投資

太陽光発電投資は儲かる?失敗するパターンとリスクを解説

太陽光発電投資

「太陽光発電投資が儲かるらしい」

最近になって、このような話を聞く機会が増えてきました。

昔に比べると太陽光発電設備の設置費用が下がってきたり、国が個人の資産形成を後押しすることで、太陽光発電投資への注目を集めています。

この記事を読んでいるあなたも太陽光発電投資を始めてみたいと思っているのではないでしょうか。

そこで今回は、太陽光発電投資について詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読めば、自分が太陽光発電投資に向いているか分かるでしょう。

以下よりご確認ください。

太陽光発電投資とは?

太陽光発電投資とは、設置した太陽光発電設備から発生した電気を国に買い取ってもらうことで利益を狙っていく投資です。

太陽光発電投資

太陽光発電設備と言えば、元々持っていた土地に設置するイメージも強いですが、現在では土地付きの太陽光発電設備も販売されていたり、前オーナーが手放した中古の太陽光発電設備も販売しているので、土地を持っていない人でも取り組める投資へと変化してきています。

産業用太陽光発電と住宅用の違い

太陽光発電設備で言えば、住宅の屋根に設置されている設備を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

確かに最近は新築時より太陽光発電設備が組み込まれているパターンも多いですし、リフォーム時に太陽光発電設備を設置するパターンも多いです。

しかし、住宅に太陽光発電設備を設置すれば、太陽光発電投資ができるのかというとそうではありません。

実は、太陽光発電投資の世界では「住宅用太陽光(認定容量10kW未満)」と「産業用太陽光(認定容量10kW以上)」と厳密に区分されていて、住宅用は自宅で利用した後の「余剰電力」しか売却することができません。

一方で産業用は、全ての電力を売却することが可能です。

太陽光発電投資では、どれだけの電力を売却するかで投資の成果が変わってくると言われているので、投資として考えるのであれば、産業用太陽光発電設備を利用する方が良いでしょう。

太陽光発電の最新事情

冒頭で少しお話ししましたが、現在太陽光発電を取り巻く環境は大きく変化しています。

太陽光発電投資

太陽光発電投資をやるうえでは、電気の買取価格や制度など太陽光発電の最新事情を抑えておかないと失敗する可能性が高くなるので、必ず最新事情はチェックするようにしてください。

ここからは最新の太陽光発電の事情を解説していきます。

固定価格買取制度の価格推移

まず、太陽光発電投資でもっとも重要な電気の買取価格について解説していきます。

現在の日本では、2012年7月より太陽光発電設備で作られた電気の買取価格を固定する「固定価格買取制度」が導入されています。

固定価格買取単価は、設置して認定が下りれば設置時の価格で20年間変動がありませんが、設置するときの価格は毎年変動しています。

実際に、固定価格買取制度の導入当初は産業用太陽発電設備で40円+税(1kWhあたり)と非常に高単価でしたが、翌年2013年には36円+税、2014年には32円+税と年々単価が下がってきており、2019年の段階では14円+税(2000kWh以上発電可能な設備に関しては入札制)です。

このように電気の固定価格買取の単価は、年々下落傾向で推移しているのです。

固定価格買取単価の下落理由

固定価格買取単価が下落している原因は、「再生可能エネルギーの普及状況」と大きな
関係があります。

固定価格買取制度が制定された2012年の段階では太陽光発電などの再生可能エネルギーが占める発電量はわずか1割でした。

国としては再生可能エネルギーを普及させたかったので、太陽光発電で作られた電気を高く買い取っていたのです。

しかし、現在では、太陽光発電設備が普及したこともあり、再生可能エネルギーの発電量は2012年の2.5倍にまで達しているので、制度開始時の40円+税から2019年の14円まで大幅な単価の値下がりが起きているのです。

FIT法

固定価格買取制度の単価が変動する理由は、固定価格買取制度と同時に制定された「FIT法」という法律です。

日本では買取価格は全てこのFIT法に基づいて決められているのです。

FIT法は簡単に言えば、「電力会社に太陽光発電設備などで発電された電力を固定で買い取るように義務付けた法律」で、固定価格買取制度を実施するための法律だと理解して頂ければ問題ありません。

また、FIT法では再生可能エネルギーを普及させるために、買取費用は国民が電気料金を通じて負担することになっています。

皆さんも電気料金の明細で「再エネ賦課金」という欄を見たことがないでしょうか。

実は、再生可能エネルギーの買取価格は、再エネ賦課金という形で国民が負担しているのです。

なので、買取価格を安くしていって国民の負担を減らしたいというのも固定価格買取の単価を落としている理由のひとつになります。

そしてこのFIT法は「改正FIT法」として2017年に改正が行われました。

従来のFIT法では、太陽光発電設備さえあれば、再生可能エネルギーを発生させる設備と認定され売電が可能になっていたのですが、改正FIT法では、事業計画(メンテナンスを含む)まで確認をする認定制度に変更されたのです。

改正FIT法については少し複雑な話なので、ここでは投資という目線でのみお話しさせて頂きます。

「投資」という目線で見ると改正FIT法によって太陽光発電投資のリスクが低くなりました。

従来のFIT法だと、設備さえあれば認定が下りたので、事業計画もまともに考えていない悪質業者に騙されてしまい損をするという事例が後を立ちませんでした。

しかし、改正FIT法により、このような悪質業者では認定が下りなくなってしまったので、自然と悪質業者が淘汰されていったのです。

このように投資目線で見ると、改正FIT法により太陽光発電投資のリスクは低くなったので、以前に比べると安心して投資できるようになったと言えます。

システム費用

実は、固定買取価格が下がっていったと同時に、太陽光パネルや周辺設備の設置にかかる「システム費用」も合わせて下がってきています。

経済産業省資源エネルギー庁が開示している資料によると、産業用太陽光発電設備のシステム費用は2012年の平均値が1kWhあたり43万円だったのが、2015年の段階で1kWhあたり32.5万円まで安くなっているのです。

これは太陽光発電設備の普及に伴い、システムの研究や開発が進んだことが大きな理由です。

システム費用が安くなっていることから、以前に比べれば太陽光発電投資は始めやすくなっていると言えるでしょう。

太陽光発電投資の収益予測

では、最新の買取価格である1kWhあたり14円で、太陽光発電投資の収益予測をした場合は一体どうなるのでしょうか。

以下で算出していきます。

まず太陽光発電投資では、FIT法で固定買取価格期間が設置から20年と定められていることから、収益計算は20年でおこないます。

利益の計算式は以下です。

20年間の想定売電収入ー(初期費用+ランニングコスト)

そして以下の条件で運用したとします。

初期費用:1,600万円

年間コスト:60万円

年間発電量:120,000kWh

買取価格:1kWhあたり14円

年間売電収入:168万円(14円×120,000kWh)

20年間この条件で運用したとすると、売電収入は168万円×20年で3360万円、維持費は60万円×20年で1200万円です。

つまり

3360万円ー(1600万円+1200万円)=560万円の利益

となるのです。

このように現在の14円という固定価格買取の単価で太陽光発電投資を始めたとしても利益が残る計算になります。

太陽光発電投資で失敗するパターンとリスク

ここまでで太陽光発電投資について理解して頂けたかと思います。

また、先ほどの計算式で今から太陽光発電投資をしたとしても利益を出すことができるということが分かりました。

太陽光発電投資

しかし、太陽光発電投資を始めた人の中には失敗した人がいることも事実です。

ではなぜ、太陽光発電投資で失敗してしまう人がいるのでしょうか。

ここからは太陽光発電投資で失敗するパターンとリスクを解説していきます。

天候・日射量、設備状態に発電量が左右される

太陽光発電は、太陽光パネルに照射される太陽光を利用して電気を発電します。

つまり、天候が悪かったり日射量が少ない地域に設置すると、予想よりも発電できていないという可能性があるのです。

また、メンテナンスを怠って太陽光パネルの発電量が下がってしまえば、必要な年間発電量分だけ発電できず、損失を負ってしまう可能性があります。

メンテナンス費用がかかる

太陽光発電パネルは、様々な要素でメンテナンスが必要になる場合があります。

雑草の処理や定期点検などは当然ですが、予想外のトラブルがおきる可能性も考慮しておく必要があるのです。

例えば、自然災害による破損もそうですし、太陽光発電パネルが経年劣化した箇所が悪く、そこから内部の機械がダメになるということもあります。

太陽光発電投資には、想定したメンテナンス費用以外に予想外のトラブルによるメンテナンス費用がかかってしまうリスクがあることを考慮しましょう。

このようなリスクを防ぐために「災害保険」なども用意されているので、保険を利用するのもおすすめです。

出力抑制を受ける可能性がある

電力の需要と供給のバランスを保つために、地域によっては出力抑制が実施される場合があります。

出力抑制が実施された場合、発電に制限がかかり、想定した発電量を生み出せないので、予定していた利益を生み出すことができなくなるのです。

太陽光発電設備を設置する前に、出力抑制を受ける可能性がある地域かどうかを判断しておく必要があります。

詐欺にあう

改正FIT法が制定される前の太陽光発電投資では、悪質な業者による詐欺が横行していました。

ロクにシュミレーションもされていない状態で割高な太陽光発電設備を売りつけるというものです。

数ある投資の中でも太陽光発電投資は、普通に生活していればあまり関わる機会がない投資なので、どうしても業者の言いなりで投資してしまう人が多いのです。

現在改正FIT法の制定でしっかりとした事業計画を立てていない業者は淘汰されつつありますが、一部詐欺まがいの太陽光発電設備を売りつける業者が残っているのも事実です。

太陽光発電投資をするのであれば、自分自身での運営シュミレーションをしっかり行うのはもちろん、投資しようとしている太陽光発電設備が市場価格に対して高すぎないかといったことまで調査する方が良いでしょう。

太陽光発電は手間がかかる投資

太陽光発電投資のイメージといえば、「設置さえしておけば、あとは何もしなくても良い」というイメージが多いのではないでしょうか。

ここまで解説してきた内容からお分り頂けると思いますが、実は太陽光発電投資は、他の投資に比べても圧倒的に「手間がかかる投資」です。

また、太陽光発電自体の知識や法律に関する知識の習得も必須です。

まず設置するまでに

  • 法律を学ぶ
  • 業者を選定する
  • 利益が出せる地域を選定する
  • 事業計画を立てる

とやらないといけないことはたくさんあります。

また、設置後は

  • こまめなメンテナンス
  • 事業計画どおり進んでいるかのチェック
  • 法改正に注目する

など手間がかかります。

このように太陽光発電投資をやるためには、太陽光発電投資と真剣に向き合い、手間をかけていく必要がありますし、太陽光発電投資は、そこまでしてやっと利益が出せる投資だと考えるべきなのです。

これだけの手間をかけてでも太陽光発電をやりたいと思っている人であれば、しっかり利益を出していけると思うので良い投資だと思います。

一方で、もし太陽光発電投資を設備を設置するだけで安定した利益を出していける投資だと考えているのであれば、やめておいた方が良いでしょう。

太陽光発電投資は投資金額も大きいので、失敗したときは立ち直れないほどの損失を追ってしまう可能性すらあるのです。

太陽光発電投資に向いている人

では太陽光発電投資に向いている人はどんな人でしょうか。

太陽光発電投資に向いている人は

  • 太陽光発電投資の勉強に時間を割ける人
  • 長期間、太陽光発電投資に向き合っていける人
  • 真面目でまめな人

です。

太陽光発電投資をするためには法律の勉強もしなければいけませんし、設備の設置後も長期間に渡って太陽光発電設備の管理をしていく必要があります。

そのため、太陽光発電投資に向き合い続けることができるだけの「真面目さとまめさ」が必要になります。

このように太陽光発電投資に真摯に向き合っていける人にはおすすめの投資になります。

太陽光発電投資は、先ほどの計算の通り、今の売電価格から始めたとしても、利益を出すことはできるでしょう。

太陽光発電投資に向いていない人におすすめの投資

先ほどご紹介した太陽光発電投資が向いている人に当てはまった方は、ぜひ太陽光発電投資をして利益を稼いでいくべきです。

一方で、この記事を読んだ結果、自分には太陽光発電投資が向いていないと思った方もいるのではないでしょうか。

太陽光発電投資

もし、「太陽光発電投資は向いていないと思うけど、何か投資を始めた方がいいと思っている」と考えていたら、今回ご紹介する投資を始めることをおすすめします。

これは、投資初心者が投資を選ぶときの3つのポイント「ローリスク」「手間がかからない」「ちゃんと稼げる」に当てはまるものです。

それは、「バイナリーオプション」です。

では、バイナリーオプションがどんな投資なのか、解説していきます。

バイナリーオプション

実は、バイナリーオプションは、数ある投資の中でも、もっとも手間がかからないと言われている投資のひとつなんです。

また手間がかからないにも関わらず、短期間でしっかりと稼げる可能性があるうえにローリスクだと言われているので、近年急速に人気を集めているのです。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、「金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買する権利」を取引する「オプション取引」の仕組みを利用した投資方法です。

簡単に言えば、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るのです。

収益計算も簡単で、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

逆に予測が外れれば投資したお金を失うだけです。

手間がかからずローリスク

バイナリーオプションは、ハイかローの上下二択を当てるだけなので、手間がかかりません。

また、予測が外れたときには投資した金額を失うだけなので、非常にローリスクだと言えます。

しかもバイナリーオプションの勝率は非常に高いと言われています。

実はバイナリーオプションには国の法律があり、顧客がどれだけ損失を出しているか国内業者は開示をする義務があるのです。

実際に見てみましょう。

太陽光発電投資

引用:一般社団法人金融先物取引協会

この表で100%を超えている時が、業者が投資家にペイアウトする金額が投資家にペイアウトする金額が投資家の取引額を上回っているときです。

簡単に言えば、業者側が損をしていて、投資家が得をしているということです。

バイナリーオプションでは業者側が損をしてしまうくらい勝率が高いので、負ける可能性も低くローリスクだと言えるでしょう。

詐欺業者が横行している太陽光発電投資に比べると安心して取引できると言えます。

また、最近のバイナリーオプションの人気に後押しされる形で、さらに勝率を上げたり、取引をする手間を減らすためのツールも販売されています。

それが「サインツール」です。

「サインツール」とは、投資すべきタイミングを教えてくれる便利なツールで、勝率の高いサインツールに出会えれば、サインツールの指示するとおりに取引するだけで利益を出すことができるのです。

元々手間がかからずローリスクで勝率も高いバイナリーオプションですが、サインツールのような便利なツールを組み合わせることで、より手間をかけずに稼ぐことができます。

【まとめ】太陽光発電投資には向き不向きがある

太陽光発電投資は手間こそかかるものの、手間さえかければ、利益の出しやすい投資です。

一方で、手間をかけられない人が太陽光発電投資をやると、損失を出す可能性が非常に高くなってしまいます。

もしこの記事を読んで、太陽光発電が向いていないと思ったのであれば、最後に紹介したバイナリーオプションのような手間のかからない投資に切り替えるのがおすすめです。

バイナリーオプションは手間もかからず、ローリスクかつしっかりと利益を出すことができるので、この機会にぜひやってみてください。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder