投資

初心者でも株式投資で儲ける方法を解説!株式投資のやり方とは?

株式投資

投資を始めてみたいと思った時に一番最初に思いつく投資と言えば、「株式投資」なのではないでしょうか。

確かに、株式投資は日本でもっとも知られている投資のひとつだと言えるでしょう。

しかし、株式投資という名前は聞いたことがあっても、株式投資のやり方がよく分からないので始められないという人も多いと思います。

 

実際に株式投資は世間でよく知られているものの、専門用語が多かったり、仕組みが独特なので「やり方が分からない」「難しそう」と思うのも仕方無いでしょう。

そこで今回は、投資初心者でも株式投資が始められるように、株式投資のやり方を簡単に解説していきます。

この記事では、株式投資を始められるだけではなく、実際に株式投資で儲ける方法も解説していくので、より実践的な内容を学ぶことが出来るでしょう。

以下よりご確認ください。

株式投資の基本知識

まずは株式投資を始めるうえで、株式投資がどのような投資なのかを学んでいきましょう。

株式投資とは?

株式とは、企業が事業を運営するために発行しているもので、企業は株式を購入してもらうことで事業の運営に必要な資金を調達することができます。

株式を購入した人のことを「株主」と呼び、企業は株主に対して、事業で生み出された利益を「配当金」として分配する必要があります。

 

企業は、株主のおかげで事業が運営できているのですから、利益を分配するのは当然のことですよね。

このように企業が発行する株式を購入し、株主になれば、事業がうまくいったときには配当金を得ることができるのです。

また、自分が購入した時よりも株価が上がった際に所有する株式を売却することで、利益を得ることもできるのです。

 

このように株式投資とは

「株式を所有して配当金を受け取ることで利益を狙う(運用益)」

「株価が上昇したタイミングで株式を売却することで利益を狙う(売却益)」

という2種類の方法で利益を狙っていく投資商品となります。

株式の買い方

注意点として、私たちはどの企業の株式でも買うことができる訳ではありません。

私たちが購入することができるのは、「証券取引所に株式を公開している企業」の株式のみとなります。

この証券取引所に株式を公開している企業のことを「上場企業」と呼びます。

 

つまり、株式投資をするときは証券取引所を通じて株式を購入することになるのです。

また、一般的に株式投資には「単元株」という売買の単位が決められており、銘柄ごとに取引を行える最低の株数が決められています。

例えば、1,000株単位の銘柄を買うためには1株1,000円の場合は1,000円×1,000株で100万円が必要になるので覚えておいてください。

証券会社

株式は、証券取引所を通じて購入するということはお分かり頂けたかと思いますが、実は証券取引所から直接、株式を購入することはできません。

株式を買うには、証券会社の仲介が必要になります。

つまり、私たちが株式投資をするためには、株式の購入を仲介してもらうために、証券会社の口座を開設し、証券会社を経由して証券取引所と取引をする必要があるのです。

株式の選び方

株式投資では、証券取引所に上場している企業の中から、株式を購入したい企業の株式を選び購入していくことになります。

例えば、もっとも有名な証券取引所である「東京証券取引所の第一部(東証一部)」に
上場している企業から投資先を選ぶのであれば、東証一部に上場している2,000社の企業の中から各企業の業績などを見て、投資先を選んでいくという流れです。

 

実際、投資初心者が2,000社以上の企業を全て分析して、投資先を選ぶのは現実的では無いので、自分の身近な企業や聞いたことのある企業から分析していくことをおすすめします。

投資方法の種類

株式投資がどのような投資か分かったら、次は株式投資の投資方法について学んでいきましょう。

株式投資

先ほど株式投資では「運用益」「売却益」で利益を狙うとお話ししましたが、株式投資では基本的に売却益を中心に投資を行います。

なので、ここでは売却益を狙うことを前提として投資方法を解説していきます。

短期投資

短期投資とは、短期間で株式の売買を行う投資方法で、利益が出ても、出なくても短期間で売買を完結させます。

また、株式投資について勉強していると、よく名前が出てくる「デイトレード」「スイングトレード」も短期投資の一種です。

 

デイトレードは1日のうちに必ず売買を完結させる取引方法なので、短期投資と言えるのです。

スイングトレードは、長期的な投資方法として紹介されていることもありますが、数日から数週間で売買を繰り返す手法なので、長期的に企業の成長に期待する株式投資においては短期投資に含まれます。

短期投資のメリット

短期投資のメリットは

  • すぐに損益が確定する
  • 資金効率が良い

です。

 

短期投資では、株式を買って短い期間で売却するため、株価が上がった場合にはすぐに利益を手にすることができます。

仮に、株式を買ってすぐに株価が下がってしまったとしても、損失が大きくなる前に売却できるので、精神的にも楽なのが大きなメリットです。

 

また、利益が出ても出なくても、戻ってきた資金で新しい取引をすることができるので、資金効率も良くなります。

短期投資のデメリット

短期投資のデメリットは

  • 大きな利益が期待しにくい。
  • コストがかかる
  • 突発的な値動きに影響される

です。

 

株式投資の世界では、短期間で株価が大きく動くことは滅多にありません。

基本的には「長期間でみて、企業の成長性や収益性を予測し投資する」ことになるので、どうしても短期間では大きな利益を狙うことが難しくなります。

 

また、短期で売買するということは、売買する際に発生する手数料などのコスト負担が増えるということになります。

そして、健全な経営をしていて業績が伸びている企業だったとしても、突然のスキャンダルなどで株価を落とすことがあります。

 

本来、このような株価の値動きは突発的なものであり、健全な経営をしているのであればすぐに株価は戻りますが、短期投資だとこのような値動きにも影響されてしまうのです。

このように突発的な値動きに影響されることも、短期投資のデメリットだと言えるでしょう。

長期投資

長期投資とは、長期間で株式の売買を行う投資方法で、目先の株価の動きや利益、損失にとらわれずに投資をおこなっていく方法です。

株式を購入した企業の長期的な成長に期待して、株式の保有を継続していきます。

長期投資のメリット

長期投資のメリットは

  • 大きな利益を得られる可能性がある
  • 株式投資本来の手法であり、コストも抑えられる

です。

 

長期投資では、長期間かけて投資をすることで大きな利益を狙うことができます。

先ほど株価は短期間では大きく動かないとお話ししましたが、これが年単位になってくると話が変わります。

日本の株式市場を見ても、直近5年で株価が2倍以上になった銘柄はたくさんあるのです。

 

また、株式投資では基本的には売却益を狙っていくのですが、長期投資をすれば運用益も狙うことができます。

運用益と売却益を合わせることで総合的な投資収益率が上昇するのです。

 

この投資方法は企業の成長に期待するという株式投資本来の姿であるといえるでしょう。

資金の回転率が高くないので、手数料などのコストが抑えられるのも大きなメリットになります。

長期投資のデメリット

長期投資のデメリットは

  • 資金効率が悪くなる
  • マーケットの動きに鈍感になりがち

です。

 

長期投資をしている間、投資資金を回収することはできません。

株価が上昇して利益が出ているのであれば良いのですが、株価が下がり続け損失が出ているのであれば資金効率が悪くなってしまいます。

 

また、短期間で売買しないと決めていることが原因で、マーケットの動きを見るという意識が薄れていく可能性もあります。

株式投資の世界では、倒産だけではなく、経営者が変わることで事業方針が変わったり、経営悪化により事業を縮小したりと企業を取り巻く状況が変わることで「投資判断を変えざるを得ないほどの重要な局面」がやってくることがあります。

 

他にも経営陣のスキャンダルであったり、主要取引企業のスキャンダルなど本当に様々な要因で株価は変動するのです。

マーケットの動きを注意して見ていなかった場合には、このような売買するべきタイミングを逃すことになってしまうのです。

株式投資で儲ける方法

ここまでで株式投資の投資方法についてお分り頂けたかと思います。

短期投資にも長期投資にもそれぞれメリット、デメリットがあるので、自分に合った投資方法を選んで運用していく必要があるのです。

株式投資

ここからは短期投資と長期投資どちらを選ばれても良いように、それぞれの投資方法で儲ける方法を解説していきます。

自分がやってみたい投資方法はもちろんですが、両方とも目を通しておくと役に立つと思いますので、ぜひ両方とも学んでみてください。

短期投資

短期投資で利益を出すためのポイントは

  • 目標売却額(利益)を決めて、達成したら売却する
  • 最大損失額を決めて、割り込んだら売却する
  • 追加購入で損失を重ねない

です。

 

短期投資では「利益は大きく、損失は小さく」が絶対的な原則になります。

短期投資は回転率が高いため、どうしても勝率で見てしまいがちですが、いくら勝率がよくても数回の利益を打ち消すほど大きな損失を負っていては意味がありません。

そして、投資初心者にありがちなのは、利益はすぐに確定してしまい、損失は取り返しがつかなくなるまで放置してしまうことです。

 

このような事態を防ぐためには、利益は「目標売却額(利益)を決めて、達成したら売却する」ことで確実に得ていきながら、損失は「最大損失額を決めて、割り込んだら売却する」ことで損失を小さくしましょう。

また、損失が出ているからといって、追加で株式を購入して取り返そうとするのは厳禁です。

 

これは投資の世界で「ナンピン」と呼ばれる手法で、株式の平均購入額を引き下げるための手法(例えば、株価10,000円で購入した株式を株価5,000円で再購入すれば、平均購入額は7,500円になります。)であり、場合によっては有効ですが、損失をより大きくする可能性も高いのでやめておくことをおすすめします。

長期投資

長期投資で利益を出すためのポイントは

  • マーケットの動向を定期的に確認する
  • 目標利益と最大損失額を設定する

です。

長期投資では、短期投資に比べると売買頻度が少ないので、一回の売買判断がとても重要になります。

そのため、売買判断に必要な2つのポイント「マーケットの動向を定期的に確認する」「目標利益と最大損失額を設定する」をおさえる必要があります。

 

まず、1つ目の「マーケットの動向を定期的に確認する」についてですが、これは例えば、

  • 企業の株価が予想通りに推移しているか
  • その企業を取り巻く業界で大きなニュースがないか

など、定期的にチェックし、このまま所持していて大丈夫なのか、それとも今、決済すべきかなどを考える必要があるのです。

 

次に、2つ目の「目標利益と最大損失額を設定する」ですが、長期投資では決済するタイミングを決めておかないと、株価が上がっている時は「もっと上がるだろう、もう少し様子見よう」と思い、逆に下がっている時は「もう少ししたら、株価が戻るだろう」と考えてしまうものです。

その結果、思ったような利益を得られないということや、損失が大きくなり元手資金を超えてしまうということことが起こることがあります。

 

このような事態を避けるためにも目標利益と最大損失額を設定し、機械的に決済をする必要があるのです。

また、先ほど短期投資で厳禁と解説したナンピンですが、長期投資ではおこなっても良い場合があります。

 

例えば、企業の業績が変わらないのに、災害などの外的要因で一時的に株価が下がってしまったという場合は、株価が戻ることが予想されるので、ナンピンをおこなうことをお進めします。

株式投資が難しいと思った人におすすめの投資

ここまでで、株式投資について解説してきましたが、正直、株式投資は難しいと思った方もいるのではないかと思います。

株式投資

様々な要因を考慮しないといけない投資方法は簡単ではないですし、多額の資金も必要となるのでそう思ったとしても仕方ないでしょう。

そこで最後に株式投資が難しいと思われた方に向けて、投資初心者が株式投資より簡単に取り組むことができる投資を紹介したいと思います。

バイナリーオプション

投資初心者が株式投資より簡単に取り組めるおすすめの投資は「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、日本円やドル円などの外貨を利用した投資で、「金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買する権利」を取引する「オプション取引」の仕組みを利用した投資方法です。

 

簡単に言えば、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙います。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は1ドル101円より上か下かを予測し、予測が当たれば利益が出るという仕組みです。

 

予測が外れた場合は、投資額も失うことになります。

なぜバイナリーオプションが株式投資より簡単なのか以下で紹介していきます。

上下二択を予測するだけで簡単

バイナリーオプションは、上下二択の予測をするだけなので非常に簡単で誰でも取り組むことができます。

また、その予測方法も多くて20通貨程度、一般的には5通貨以下の中から「チャート」と呼ばれる過去の通貨の値動きをグラフにしたツールを利用するか、各国の経済状況や政治状況を分析することで2択の予測をするので、株式投資に比べると簡単と言えるでしょう。

 

株式投資では何千もある中から購入する商品を選ばないといけないので、いかにバイナリーオプションが手間がかからないかが分かりますね。

さらに、バイナリーオプションには投資すべきタイミングを教えてくれる「サインツール」という便利なツールもあるので、サインツールを利用すれば、ほとんど分析すら必要ない場合もあるのです。

 

バイナリーオプションは、株式などとは違い「価格変動の影響」を受けることがないので、投資額以上の損失を負うことがないのも簡単に取り組めるポイントです。

また、二択ということは、何も勉強せずに投資したとしても負ける確率は50%(引き分けは負けになるので正確には51%)という計算になります。

 

これだけの確率でしか損失を出さないバイナリーオプションは簡単かつローリスクな投資なのです。

【まとめ】株式投資と投資初心者

今回は投資初心者でも株式投資で儲ける方法を解説してきました。

株式投資は、日本でもっとも人気がある投資のひとつだけあって、しっかりと学び運用すれば、大きな利益を狙うことができます。

 

しかし、株式投資は投資初心者にとって投資方法も必要な資金も少しハードルが高いと感じるかもしれません。

もしこのページを読んで、株式投資が難しいと感じた方はぜひバイナリーオプションについて、学んでみてはいかがでしょうか。

 

バイナリーオプションはその人気の高さからサインツールなど投資を補助してくれるツールもたくさん販売されているので、株式投資が難しいと感じた人もバイナリーオプションであれば取り組めると思います。

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder