベートに支障が出てくる可能性があります。

休日に休まず働き続けて、プライベートに支障が出てしまえば、いくら稼げたとしても意味がありません。

副業はあくまで自分を豊かにするものであり、副業のせいで自分の生活が壊れてしまっては意味がないということを忘れないようにしてくださいね。

本当に営業代行をやるべきか?

ここまで営業代行についてお話ししてきましたが、自分のスキルを活かしたいという理由だけで営業代行を副業として始めるのは非常に危険です。

デメリットの項目でもお話ししましたが、休日に営業をするのは体力的にも精神的にも辛いんです。

そして、最終的にプライベートに支障が出てしまいます。

 

あくまで副業をやるのであれば、プライベートに支障が出ない程度に無理なく継続して続けていくことが大事なので、営業代行はおすすめできる副業ではありません。

では、どのような副業をすれば良いのか?

 

結論から言うと僕がおすすめするのは「投資」です。

投資は自分自身ではなく、お金に働いてもらってお金を稼ぐというものなので、副業で取り組んだとしても無理なく続けることができます。

また、在宅で取り組むことができるので、体力的に負担がかからないのも副業向きだと言えます。

 

ただし、投資といっても様々な種類があるので、初心者が投資を始めるのであれば、初心者に適した投資を選ばなければ大きな損をする可能性があるんです。

初心者に意識してほしいポイントは「しっかり稼げる」「ローリスク」「簡単」という3つのポイントで、稼げないと継続して続けられませんし、初心者なら簡単でローリスクな投資から始めるのがおすすめですね。

 

最後にこの3つのポイントを押さえた投資を紹介しておきますので、興味がある人はぜひ一緒に投資で稼いでいきましょう。

バイナリーオプション

先ほど紹介した「しっかり稼げる」「ローリスク」「簡単」という3つのポイントを押さえている投資とは「バイナリーオプション」という投資です。

 

バイナリーオプションとは、世界各国の通貨と通貨を交換する取引である外国為替取引を利用した投資で、上記の3つのポイントを押さえていることから比較的初心者に取り組みやすい投資だと言われています。

 

仕組みも非常に簡単で、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測するだけです。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格が、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼げる

バイナリーオプションは2択の投資ですが、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

例えば、ペイアウト率が1.85倍の時に1,000円投資して、予想が当たれば1,850円のペイアウトを得ることができるので、850円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、1,850円ではなく850円の利益です)

 

一定の勝率を維持して勝ち続けることができれば、予想が当った場合に投資金額の1.8倍〜2倍の資金が増えていくわけですからしっかりと稼ぐことができます。

 

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本(自分の元手資金)以上の損失を負う可能性がないんです。

 

基本的に投資では、どれだけローリスクだと言われている投資でも元本以上の損失を出してしまう可能性があります。

よくメディアで「FXで自己破産!」などと報道されていますが、これは元本以上の損失を出してしまい、損失分のお金が払えないことで起きる現象です。

 

これは損失が自分の元本を超えた金額となってしまうことが問題なのであって、元本の中で済むのであれば、自己破産や借金は避けられます。

バイナリーオプションであれば、元本以上の損失を負うということはありませんので、安心して取引をすることができます。

 

仕組みが簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

 

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

よく副業としておすすめされているものにFXの自動売買ツールがありますが、確かにシステム頼りで何もしなくても良い自動売買ツールに比べると手間がかかってしまいます。

 

しかし、この手間が逆に高いリターンをもたらす可能性があります。

 

サインツールであれば、自分の裁量を加えながらトレードを行うこともできるので、サインが出たとしても、今エントリーすべきでないと思えばエントリーを避けることもできます。

このひと手間が結果としてシステムに依存する自動売買ツールよりも高い勝率を目指すことだって可能にするんです。

 

【まとめ】営業代行はデメリットも理解して取り組もう

今回は営業代行について徹底的に解説してきました。

営業代行は、確かに本業で営業職をやっている方が既存のスキルを利用して取り組める副業なので、営業職をされている方には大きなメリットがあります。

営業代行のメリット
  • (1)既存のスキルを最大限に活かせる
  • (2)最低限の準備ですぐに始められる
  • (3)人脈形成やスキルUPなど営業マンとして成長できる

しかし、営業代行には以下のようなデメリットも存在するんです。

営業代行のデメリット
  • (1)会社にバレる可能性がある
  • (2)休日も営業をする必要がある
  • (3)営業ならではの辛さ
  • (4)働き方次第ではプライベートに支障が出る

正直、自分のスキルを活かしたいという理由だけで営業代行を副業として始めるのは非常に危険です。

休日に営業をするのは体力的にも精神的にも辛いので、最終的にプライベートに支障が出てしまう可能性が高いと言えます。

あくまで副業をやるのであれば、プライベートに支障が出ない程度に無理なく継続して続けていくことが大事だと言うことを忘れないようにしてください。

だからこそ営業代行をやるのであれば、このようなデメリットを理解したうえで取り組むことをおすすめします。

 

個人的には投資がおすすめです。

そして、投資をやるのであれば、最後に紹介した「バイナリーオプション」をおすすめします。

副業で投資をやるうえで重要な、

  • しっかり稼げる可能性がある
  • ローリスク
  • 仕組みが簡単で手間がかからない

という3つの要素を含んだ投資であるため、副業で取り組むにはピッタリです。

 

私のLINEでは、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder