投資

不労所得の種類をリスク・リターン別に徹底解説!

楽して儲けられたらいいのにな…

 

誰もが一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。

 

そう思ったときに最初に思いつくのが

不労所得」を得るということです。

 

不労所得とは、労力をかけずに収入を得ることです。

つまり、不労所得を得ることができれば、楽して儲けることができるようになるということです。

まさに夢のような話ですよね。

 

しかし、現実的に不労所得を得ていくことは本当に可能なのでしょうか?

 

そこで今回は不労所得を得る方法について徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、夢のような話である「不労所得を得る」ということが現実的なものになるでしょう。

 

以下よりご確認ください。

不労所得を得る方法

不労所得を得るというのは、夢のような話に聞こえるかもしれませんが、世の中には不労所得を得る方法は実際に存在します。

そこで、まずは世間で代表的な不労所得だと言われているものを紹介していきます。

 

同時に私たち一般人がその不労所得を得ることが可能かどうかも検証していくので、まずは以下をご覧ください。

代表的な不労所得

・アフェリエイト

・印税

・版権

・投資

アフィリエイト

不労所得として一時期注目を浴びたのが、「アフィリエイト」です。

 

アフェリエイトとは、自分自身でサイトを制作し、サイト内で商品を販売することで売上を得たり、googleが提供する広告であるGoogleアドセンスをサイトに貼ることで広告収入を得ていく方法のことです。

 

サイトが大きくなり、ある程度のサイトへの流入が見込めるようになれば、何もしなくても莫大な利益を稼ぐことができるんです。

 

まさにネット社会ならではの利益を得る方法だと言えるでしょう。

事実、アフェリエイトで不労所得を得ているサイト運営者はたくさん存在しています。

 

しかし、アフィリエイトで不労所得を得ていくのは簡単なことではありません。

 

サイトへの流入が見込めるコンテンツの作り込みであったり、検索エンジンで上位に検索されるようにSEO対策をおこなったりと様々な作業をやっていく必要があります。

また、TwitterやFacebook、LINEなどのSNSとの連携で顧客を囲い込んでいく必要もあります。

 

不労所得にたどり着くまでの日々の作業量はかなりのものです。

 

さらに一時的に不労所得を得ることができたとしても、不労所得を維持するために、日々、サイトのアップデートをする必要があります。

 

つまり、アフェリエイトで不労所得を得ることは不可能ではないですが、自分が想像するよりもはるかに多くの時間と労力がかかるということです。

印税

いつの時代も代表的な不労収入だと言われているのが「印税」です。

印税とは書籍を出版し、発行部数により得られる収入のことを言います。

 

自分が書いた本が売れれば、何もしなくても莫大な利益を得ることができますし、商品が売れ続ける限り、収入が入り続けます。

 

しかし、その道のりは並大抵のものではありません。

 

印税で不労所得が見込めるほどの部数を販売しようと思うと、出版社が主催するイベントで賞に入選するなど、まず作家としてデビューする必要があります。

 

元々知名度があるのであれば、作家でなくても本を出版して印税を得ることもできるかもしれませんが、一般人が作家になり印税を得るというのは現実的ではありません。

 

版権

印税同様に昔から代表的な不労収入だと言われているのが、「版権」です。

版権とは、キャラクターなどを制作したときに製作者が所有する権利のことです。

 

つまり、自身がキャラクターを制作し、そのキャラクターを利用した製品を販売することで、権利収入を得ていくという方法になります。

 

自分が制作したキャラクターが人気になれば、そのキャラクターの商品が販売され続ける限り、収入が入り続けます。

 

特に最近では、LINEスタンプなど個人で取り組めるキャラクタービジネスも出てきたので、以前に比べると身近なものになったと言えるでしょう。

 

しかし、現在の世の中にはキャラクターが溢れており、その中で新規キャラクターで人気を得ていくのは非常に難しいのが現実です。

 

版権による不労所得も非常にハードルが高いと言えます。

投資

近年、国が国民の資産形成を促していることから急速に人気になっているのが「投資」です。

 

投資と言えば、株式投資やFXなど実際に手間をかけて取引するものが最初に思いつくと思いますが、実はそうではありません。

 

投資の大半が、お金を定期的に積み立てていくだけで資産が増えていったり、初期投資をするだけで継続的に収入が入ってくるというものです。

 

投資先を間違えなければ、一般人でも十分、不労所得を狙っていくことが可能です。

 

投資は、ここまで検証してきた代表的な不労所得に比べると、不労所得を得るためのハードルが非常に低いと言えます。

つまり、もし、不労所得を得ることを目指すのであれば、投資をやるべきだということです。

投資で目指す不労所得

代表的な不労所得を検証した結果、不労所得を狙うためには「投資」を活用するのが一番だと言うことが分かりました。

では、とりあえず投資をすれば良いかと言うとそうではありません。

 

投資では、投資先選びが何より重要になります。

また、投資には必ずリスクがつきものです。

一方でリスクが高ければその分リターンも大きくなるのが投資の特徴でもあります。

 

投資におけるリスクとリターン

投資は、リスクとリターン別にわけると大きく3つに大別されます。

・ローリスク・ローリターン
・ミドルリスク・ミドルリターン
・ハイリスク・ハイリターン

つまり、投資で不労所得を狙ううえでは、自分が許容できるリスクと求めるリターンのバランスを考えて投資を選ぶ必要があるんです。

そこで今回は、リスクとリターン別に分けて不労所得が狙える投資にはどのようなものがあるかを解説していきたいと思います。

 

ローリスク・ローリターンの投資で不労所得

ローリスク・ローリターンの投資の中で不労所得を狙えるのは以下になります。

ローリスク・ローリターンの投資

・銀行預金

・債券投資

・iDeCo

・ロボアドバイザー投資

 

銀行預金

銀行預金とは、その名の通り、銀行に資金を預金することです。

 

銀行預金は一定額まで元本保証をしてくれるので、非常にローリスクだと言えます。

 

しかし、現在の日本に金融機関の金利は非常に低い水準で推移しており、普通預金であれば0.01%未満、定期預金で0.1%ほどです。

金利0.1%の場合だと、100万円預けておいたとしても1年間でわずか1,000円の利益しか得ることができません。

 

もっともローリスクである代わりにもっともローリターンな投資だと言えるでしょう。

 

しかし、元本(投資資金)と利息が保証されているため、絶対に資金を減らしたくない人にとっては安全で良いかもしれません。

 

債券投資

債券投資とは、債券を購入することにより得られる利益を狙う投資です。

 

債券とは国や企業が資金を集めるために発行する借用書のことで、国や企業は借用書を購入してもらうことで資金を集めます。

そして、国や企業は債券を購入してもらった人に対して、決められた利息を支払います。

この利息こそが、債券投資における利益となるのです。

 

債券は決められた期限(満期)に必ず返済しなければならないと義務付けられているので、国や企業は満期になれば必ず債券の額面金額を返済しなければなりません。

つまり、債券投資で購入に利用した元本は満期日に必ず返却されるということです。

 

このように債券投資は、購入した時点で元本が保証されている非常にローリスクな投資であると同時に、保有しているだけで利息として利益が手に入る簡単な投資です。

 

一方で、受け取れる利益は利息のみとなってしまうことから、どうしても大きなリターンを目指すことは難しい投資でもあります。

 

実際、債券の利息は良くても2%程度です。

つまり100万円投資したとしても一年間で2万円の利益にしかなりません。

安全に資産を増やしていきたい人向けの投資だと言えるでしょう。

 

債券投資については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

債券投資
投資初心者でもできる債券投資とは?ローリスクで投資を始めよう「投資で破産した」 銀行の金利がほとんど無くなり、「投資」に注目が集まると同時にこのようなニュースを目にする機会が増えてきました。...

 

iDeCo

iDeCoとは、定期預金・保険・投資信託の中から好きな商品を選んで毎月一定の金額を積み立て、60歳以降に積み上げた資産を受け取れる仕組みです。

 

まさに年金のようなシステムですが、国民年金や厚生年金と違って、希望者が自ら申し込みをして任意で加入するのが特徴です。

 

投資信託などに投資をして資産運用していくシステム上、将来的に積み立てた資金をより多くの資金を受け取れますし、投資をしていく過程でも税金優遇などのメリットがあるので、お得に老後の資金を貯めていくことができます。

 

資金を積み立てていくことで、将来的に利益として受け取る仕組みからローリスクだと言われている投資ですが、資金を老後にしか受け取れないというデメリットがあります。

 

お金を積み立てていただけで、老後に不労所得を得たいという人にはおすすめですが、すぐにでも利益が欲しいという人には物足りない投資かもしれません。

 

iDeCoについては以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

将来の自分へ年金を残そう。iDeCoはお得な投資!「老後の資金が不安...」 最近「老後2000万円問題」であったり、国が国民自らの資産形成を促していることから何となく将来、特に老...

 

ロボアドバイザー投資

ロボアドバイザー投資とは、人工知能(AI)を利用して「投資商品選びから売買までを自動」で行うことができるサービスを利用した投資方法です。

利用者がアンケートに答えることで、その回答傾向から投資スタンスと運用方針を割り出し、リスクも考慮した合理的な投資を提案、実行するなんてことも出来てしまいます。

 

ロボットが現在の様々な状況を考慮して投資をしてくれるため、人間が投資をするよりも投資に失敗するリスクが低いのが大きな特徴です。

 

一方で、運用コストが高かったり、短期的な利益よりも長期的な利益を目指す傾向にあるため、どうしてもリターンは少なくなってしまいますので、ローリスクに長期的に投資をしたい人にオススメの投資になります。

 

ロボアドバイザー投資については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

ロボットで投資?ロボアドバイザーは投資初心者におすすめの資産運用「ロボットが代わりに投資をしてくれるらしい」 こんな夢のような話を聞いたことがありますか? 実はロボットが代わりに投...

 

ミドルリスク・ミドルリターンの投資で不労所得

ミドルリスク・ミドルリターンの投資の中で不労所得を狙えるのは以下になります。

ミドルリスク・ミドルリターンの投資

・投資信託

・不動産投資

・太陽光発電設備投資

投資信託

投資信託とは、投資をしたい人(投資家)から集めた資金を、投資の専門機関(ファンド)が代わりに運用してくれるという投資商品です。

投資の専門家(ファンド・マネージャー)を信じて、自己資金を託す投資になりますので、投資初心者でも安心して投資ができます。

 

また、ファンドにリスクを取って高いリターンを目指してもらうこともできるので、それなりに高いリターンを目指すことも十分に可能な投資です。

 

非常に便利な投資信託ですが、唯一の難点は投資する投資信託を選ぶのが難しいということです。

 

実は投資信託の商品数は6,000本以上存在します。

その中から安心して自己資金を任せられるような利益をしっかり出してくれる投資信託を選ぶのは投資に慣れていなければ、少し難しいかもしれません。

 

良い投資信託さえ選べれば、何もしなくても投資のプロが利益を出してくれるので、不労所得を狙ううえではオススメの投資です。

 

投資信託については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

投資信託のやり方を徹底解説!投資信託は初心者におすすめの投資「投資を始めてみたいけど、どうしたらいいか分からない」 投資初心者の人が投資を始めたいと思ったときに、「どうしたらいいか分からない...

 

不動産投資

不動産投資は、購入した不動産に入居した入居者から得られる毎月の家賃で利益を出していく投資です。

投資方法としては、「ワンルーム投資」と「一棟買い投資」に分かれるのですが、取り組みやすいのは比較的に初期投資金額が少ないワンルーム投資でしょう。

 

購入さえしてしまえば、後は管理会社が管理をしてくれるので、何もしなくても収入を得ることができます。

また、物件がある限り収入が発生し続けるのも大きな特徴です。

 

しかし、購入した不動産が空室になってしまったり、家賃が下がってしまうとローンなどとの支出とのバランスが取れなくなってしまうというリスクもあるので、どんな物件でも良いので購入すれば良いというものではありません。

 

空室率が低く、何十年先まで一定の家賃が取れる物件を探す必要がありますし、見つけたとしても購入金額が高すぎて利益が出なくてもダメです。

不動産投資に慣れていない人にとって、良い物件を見つけるのは少しハードルが高いと言えるでしょう。

 

その分、良い物件を見つけた場合は建物が潰れない限り、多額の不労所得を得ることができます。

 

不動産投資については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

不動産投資
本当に不動産投資をしても大丈夫?ローンや投資の自動化のリスクも解説かつては「限られたお金持ちしか出来ない投資」というイメージがあった不動産投資ですが、現在では副業感覚で不動産投資を始める方が増えています...

 

太陽光発電投資

太陽光発電投資とは、設置した太陽光発電設備から発生した電気を国に買い取ってもらうことで利益を狙っていく投資です。

 

太陽光発電設備と言えば、元々持っていた土地に設置するイメージも強いですが、現在では土地付きの太陽光発電設備も販売されていたり、前オーナーが手放した中古の太陽光発電設備も販売しているので、土地を持っていない人でも取り組める投資へと変化してきています。

 

2020年現在、電気の固定価格買取の単価は、年々下落傾向で推移しているのですが、現在の固定買取価格で計算しても安定した利益を継続して出すことができる投資だと言えます。

 

一方で設置するにあたって

・法律を学ぶ

・業者を選定する

・利益が出せる地域を選定する

・事業計画を立てる

などとやらないといけないことはたくさんありますし、

 

設置後は

・こまめなメンテナンス

・事業計画どおり進んでいるかのチェック

・法改正に注目する

など手間がかかる投資でもあります。

 

このように安定した利益は狙えるものの、不労所得というには少し手間がかかる投資かもしれません。

 

太陽光発電投資については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

太陽光発電投資
太陽光発電投資は儲かる?失敗するパターンとリスクを解説「太陽光発電投資が儲かるらしい」 最近になって、このような話を聞く機会が増えてきました。 昔に比べると太陽光発電設備の設置費...

ハイリスク・ハイリターンの投資で不労所得

ハイリスク・ハイリターンの投資の中で不労所得を狙えるのは以下になります。

ハイリスク・ハイリターンの投資

・FXのスワップ投資

・株の配当金

・FXの自動売買

FXのスワップポイント投資

積極的にトレードをしないといけない印象が強いFXですが、実はFXでも積極的なトレードをせずに不労所得を狙う方法があります。

それが「スワップポイント投資」です。

スワップポイント投資とは、FXにおいて二か国間の通貨の金利差で利益を狙う投資方法です。

 

例えば、日本の通貨である円とアメリカの通貨であるドルを比べるとドルの方が通貨の金利が高い傾向にあります。

そこで、円とドルの通貨ペアでドルを買っておけば、金利差を利益として獲得することで出来るんです。

また、スワップポイントと似たような仕組みである外貨預金では、利益を受け取れるのは満期を迎える1ヶ月から半年程度に1回ですが、スワップポイントは外貨預金と違い1日毎に金利差を獲得することが出来るのが大きな特徴です。

 

つまり、金利が高い通貨と金利が低い通貨の通貨ペアを保有しておけば、それだけで毎日利益を受け取ることができるというわけです。

 

注意点としては、通貨の大きな値動きが起こった場合には、受け取っているスワップポイント以上の損失が発生してしまう可能性があるということです。

 

確かに通貨を保有するだけでリターンを狙えるという点では、不労所得を狙うには最適な投資方法ですが、リスクも高いので注意しましょう。

 

株の配当金

FX同様に積極的な取引をしないといけないイメージがある株式投資においても、積極的な取引をせずに不労所得を狙う方法があります。

それが株の「配当金」を狙った投資方法です。

 

そもそも株式とは、企業が事業を運営するために発行しているもので、企業は株式を購入してもらうことで事業の運営に必要な資金を調達することができます。

株式を購入した人のことを「株主」と呼び、企業は株主に対して、事業で生み出された利益を「配当金」として分配する必要があります。

この配当金を狙う投資であれば、取引をする必要もなく、株式を保有するだけで利益を狙うことができるんです。

また、単純なお金での利益だけではなく、株主優待という形でも利益を得ることができます。

 

株を買っておくだけで、これだけの利益を得ることができるのは魅力的だと言えるでしょう。

 

しかし、株価が暴落した時には、受け取れる配当金以上の損失を負ってしまう可能性があるので注意する必要がありますし、株式を発行している会社が倒産してしまえば、株券は全く金銭的価値のないものになってしまいます。

市場の動向には注意が必要です。

 

株式投資については以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

株式投資
初心者でも株式投資で儲ける方法を解説!株式投資のやり方とは?投資を始めてみたいと思った時に一番最初に思いつく投資と言えば、「株式投資」なのではないでしょうか。 確かに、株式投資は日本でもっと...

 

FXの自動売買ツール

FXの世界には、「自動売買ツール」という、システムが自動的に取引をしてくれるツールが存在します。

自動売買ツールはシステムが判断した最適なタイミングで取引をしてくれるので、トレーダーは何もする必要はありません。

 

つまり、勝率の高い自動売買ツールであれば、何もしなくても莫大な利益を狙うことが可能になるんです。

 

しかし、残念ながら自動売買ツールは必ず勝てるというものではありません。

中には勝てない詐欺まがいの自動売買ツールも存在するのが事実なんです。

 

そのような自動売買ツールを使ったとしても、不労ではあるものの、所得は発生せず損失のみが発生するという残念な結果になってしまいます。

確かにリターンはこれまで紹介したどの投資よりも大きいのですが、リスクももっとも高いので、ツール選びやツールの使用は慎重に行いましょう。

 

FXの自動売買ツールについては以下の記事で解説していますので、興味があればぜひ読んでみてください。

FXやバイナリーオプションは自動売買ツールで勝てる?投資のやり方を考えようFXやバイナリーオプションは近年急速に人気が高まっていることもあり、様々なツールが開発されるようになりました。 それらのツ...

不労所得を得ることを目指すべきか?

そもそもあなたが不労所得を得ることを目指す理由はなぜでしょうか?

 

楽に稼ぎたい

 

というのが一番大きな理由なのではないでしょうか。

 

もし、楽に稼ぎたいのであれば、個人的には不労所得を目指すよりも

 

多少の作業はあるものの、作業自体は簡単で稼げる

 

ことをやるべきだと思います。

 

ここまで一緒に学んできたように不労所得を狙うと、「ローリスクだと稼げない」「稼ごうと思うとハイリスク」ということになってしまいます。

 

そんあ不労所得くらいであれば、多少の作業があっても

しっかり稼げて

ローリスクで

簡単

なことをやった方が不労所得に求めている理想の生活に近づくのではないでしょうか。

 

実は数ある投資の中には「しっかり稼げて」「ローリスクで」「簡単」な投資が存在するんです。

最後にそんなおすすめの投資を紹介したいと思います。

バイナリーオプション

不労所得よりも多少の手間がかかるものの、「しっかり稼げて」「ローリスクで」「簡単」投資とは「バイナリーオプション」です。

バイナリーオプションとは、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

 

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は、1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るという仕組みになります。

 

しっかり稼げる

バイナリーオプションでは、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

 

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

 

このように予測が当たった時には投資金額の1.8倍から2倍になってお金が返金されるので多額の利益を狙うことができるのです。

ローリスク

バイナリーオプションは、予測が外れた時には投資したお金を失うだけという仕組みです。

つまり、元本以上の損失を負う可能性がないんです。

 

不労所得を狙える投資として紹介したローリスクな債券投資や投資信託でさえも、元本以上の資金を失う可能性があります。

その点バイナリーオプションは元本以上の損失を負う可能性がない分いかにローリスクかお分り頂けると思います。

簡単で手間がかからない

何よりも目標金額より、ハイかローを当てるだけなので簡単で手間がかかりませんし、収益計算も非常に簡単です。

投資初心者でも覚えることが少なく、簡単に取り組めるのではないでしょうか。

 

また、ここまで解説したようにバイナリーオプションは、投資初心者でも取り組みやすい要素が揃っていることもあり、近年急速に人気を伸ばしている投資なので、関連するツールも充実してきています。

 

その中でもより手軽にバイナリーオプションができると人気なのが「サインツール」と呼ばれるツールです。

サインツールは、バイナリーオプションのチャート上で投資すべきタイミングを教えてくれるツールであり、サインツールを利用すればエントリーする場所が分かるので、より手軽に高い勝率を目指すことも可能になります。

 

このような便利なツールを使うことができるのもバイナリーオプションの強みだと言えるでしょう。

 

ただでさえ仕組みが簡単なバイナリーオプションですが、サインツールを組み合わせれば、もはや不労所得も同然の手間の少なさです。

 

確かに完全にシステム頼りで不労所得となる自動売買ツールに比べると、手間がかかりますが、この手間が逆に高いリターンをもたらす可能性があります。

 

サインツールであれば、自分の裁量を加えながらトレードを行うこともできるので、サインが出たとしても、今エントリーすべきでないと思えばエントリーを避けることもできます。

このひと手間が結果としてシステムに依存する自動売買ツールよりも高い勝率を目指すことだって可能にするんです。

 

【まとめ】手間をかけても稼げる方がおすすめ

今回は「不労所得」について徹底的に解説しました。

 

世の中にはたくさんの不労所得がありますが、私たちのような一般人が目指せる不労所得は「投資」くらいです。

そして、投資はうまく運用すれば、誰でも不労所得を狙っていくことができるんです。

 

しかし、あなたの目的が楽にお金を儲けたいだけではなく、多くのお金を儲けたいという場合は不労所得を目指していくよりも、手間をかけてでも稼げる投資に取り組んだ方がより理想の生活に近づけるはずです。

 

最後に紹介したバイナリーオプションであれば、不労所得とまではいきませんが、手間をかけず稼いでいくことができます。

もし、興味があればバイナリーオプションをやってみても良いかもしれません。

 

私のLINE@では、サインツールのことやバイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder