副業

副業が会社にバレない方法とは?会社に内緒で副業をやる方法を徹底解説!

副業バレないのトップページ

近年は国が副業を解禁するような流れもあり、副業を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、いくら世間で副業が認められたとしても、自分の勤めている会社で副業が認められるかどうかは別問題ですよね。

 

副業を禁止しているのであればもちろん、副業をしていることが会社にバレたくないと思いますし、副業を禁止していなかったとしても、副業していることが上司の耳に入れば「副業する余裕があるなら本業をもっと頑張れ」なんて言われかねないため、副業を会社の人にバレたくないという方が少なくないはずです。

 

そこで今回は、副業をやっていることが会社にバレない方法を徹底的に解説していきます。

 

この記事を読めば、会社に副業をやっていることがバレるのが怖くて一歩を踏み出せない人も副業をできるようになるはずです。

 

是非、参考にしてみてください。

 

副業が会社にバレる原因とは?

まず皆さんに知って頂きたいのは、副業は対策をせずにおこなえば確実に会社にバレるということです。

黙っていれば分からないと考えている人も少なくないかと思いますが、そんなことはありません。

 

 

まずは副業が会社にバレる理由についてお伝えしていきたいと思います。

 

副業がバレる理由
  • 住民税からバレる
  • 本名でバレる
  • 会社内の噂でバレる
  • 同僚に目撃されてバレる

 

ひとつずつ解説していきます。

 

住民税からバレる

副業が会社にバレるパターンとして一番多いのが「住民税」です。

なぜなら、収入が発生した場合には必ず「確定申告」をおこなう必要があり、確定申告をしてしまえば、一番給料を多く払っている会社に住民税を通知する「住民税決定通知書」が通知されてしまうからです。

 

本業の会社に住民税の請求をされれば、本業の収入に対して異常に住民税が高いということが会社の社長あるいは経理などにわかってしまいます。

 

給料のわりに住民税が異常に高い理由は「会社以外で収入を得ている」以外ありませんので、会社からすれば、住民税の金額で副業をしていることが分かってしまうんです。

 

本名でバレる

副業の中には、ネットショップの運営など、どうしても本名を出す必要があるものもあります。

このような副業をしている場合、何かの拍子にインターネット上で自分の名前を検索された場合、すぐに検索に引っ掛かり、副業をしているのがバレてしまうんです。

 

インターネット上に本名を公開しないといけないようなビジネスは、副業としてやるべきではないでしょう。

 

会社内の噂でバレる

副業をやって稼げるようになると、どうしても誰かに副業の話をしたくなってしまいます。

 

友人や家族に話すのであれば良いかと思いますが、もし会社の同僚に話をしてしまえば、その同僚から社内に噂として広まってしまう可能性があるんです。

 

いくら信頼している同僚でさえ、ふとした拍子に誰かに話してしまうことは絶対にないわけではありません。

 

副業をしていることを隠し通したいのであれば、副業について会社の同僚に話すのはやめておきましょう。

 

同僚に目撃されてバレる

会社終わりに働きやすいからといって、会社近くで副業をしていた場合、同僚に目撃されてバレる可能性があります。

特に飲食店でバイトをしている場合などによくある出来事でしょうか。

 

副業がバレたくないのであれば、同僚に目撃されるような場所での勤務は避けるようにしましょう。

 

副業が会社にバレた場合

そもそも皆さんは会社に副業がバレてしまった時のことを考えたことがありますか?

 

おそらくあまり考えたことがない人が多いと思います。

では、副業が会社にバレた場合、一体どのような処分が下されるのでしょうか。

 

副業が会社にバレた場合
  • 注意
  • 減給
  • 解雇

注意

優しい会社であれば、副業禁止だったとしても注意で済む場合もあります。

ただし、会社内でのイメージは最悪になってしまうので、その後の会社生活が非常に過ごしにくくなることは間違いありません。

 

仕事一筋で頑張ってきた上の世代からすると、「副業=本業を本気でやっていない」と考える人も少なくありません。

処分としては優しいですが、出来れば避けたいことに変わりはありません。

 

減給

副業禁止の会社で副業をしているということは、就業規則違反にあたることが多いと思いますので、「減給」という処分が下されることもあるでしょう。

 

就業規則違反をしている以上、それがバレた時には罰則をうけることを覚悟しないといけないということですね。

 

解雇

就業規則違反の罰則の中でも、最も重たい処分が「解雇」です。

そんなことはあり得ないと考えたい気持ちも分かりますが、就業規則違反をしている以上、絶対にあり得ないとは言えません。

 

もし、解雇されたとしてもその後生きていくのに十分な収入があれば良いですが、そうでないなら生活していくことさえ困難な状態になります。

副業がバレたとしても解雇だけは絶対に避けたいところです。

 

会社に副業がバレない方法とは?

ここまで読んで頂いたということは、会社に副業がバレるのは絶対に避けなければならないことを十分に理解して頂けたと思います。

副業禁止の会社で副業がバレた場合、最悪解雇だと思うと非常に恐ろしいですよね。

 

 

また、冒頭でもお話ししましたが、副業禁止ではなかったとしても、仕事一筋で頑張ってきた上の世代からすると、「副業=本業を本気でやっていない」と考える人も少なくありませんので、サボっていると思われないためにも副業をやっていることはバレない方が良いです。

 

会社に副業がバレないためには、

  • 副業をしていることを同僚に言わない
  • インターネット上で本名を出すようなビジネスをやらない
  • 同僚に目撃されるような場所で働かない

というような基本的なことは必ず守ってください。

 

ただし、これだけでは一番問題となる「住民税」の問題が解決できません。

 

そこでここからは、会社に副業をやっていることがバレないために最も重要となる「住民税」の問題を解決する方法をお伝えしていきます。

 

住民税が会社に通知されてしまう問題を解決する方法は以下の2つです。

 

住民税が会社に通知される問題の解決策
  • 住民税の徴収方法を普通徴収にする
  • 投資で稼ぐ

 

ひとつずつ解説していきます。

 

住民税の徴収方法を普通徴収にする

会社に住民税が通知されることで副業をしているのがバレてしまうということは、逆に言えば会社に住民税の通知がいかないようにすれば、バレることはないということです。

 

実は、確定申告の際に住民税の納付方法を変更しておけば、会社に住民税が通知されなくなります。

 

住民税には、特別徴収と普通徴収の2つの納付方法があります。

特別徴収とは、給与の支払いしている人が給与取得者の登録がある自治体に対して納付する方法を言います。

一方、普通徴収とは、自分自身で自治体に住民税を納付する方法のことを言います。

 

住民税は、確定申告時になにも指定をしなければ、特別徴収されます。

これだと本業の会社に通知がいってしまうため、「普通徴収」を選択しましょう。

 

普通徴収を自治体が受け付けていない場合

ただ、自治体によっては、住民税の普通徴収を受け付けていない場合もあります。

その場合は、個人事業主として開業届を提出してください。

 

個人事業主であれば、副業で得た収入は「事業所得」になりますので、普通徴収を受け付けていない自治体でも普通徴収をおこなうことができます。

 

もし、自分の住んでいる自治体が普通徴収を認めていない場合、思い切って個人事業主としての開業届を提出しましょう。

デメリットはありませんし、副業のモチベーションUPにも繋がると思います。

 

副業所得20万円以下でも住民税を支払う

ネット上でよく間違って記載されているのが、副業収入が20万円以下であれば、住民税を支払う必要がないということです。

 

確かに本業の会社で年末調整をしてもらっているサラリーマンの場合であれば、副業収入20万円以下の場合、確定申告は必要ありません。

ただし、確定申告の必要がないからといって、住民税を支払う必要がないわけではないんです。

 

副業収入が20万円以下だったとしても、住民税の支払い義務はありますので、住民税の支払い手続きをおこなって、「脱税」にならないようにしてくださいね。

 

投資で稼ぐ

もうひとつの方法は投資で稼ぐということです。

この方法は、住民税が会社に通知されないようにするわけではなく、そもそも住民税が会社に通知されても問題ないようにするという方法になります。

 

ではなぜ投資で稼ぐと住民税が会社に通知されたとしても問題ないのでしょうか?

 

なぜなら投資は副業ではなく、「資産運用」に当たり、副業が禁止されている会社でも資産運用は認められている会社がほとんどだからです。

 

中には資産運用すらも禁止している会社もありますので、念のために就業規則は確認しておいてください。

 

つまり、就業規則に違反しているわけではないので、仮に会社に住民税が通知されたとしても全く問題ないということになります。

 

そもそもの副業選びの時点で「投資」を選んでおけば、住民税の問題を気にする必要も無くなるので、個人的には副業をするのであれば、投資をすることをおすすめしています。

 

副業に最適な投資とは?

では、実際に副業で投資をするのであれば、どのような投資がおすすめなのでしょうか。

 

個人的には、副業で投資をやるのであれば、第一条件は「手間がかからない」ことだと思っています。

本業で忙しい方が、小難しい仕組みを覚える必要があったり手間がかかる投資をするのは非常に難しいと思うからです。

 

そして、あまり投資に慣れていないのであれば、「ローリスク」というのもポイントになりますし、副業としてやる以上「しっかりと稼げる」ことも重要ですよね。

 

これらを踏まえると副業に最適な投資というのは、自ずと絞られてきます。

 

そこで最後に皆さんにこれらの条件を満たすおすすめの投資をご紹介したいと思います。

 

これから副業で投資をやりたいと思う方はぜひ参考にして取り組んでみてくださいね。

 

バイナリーオプション

個人的に副業として投資をやるなら「バイナリーオプション」が一番おすすめです。

 

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格が、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼げる

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍〜2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1,000円投資して、予想が当たれば2,000円のペイアウトを得ることができるので、1,000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2,000円ではなく1,000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍〜2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

 

ローリスク

まず最初のポイントである「ローリスク」です。

 

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本(自分の元手資金)以上の損失を負う可能性がないんです。

 

基本的に投資では、どれだけローリスクだと言われている投資でも元本以上の損失を出してしまう可能性があります。

よくメディアで「FXで自己破産!」などと報道されていますが、これは元本以上の損失を出してしまい、損失分のお金が払えないことで起きる現象です。

 

これは損失が自分の元本を超えた金額となってしまうことが問題なのであって、元本の中で済むのであれば、自己破産や借金は避けられます。

バイナリーオプションであれば、元本以上の損失を負うということはありませんので、安心して取引をすることができます。

 

仕組みが簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

 

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

よく副業としておすすめされているものにFXの自動売買ツールがありますが、確かにシステム頼りで何もしなくても良い自動売買ツールに比べると手間がかかってしまいます。

 

しかし、この手間が逆に高いリターンをもたらす可能性があります。

 

サインツールであれば、自分の裁量を加えながらトレードを行うこともできるので、サインが出たとしても、今エントリーすべきでないと思えばエントリーを避けることもできます。

このひと手間が結果としてシステムに依存する自動売買ツールよりも高い勝率を目指すことだって可能にするんです。

 

【まとめ】副業はバレない方が良い!

今回は会社に副業がバレない方法について徹底的に解説してきました。

最後に今回学んだことを復習しておきましょう。

 

副業がバレる理由
  • 住民税からバレる
  • 本名でバレる
  • 会社内の噂でバレる
  • 同僚に目撃されてバレる

 

会社に副業がバレないためには、

  • 副業をしていることを同僚に言わない
  • インターネット上で本名を出すようなビジネスをやらない
  • 同僚に目撃されるような場所で働かない

というような基本的なことは必ず守ってください。

そのうえで以下のことを守り副業がバレないようにしましょう。

 

住民税が会社に通知される問題の解決策
  • 住民税の徴収方法を普通徴収にする
  • 投資で稼ぐ

 

個人的には、そもそも副業選びの時点で「資産運用」に当たり、会社にバレたとしても問題ない「投資」をやるのがおすすめです。

 

そして、投資をやるのであれば、最後に紹介した「バイナリーオプション」をおすすめします。

副業で投資をやるうえで重要な、

  • しっかり稼げる可能性がある
  • ローリスク
  • 仕組みが簡単で手間がかからない

という3つの要素を含んだ投資であるため、副業で取り組むにはピッタリです。

 

もし、副業で少しでもお金を稼いでいきたいと考えているのであれば、ぜひやってみてくださいね。

 

私のLINEでは、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder