投資

投資初心者でも分かる利回りとは?利回りが高いおすすめの投資も紹介

投資の利回り

現在の日本では、銀行の金利が下がり、貯金をしていてもお金が増えない時代になりました。
そこで注目されているのが「投資」です。

最近では、投資で自己資産を運用してお金を増やそうという人が増えてきました。

しかし、いざ投資を始めようと思っても、どの投資を始めれば良いか迷っている人は多いのではないでしょうか。

投資商品を選ぶのポイントはいくつかありますが、そのポイントの中でも重要な指標とされているのが「利回り」です。

この利回りを調べれば、どれくらいお金が増やしやすい投資かを判断することが出来るのです。

そこで今回は投資における「利回り」について解説していきます。

この記事を読めば、利回りについて理解できるだけではなく、どの投資を選べば良いか分かるでしょう。

以下よりご確認ください。

利回りとは?

利回りとは、投資した金額に対する収益割合を1年間の平均で表したものです。

つまり、1年間で元手資金がどれだけ増えたかを示す指標なので、投資商品の利回りが分かれば、どの投資がお金を増やしやすいかが分かります。

投資をするときには、事前に投資商品の利回りをシミュレーションして、より元手資金を増やせる投資商品を選んでいくことが重要なのです。

利回りの計算方法

では、実際に投資における利回りの計算方法を解説していきます。

まずは利回りの計算式をご覧ください。

利回り=利益÷元手資金÷運用年数×100

例えば、元手資金100万円を1年間運用して10万円の利益が出たとします。

これを計算式に当てはめると

10万円÷100万円÷1年×100=10%

となります。

よって、利回りは10%ということです。

このように利回りは計算自体は難しくありませんので、まずは計算式をしっかり覚えておくようにしましょう。

表面利回りと実質利回り

利回りを計算するときは、「利益の計算」に注意が必要です。

投資における利益とは、収益から手数料や税金など別途かかる費用を全てを引いた額のことで、費用を抜いた利益で計算した利回りを「実質利回り」と呼び、正確な利回りとされています。

一方で、投資の世界では、利回りを単純な収益で計算している場合があります。

このように費用を加味していない利回りのことを「表面利回り」と呼び、正確な利回りではないとされています。

つまり、投資商品を検討するときには「実質利回り」で計算しなければ、期待していた利益を上げることは出来ませんし、一歩間違えば損失が発生する可能性もあるので注意が必要なのです。

複利

利回りは最初から決まっているわけではなく、運用期間の投資方法次第で利回りを向上させることができます。

この手段のことを「複利運用」と呼び、運用期間に得た収益を再投資することで、元手資金を上乗せする手段です。

先ほどの例で、元手資金100万円を1年間運用して10万円の利益が出た場合は、利回りは10%でした。

この場合に元手資金に加えて、1年目で出た利益を再投資すると元手の資金は110万円となります。

例えば、この投資が利息で収益を得る債券投資だった場合、100万円の10%の利息で利益を得たのですから、元手資金が110万円になった2年目は、利回り10%を維持した場合には11万円の利益が出ることになるのです。

また、利息で利益を狙う投資商品以外においても、元手資金が多い方が投資における収益は上がりやすいと言われているので、元手資金を増やすことは重要なことです。

このように再投資を繰り返していくことで、収益を増やしていく投資方法を「複利効果」と呼び、複利効果を繰り返していけば数年後には大きな差が生まれることになります。

投資商品ごとの利回り

ここまでで投資における利回りが一体何なのかお分かり頂けたと思います。

利回りを見ることで、その投資商品がどれだけお金を増やすことが出来るかが分かるんです。

投資の利回り

では、日本でよく知られている各投資商品はそれぞれどの程度の利回りが見込めるのでしょうか。

ここからは投資商品ごとの利回りと利回りの計算方法を解説していきます。

※以下すべて実質利回りの計算となります。

不動産投資

不動産投資では、「売却益」と「運用益」という2種類の利益を得ることができます。

現在で不動産の価値が上昇していく市場状況にはないので、不動産投資と言えば入居者から得られる毎月の家賃をもとにした利益である「運用益」のことを言うことが多いです。

この状況を踏まえて不動産の利回りを計算すると、計算式は以下になります。

利回り=運用益(家賃−経費)÷元手資金÷運用年数×100

不動産投資は初期投資額が高くなりがちなので、ローンを組むことが多く、ローン返済費が経費として必要になります。

また、維持管理費や固定資産税、保険料など他の投資に比べると経費が多いのが特徴です。

なので、このような経費を計算せずに表面利回りで考えてしまうと大きな損失を負ってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、家賃収入を元にしているので、満室かどうかで利回りが変化していきます。

だから、利回りのシミュレーションをするときには、年間のうちどれくらいの期間空室が出ても大丈夫かを把握しておく必要があります。

そして、不動産投資の利回りは一般的に「5%前後」だと言われています。

物件購入価格が高くなる東京都内であれば、「4%後半」で物件購入価格が安い地方都市であれば「6%前後」が平均的な利回りです。

これだけ見ると地方都市の方がメリットがありそうですが、東京都内に比べると空室が発生する可能性が高かったり、家賃が下落する可能性が高かったりなど、物件ごとの利回りが大きく変わってくるので、利回りのシュミレーションが難しくなるというデメリットもあります。

このように不動産投資では、利回りの計算に様々な要因が影響するため、投資初心者が容易に手を出すのは危険だと言えるでしょう。

株式投資

株式とは、企業が事業を運営するために発行しているもので、株式を購入してもらうことで事業の運営に必要な資金を調達することができます。

また、株式を購入した人のことを「株主」と呼び、企業は株主に対して、事業で生み出された利益を「配当金」として分配する必要があります。

また、株式の価値が上がると、自分が購入したとき以上の価格を払ってでも、その企業の株式を購入したいという人が現れることになりますので、自分が所有する株式を売却することで、利益(売買損益)を得ることもできるのです。

このように株式投資とは、「配当金」と「売買損益」という2種類の方法で利益を狙っていく投資となります。

これらを踏まえて株式投資の利回りを計算すると、計算式は以下になります。

利回り=利益(売買損益+配当金−経費)÷元手資金÷運用年数×100

経費としては税金や株式を売買するときに発生する売買手数料がかかってきますが、比較的計算はしやすいと言えるでしょう。

また、配当金を重視するのであれば、別途計算をする必要があるので注意が必要です。

配当金利回り=(1株あたりの配当金÷購入株価)×100

そして、株式投資の利回りは「2%〜3%」だと言われています。

単純に売買益だけに注目すれば「1%後半〜2%」で、配当金を重視するのであれば「3%前後」です。

また、株式投資の利回りでは売買益が大きな比重を占めているので、個人差がかなり大きくなります。

よく利回りが良い銘柄が「高利回り銘柄」として紹介されていますが、あくまで配当金の利回りの話であり、いくら配当金利回りが良くても売買益が悪ければマイナス利回りになってしまいます。

あくまでも平均すると「2%〜3%」となるので、誰でもこの利回りが出せる訳ではない点に注意が必要です。

投資信託

投資信託とは、投資の専門機関が投資家から集めた資金を代わりに運用してくれるという投資商品で、利益が出た場合は出資した投資家たちに利益が分配されます。

また、投資信託の売却時には、株式投資同様に売買損益が発生します。

これらを踏まえて投資信託の利回りを計算すると、計算式は以下になります。

利回り=利益(配当金+売買損益−経費)÷元手資金÷運用年数×100

投資信託の経費には、販売手数料、信託手数料、信託財産保留保額、税金があり、株式投資に比べると経費の計算が非常に複雑になります。

投資信託の費用では投資家に運用を任せるという仕組み上、「手数料」が経費の大きな割合を占めていますので、手数料が安い投資信託を選べば、同じ配当金でも利回りは大きく変わってくるのです。

そして、投資家への手数料を踏まえると投資信託の利回りは「3%〜7%」だと言われています。

しかし、投資信託の利回りはシミュレーション結果と大きく変わってくる可能性があるので注意が必要です。

投資信託で重要なのは、資金を預けた専門家が何に投資したかということです。

例えば、高利回りの投資信託があったとして、その投資信託の投資家がハイリスク・ハイリターンの投資をしているとします。

確かにうまく行けば、利益も大きくなるのでシミュレーション上は高利回りだと思いますが、場合によっては投資している投資家が大きな損失を出してしまう可能性だってあるのです。

このように投資信託では自分で投資せずに人に任せている特性上、予期せぬリスクもあることを踏まえて投資する必要があります。

FX

FXとは、異なる通貨同士を交換したときに生じる「価格差」で利益を出していく投資です。

例えば、1ドル100円のときに1ドルを買っておいて、1ドル101円のときに円に戻せば「1円」利益が出ていますよね。

各国の通貨の価格は常に変動しているので、FXではこの通貨の価格変動を利用して購入時と売却時の価格差で利益を狙っていきます。

また、国によって金利が違っているので、通貨と通貨の金利差で利益を狙うこともできます。

例えば、低金利である日本円と高金利であるドルを組み合わせて「ドル/円」としてドルを保有していた場合、金利差の分だけ利益を受け取ることができます。(円を保有していた場合は金利差の分だけ損失が出ます。)

この仕組みを「スワップポイント」と言います。

これらを踏まえてFXの利回りを計算すると、計算式は以下になります。

利回り=利益(売買損益+スワップポイント−経費)÷元手資金÷運用年数×100

FXでは手数料がない場合が多いので、経費としては主に税金のみとなります。

実際には「スプレッド」という「買値と売値の価格差」が手数料のようなものなのですが、通貨の売買をおこなう際にすでに組み込まれているので、手数料として自分で計算する必要はありません。

また、FXの利回りは「マイナス利回り」になる、利回りを計算する意味がないと言われています。

FXでは、売買損益が大きな割合を占めているために、トレーダーによって結果が違いすぎるからです。

また、FXでは9割のトレーダーが負けていると言われていることからマイナス利回りになってしまうのです。

しかし、勝っている1割のトレーダーの中には、利回りが20%〜50%を超えるトレーダーも多数いるので、うまく運用した場合はどの投資よりもお金を増やすことができるでしょう。

この仕組み上、FXはハイリスク・ハイリターンの投資だと言われているのです。

ローリスクでお金を増やしていくためには

ここまでで一般的な投資について利回りを解説してきました。

利回りは一概には比較できず、リスクが少ない投資はその分利回りが低く、リスクが高ければ利回りは高くなる傾向にあるのです。

つまり、一概に利回りが高いから稼げる投資とは言えません。

お金を増やすために大事なことはリスクと利回りのバランスが良い投資を選ぶことなのです。

では、もっともリスクと利回りのバランスが取れている投資とは何なのでしょうか。

実はここまで解説した以外にローリスクかつ利回りが高い投資商品が存在します。

バイナリーオプション

バイナリーオプションとは、「金融商品をあらかじめ決めておいた価格で売買する権利」を取引する「オプション取引」の仕組みを利用した投資方法です。

簡単に言えば、決められた時間に決められた金額より通貨の値段が上がるか下がるかを予測することで利益を狙う投資です。

例えば、現在1ドル100円のときに1時間後のドルの価格は1ドル101円より上がるか下がるかを予想し、予想が当たれば利益が出るのです。

収益計算も簡単で、予想が当たれば投資金額の1.8倍~2倍のお金が返金されます。

この返金されるお金のことを「ペイアウト」と言います。

例えば、1000円投資して、予想が当たれば2000円のペイアウトを得ることができるので、1000円の利益となります。(投資したお金は返ってこないため、2000円ではなく1000円の利益です)

逆に予測が外れれば投資したお金を失うだけです。

また、バイナリーオプションの利回りの計算式は以下になります。

利回り=利益(損益−経費)÷元手資金÷運用年数×100

FX同様、手数料がない場合が多いので、経費としては主に税金のみとなります。

これらを踏まえるとバイナリーオプションの利回りは、プラス利回りになると言われています。

FX同様に負けているトレーダーもいるはずなのに、なぜプラス利回りなるのでしょうか。

それはバイナリーオプションの勝率に秘密があります。

実はバイナリーオプションには国の法律があり、顧客がどれだけ損失を出しているか国内業者は開示をする義務があるのです。

実際に見てみましょう。

総取引金額に対する総支払い金額の割合

引用:一般社団法人金融先物取引協会

この表で100%を超えている時が、業者が投資家にペイアウトする金額が投資家にペイアウトする金額が投資家の取引額を上回っているときです。

簡単に言えば、業者側が損をしていて、投資家が得をしているということです。

FXでは、投資家が業者より得をすることはありえないので、いかにバイナリーが勝率が高い投資なのか分かると思います。

実際、マイナス利回りになっているトレーダーもいると思いますが、勝っているトレーダーの中にはFX同様に利回り20%を超えているトレーダーが多数いることから、このような高利回りを実現しているのだと思われます。

このようにバイナリーオプションは、個人投資家でも十分勝てるうえに投資金額以上の損失をローリスクな投資であるにも関わらず、しっかり利益を出せる投資なのでもっともバランスが取れている投資だと言えるのです。

サインツール

バイナリーオプションの世界には「サインツール」というバイナリーオプションには投資すべきタイミングを教えてくれる便利なツールが存在します。

このサインツールを利用すれば、エントリーする場所が分かるのでより高い勝率を目指すことも可能です。

サインツールごとに勝率は違いますが、例えば勝率56%というサインツールがあったとして

元手資金:50,000円

エントリー金額:5000円(勝ち:4000円 負け-5000円)

勝率:56%(勝ち:204日 負け161日)

ペイアウト率:180%

エントリー:1日1回

以上の条件で利回りを計算してみます。

売買損益(勝ち:816,000円−負け:805,000円=11,000円)-税金20%(2,200円)=8,800円÷5000円÷1年×100=利回り17,6%

このようにサインツールを利用すれば、勝ち組トレーダー同様に100%超えの利回りを目指すことが可能なのです。

【まとめ】利回りを考慮して正しい投資商品を選ぼう

投資における利回りの考え方を学ぶと自分のスタイルに合った投資を選ぶことができます。

その中でもしっかり稼いでいきたいのであればローリスクでかつ、利回りが高いバイナリーオプションがおすすめです。

この記事で興味を持った人はぜひバイナリーオプションを始めてみましょう!

 

また、私のLINE@では、バイナリーだからこそ実現できる安定的に勝つ方法をお伝えします。

LINE@登録特典としていただいた方には、『バイナリーオプションスタートダッシュマニュアル』をプレゼントしているので、これからバイナリーオプションを始める方や勝てていない方は必ず読んでくださいね!

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから
Japanese all-rounder