投資初心者でも怖くない株主優待!仕組みから銘柄選びまで徹底解説

「株式投資をしていると優待を受けれるらしい」

株式を購入して、株主になると「株主優待」という優待を受けることができます。

テレビでも大量の株主優待を利用しながら生活している投資家の方が取り上げられていたりしているので、株主優待の存在を知っている人も多いはずです。

株主優待でお得に生活できるなんて羨ましいですよね。

 

しかし、「株主優待」という存在は知っていても、どうすれば株主優待を受けることができるのか、その仕組みを知っている人は少ないのではないでしょうか?

実は、株主優待を受けるのは皆さんが思っているよりも簡単なんです。

 

そこで今回は、株主優待初心者向けに株主優待の仕組みを解説していきます。

また、よりお得な株主優待を受けるための株主優待の選び方も合わせて解説します。

この記事を読めば、株主優待を受けるためにどうすれば良いのか分かるので、あなたも株主優待を利用してお得な生活を送ることができるようになるでしょう。

以下より学んでみてください。

株主優待の仕組み

そもそも株主優待とは、各企業が株主に対して自社製品や優待券、金券などをプレゼントする制度です。

つまり、株式を購入して株主になっておけば、株主になっている企業の自社製品やその企業が運営するお店で使える優待券などがもらえるんです。

自社の株式を購入してくれた株主に対しての還元策の一種ですね。

諸外国ではあまり見ない制度で、お中元、お歳暮といった「贈り物文化」のある日本独自の株主還元策となっています。

株主優待をおこなっている企業

実は、全ての企業が株主優待をおこなっているわけではないんです。

株主優待を実施している企業は、2020年4月現在で、上場企業約3,700社のうちおおよそ1,500社になります。

だいたい上場企業のうち4割程度しか株主優待を実施していないと言うことですね。

株主優待を目当てに株式を購入するのであれば、購入しようとしている企業が株主優待を実施しているかどうか確認してから購入するようにしましょう。

株主優待のもらい方

では、実際に株主優待をどのように貰えば良いのでしょうか?

株主優待をもらうためのポイントは以下の3つになります。

株主優待をもらうためのポイント

・株式を購入する

・株式の最低必要保有数をクリアする

・権利付き最終日までに購入する

株式を購入する

まずは、株式を購入することです。

証券会社で口座を解説して、株式を購入することで株主優待を受けることができるようになります。

ちなみに証券会社は、

・ネット証券(店舗を持たないネット上の証券会社)

・総合証券(野村證券・みずほ証券など店舗を持つ大手証券会社)

の2つに分けることができます。

おすすめなのはネット証券です。

ネット証券は総合証券とは違い、店舗運営に手数料をかけていない分だけ手数料などが安く設定されています。

株式を購入するうえで手数料は安いに越したことはないので、ネット証券を利用するようにしましょう。

特におすすめのネット証券は「楽天証券」で、楽天スーパーポイントを利用して手軽に取引ができますし、手数料も安いのでおすすめです。

興味がある方はこちらの記事で解説していますので、ぜひ読んでみてください。

楽天証券でポイント投資
楽天証券でポイント投資!初心者におすすめの資金運用方法最近では、国が個人での資産形成を後押ししている背景もあり、投資についてメディアなどで取り上げられる機会が増えてきたので、投資を始めてみた...

株式の最低必要保有数をクリアする

株主優待を受けるためには、企業が定めた最低必要保有数以上の株式を購入する必要があります。

また、株主優待は、購入している株式の数によって優待内容が変わることも珍しくありません。

たとえば電化製品を扱う大手企業ビッグカメラでは最低必要保有数は100株以上と定められています。

そして、100株以上、500株以上、1,000株以上、10,000株以上といった4段階で優待の内容が変わっていくんです。

そのうえビッグカメラでは「1年以上保有」「2年以上保有」の株主に対して優待券を追加しています。

 

企業側もできるだけ多くの株式を長期で保有してもらうために努力しているということですね。

目当てにしている株主優待が何株以上の保有でもらえるのかなどは、事前にしっかりとチェックしておいたほうがいいでしょう。

権利付き最終日までに購入する

自分が受けたい株主優待を決めたら、その株主優待がもらえる企業の株式を「権利付き最終日までに購入しておく必要があります。

権利付き最終日とは?

権利付き最終日とは、その名のとおり株主優待の権利が発生する最終日のことです。

この日までに株式を購入していれば、優待が貰えるようになります。(権利付最終日翌日も保有しておく必要あり)

権利付き最終日を逃すと、二度と株主優待を受けれなくなるわけではありませんが、優待をもらう権利を得るために、次の権利付き最終日まで待たなくてはなりません。

通常であれば、企業の決算期が権利付最終日に設定されているので、3月末が権利付き最終日になっていることが多いです。

その後、およそ3カ月後の株主総会後に郵送などで届くのが通例となっています。

銘柄を選ぶポイント

先ほどお話ししたように、株主優待を実施している会社はおよそ1,500社ほどあります。

その中で、どの企業の株を買えば良いか判断するのは難しいですよね。

そこで、ここからは株主優待を選ぶためのポイントを解説していきたいと思います。

株主優待を選ぶためのポイントは以下の3つです。

株主優待を選ぶポイント

・自分が「使える」銘柄を購入する

・分散投資をする

・株価が下がったところで購入する

自分が「使える」銘柄を購入する

まずはあくまで自分が「使える」銘柄を購入するようにしましょう。

株主優待でよく配布されるチケット形式の株主優待などは使わなければただの紙切れです。

お店が近くにないなどの理由で優待を使えなければ、所有していても意味がないんです。

 

例えば、よくおすすめの株主優待として挙げられている「イオン」の株主優待を持っていたとしても、近くにイオンの店舗がなければ意味がありません。

イオンの株主優待

イオンの株主優待を受ければ、株主限定の「オーナーズカード」がもらうことができます。

イオンオーナーズカードを提示すれば、保有株数に応じて100万円までの買い物に対して割引が適用されます。(半年後にまとめてキャッシュバック)

割引は3%(100株以上)、4%(500株以上)、5%(1,000株以上)、7%(3,000株以上)なので、非常にお得で人気の株主優待です。

また、3年以上1,000株以上を長期保有すると1,000株で2,000円相当のイオンギフトカードも上乗せして進呈されます。

実際に受け取ることができる株主優待が本当に自分が使える優待なのかをリサーチしてから購入するようにしましょう。

世間でおすすめされていない優待でも、自分が使える優待なのであれば、保有しても良いと思います。

分散投資をする

株式投資に限らず、投資の世界ではひとつの投資先に投資するのではなく、様々な投資先に分散して投資をおこなう「分散投資」をするのが良いと言われています。

その理由は、ひとつの投資先に投資していた場合、その投資先で大損が出た場合でも他の投資先がカバーしてくれるのでリスクが低くなるからです。

 

株主優待においてもひとつの銘柄を保有するのではなく、分散して保有するようにしましょう。

万が一保有している銘柄の株価が暴落したとしても、カバーすることができます。

いくら株主優待を受け取っていたとしても保有している銘柄の株価が暴落して、それ以上の損失が出てしまえば意味がありません。

株価が下がったところで購入する

先ほどお話しした株主優待の権利が発生する日である権利付き最終日に向けて、株価は高騰していく傾向があります。

なぜなら権利付き最終日までに株式を保有しておきたい人が増えるので、駆け込み需要が発生からです。

 

そして、権利付き最終日の翌日である「権利落ち日」になると、駆け込み需要もひと段落することから株価が下落することがあるんです。

せっかく株主優待を手に入れても、元々の株価が下落してしまったのでは意味がありませんよね。

3,000円の優待券をもらおうとしたら、株価が10,000円も下落なんてことも、ないとは言えません。

株価の下落に巻き込まれないためにも権利付き最終日に株式を買うのはやめましょう。

 

おすすめの購入タイミングは、権利落ち日で株価が下がったところで購入することです。

このタイミングであれば、安い株価で購入できることが多いのでおすすめです。

しかし、実際に株主優待を手にするのは次の権利後のさらに3カ月先になるので、年に2回ならおおよそ9カ月後、年に1回の優待なら15カ月後となるので注意してください。

もっと株主優待を受けるために

ここまで株主優待について解説してきましたが、株主優待は私たちの日常を豊かにしてくれる非常に良いものです。

しかし、優良株になればなるほど、購入するために必要な資金が多くなってしまうので、なかなか沢山の銘柄を購入することができないのが悩みどころです。

また、分散投資のためにも複数の銘柄を保有した方が良いとお話ししましたが、現実的に予算が追いつかない方もいらっしゃると思います。

 

では、もっと沢山の銘柄を購入して様々な株主優待を受けるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

一番手っ取り早い方法は「投資」でお金を増やすことです。

 

ただ、株式を取引して利益を出していくのは、投資初心者には難易度が高いうえに株式投資自体はハイリスクな投資だと言われているのであまりおすすめできません。

投資初心者が取引を伴う投資を始めるのであれば、「ローリスクで」「少額から」「簡単」に取り組める投資を選ぶべきです。

 

最後に僕がおすすめする「ローリスクで」「少額から」「簡単」な投資をご紹介します。

投資でお金を稼いで、もっと株主優待が受けられるようになりましょう。

バイナリーオプション

ローリスクで少額から簡単に取り組める投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

また、バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるんです。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

 

株式投資で取引をすれば、元本以上の資金を失う可能性があります。

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

少額からできる

バイナリーオプションは国内業者の場合であれば最低50円、海外業者の場合であれば最低1,000円から始めることができます。

非常に少ない額から始めることができるので、精神的にも楽ですし、気軽に取り組むことができます。

簡単

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

【まとめ】投資で人生を豊かにしよう

日本独自のシステムである株主優待を利用すれば、普通に過ごすよりもお得に過ごすことができます。

せっかく日本という国に生まれたのですから、利用しないのは損です。

今回解説したポイントをしっかりと理解して、株主優待を利用していきましょう。

株主優待を受けるポイント

・自分が「使える」銘柄を購入する

・分散投資をする

・株価が下がったところで購入する

また、株主優待を受けるためには、たくさんのお金が必要です。

せっかく投資の世界に足を踏み入れるのであれば、投資のお金は投資で稼ぎましょう。

 

最後に紹介したバイナリーオプションであれば、投資初心者でもお金を稼ぎやすいのでおすすめです。

それだけではなくバイナリーオプションにも資金を投じることで自然と分散投資になりリスク低減につながります。

 

このように様々な投資を利用して人生を豊かに過ごせるように頑張ってください。

 

私のLINE@では、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

 

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder